大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

北見合宿10日目

投稿日時:2015/08/14(金) 21:16


本日は網走グラウンドにて東海大学と試合を行いました。
日差しはとてもきつく選手にとってはタフな状況だったと思います
 
1試合目のC戦は11:30にK.O!

201508142126_1-300x0.jpg
 
この試合で立命に流れを引き寄せたいところです。
 
しかし、開始早々相手BKのキレのあるパス回しを止めきれず、
あっさり先制トライを許してしまいます。
切り替えてまずは1トライを返して、立命のペースに持ち込みたいところですが、
自陣でのディフェンスがつづきます。

201508142126_2-300x0.jpg
力強いスクラムやラインアウトなど、
相手の安定したセットプレーを崩すことができず、立命は防戦一方です。
敵陣でプレーする時間が少なくなっていき、気づけば0-34で前半を終えます。

後半相手のペースから立命のペースに流れを変えたいところです。
しかし後半も相手のアタックを止めることはできません。
相手のミスからマイボールになることもあるものの、なかなか攻めきれません。
最後までペースを握ることはできず、ずるずると点差は広がっていきます。
0-63まで離されて試合終了。

 
続いてAが13:15にK.O
今までやってきたことの全てをぶつけて、立命に勝利をもたらしてほしいところです。
前半5分にバックスで展開されトライを奪われその後は両者とも一歩も譲らない展開が続きます。
前半終了10分前に相手ペナルティで立命はPGを選択し、大城が難なく成功させて3-7とします。
201508142126_3-300x0.jpg
相手は超重量級のFWですが、立命のFWも負けてはいません。
春シーズンからスクラムの強化に努め、
トップリーグの方からの指導も受けて強くて低い理想のスクラムに近づいてきています。
徐々に立命のボール支配率が高くなっていきます。
201508142247_3.jpg

敵陣で安定してプレーができるようになってくると、
34分にラックから川上が持ち出しトライ!8-7と逆転します!立命サイドは大盛り上がりです!
このままの勢いで突き放したいところですが、
少し浮き足立ったのかプレーの丁寧さが欠け、
敵陣深くまで攻め込んでいたところを相手にターンオーバーされ、
前半終了間際に相手にトライを奪われます。そのまま8-14で前半終了します。


201508142126_4-300x0.jpg
相手に流れを持って行かれて前半を終了したので、
後半はその流れを奪い返してトライを狙いたいところです。
後半開始早々、敵陣のゴール前のラックで相手ボールをターンオーバーし
沖原、中村亮介と繋ぎタッチラインギリギリに攻め込み高木が右端トライ
13-14と一点差まで詰め寄ります。続いても立命は敵陣からパスを展開し東がトライ!
18-14と再び逆転に成功します!
201508142247_4.jpg
ペースは完全に立命が握っていました。
応援する選手たちもとても盛り上がっていました。
しかし、疲れが見え始めたのか、ミスやペナルティが目立ちます。
立て続けにトライを奪われます。
なんとか立て直したいところですが、後半は30分から一気に引き離されていき、最終スコアは18-49。
悔しさの残る試合ですが、関東の大学相手に通用した部分がありました。


三試合目はBが15:00にK.O!
201508142126_5-300x0.jpg
201508142126_6-300x0.jpg

開始直後またしても相手のアタックに攻め混まれ、前半5分でラックからの持ち出しトライを決められます。
その後も連続で自陣ゴール前5メートルにおいてモールからの持ち出しトライを決められ、
前半9分にして0-14と点差をつけられます。

201508142126_7-300x0.jpg

 しかし、その流れを変えようと立命も相手のディフェンスを押し返し、敵陣に攻め混みます。
そして前半13分に敵陣ゴール前10メートルにてラックより、畠中の出したボールを磯田がキャッチし、
そのまま左中間へトライを決めます! そのまま立命ペースを掴みたいところではありますが、
スクラムが出来るとなかなか押し返すことが出来ず、
前半35分にはゴール前10メートルでのラックより大きく左に展開されるボールを食い止めることができず、
相手にトライを許してしまいます。

201508142126_8-300x0.jpg

Aの試合の前半で垣間見えた立命の流れをもう一度つかみ、
今度こそチャンスを逃すことないようひとりひとりが全体に声を掛け合い、
必死でボールを取りかえそうとします。

201508142126_9-300x0.jpg

そこで前半38分に自陣10メートルにおいて中央ラックを作ると、
9畠中の出したボールを22塩足ー12三輪ー3佐々木とパスでつなぎ、
14別府がキックで相手ディフェンスをかわし、そのままボールを左端にトライします!

しかし、前半41分にはまた点数を返され前半は10-24でハーフタイムを迎えます。

後半7分で先制したのは立命館敵陣に攻め込むと、敵陣ゴール前5メートルより4室岡が持ち出しトライを決めます。
そこから点数を入れられては入れ替えしといったシーソーゲームが続きますが、
後半33分の東海大学によるトライからは連続で3トライを決められ、
24-48と点差をつけられて試合は終了しました。

Players Playerは…

Aは高木虹輝
今回はプレイヤーズプレイヤーに選んでいただきありがとうございます。
結果は負けてしまいましたが夏合宿でしてきたことができてよかったです。
次も選ばれるくらい頑張ってチームの勝ちに貢献したいと思います


Bは別府太一
選んでいただいてうれしいです。
FW、BK、
チームが一つになってると感じる場面があった分、負けたのはとても悔しいです。
次は勝てるようにがんばります。
と、無事復帰さしてくれたトレーナーさん達に感謝したいです。

Cは広瀬建哉
個人的にはタックルも決まって良いプレーができたとおもいます。
チームとしては内容も悪く完敗してしまったので修正して次につなげていきたいです。
次はもっとアタックして流れをつくっていきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。
明日は午後から札幌大学との合同練があります。

今日の試合で得た改善点を今後の練習に取り入れていきたいと思います。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ