大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

北見合宿14日目

投稿日時:2015/08/19(水) 08:07

こんにちは!

いよいよ合宿もあとわずかです!
今日は特にチームとして大切な日でした。
そう、この北見合宿での最終試合。
春シーズンで見つけた課題を合宿で取り組み始め、約二週間。
毎日朝から夕方までハードな練習を続けてきた選手は、その成果を出したいところです!

Aスコッドは、拓殖大学A、B
Bスコッドは、名城大学A、Bと試合をしました。
拓殖大学は、こないだの合同練でスクラムとラインアウトモールで押され、涙を流しました。
相手のドライビングモールにどう対応するかがキーになりました。
13:00vs拓殖大学A K.O.
前半、何度か敵陣でプレーをすることができましたが、自陣でのプレーが目立ちました。

201508191455_1.jpg
開始9分、拓殖大学にゴール前まで押し込まれ、
ラックからBKにパスをつながれ、
先制トライを許してしまいました。


ファーストタックルが弱く、フェーズごとに大きくゲインを取られた結果でした。
しかし、キックなどで敵陣でプレーする機会を増やします。
そして、前半20分、ラインアウトでのサインプレーが成功し、11番三島がトライ!
7-7の同点!
何度かピンチはあるものの、立命はうまくラックからターンオーバーし、マイボールにします。
しかし、両チーム追加点を上げれず、前半終了。
 201508191455_2.jpg
チームトークをして、円陣を組み、ラスト40分に挑みます!
開始2分、ゴール前ラインアウトからモールを組み、6番南がトライラインを超え、トライ!
立命12-拓殖7。
合同練の時、立命のラインアウトモールは進まず、悔しい思いをしました。
しかし、あれから練習を繰り返した結果が出しました!
201508191612_1.jpg

しかし!3分後に拓殖大学のドライビングモールでトライを許し、また点数が並びました。
 
後半、拓殖大学はペナルティーが多く、立命も敵陣でプレーをすることができました。
そのペナルティーから立命はショットを選び、PG成功。
立命15-拓殖12。
接戦で、少しでも気を許してはいけない状態になりました。
 201508191612_2.jpg
それから両チームトライが取り切れず、ラスト1分。
拓殖大学の勢いの乗ったアタックで、ゴール前まで攻め込まれます。
相手フォワードに押し込まれ、逆転トライ。
立命15-拓殖17
これでノーサイドかと思いきや、ラストワンプレー。
立命も必死に食らいつきます!
そして、拓殖大学のペナルティー。
選手全員がポールに指をさしました。
23番大城がしっかりとPGを決め、逆転勝利!
立命18-拓殖17。
 
この試合、勝てたことに大きな意味があります。
ラインアウトモールやファーストタックルなど課題は山積みですが、
この合宿でのキーワード「結束力」がしっかりと試合で見れました。
 
選手の集中力も意識も高く、この合宿で克さんから教わった様々なポイントを試合中でも言い合っていました。
Aチームはこれをスタンダートにし、更にレベルアップし、目標達成を目指したいと思います。



続いて14:40に拓殖大学B戦がキックオフ!
Aの勝利による興奮が冷めやらぬ中、BもAに続いていい勝ち方をするために、
円陣を組んで気合いを入れます。
開始4分、相手ゴール前まで攻め込んだ立命は、
右中間ラックから、バックスで繋ぎ14番小川優がトライ!
キックは外れたもののいいペースで先制点を決めることが出来ました!

その後も、お互い攻め込んだり攻め込まれたりを繰り返しますが、
20分にまたもや立命が課題であったスクラムで相手を押し切り、8番古井が持ち出してトライ!
このまま立命のペースのまま前半を終えれるかと思いきや、
拓殖にペースを持っていかれ、
23分・29分・40分と拓殖に得点を許してしまいます。
前半はこのまま得点することなく終了。
立命館B10-17拓殖Bで試合を折り返します。

後半こそ立て直して、ペースを取り戻したい立命ですが、
中々取り戻すことが出来ず、相手にゲインされる場面が多く見られました。
201508191612_3.jpg
後半の先制点は拓殖大学。
ゴール前22mラックからパスを繋がれ拓殖のトライ。

立命館B10-24拓殖大学B
点差は2トライ2ゴール差となります。

ここで立命は再度円陣を組み直して、
逆転しにかかります!
201508191455_3.jpg
後半20分、まずは1トライを奪取!
14番小川がトライを決めます。
そして30分には、
自陣10mからパスを繋ぎ、23番別府が走り切り、トライ!
ここではゴールも決まり、後2点で逆転!と気合いが入ります。
201508191612_4.jpg
そして、後半終了間際に、立命の逆転のチャンスが訪れますが、
ここで撮りきれず、ノーサイド。

立命館B22-24拓殖Bで拓殖大学の勝利となりました。


拓殖大学戦と並行して、名城大学戦が隣りのグラウンドで行われており、
13時半にキックオフ!
先日の札幌大での勝利に続いて良い流れでいきたいところです。
ですが前半12分に敵陣ゴール前22m左ラインアウトより
相手の9がキックしそのままそれを抑えてトライ。
キックもきまり0-7と先制されてしまいます。
201508191455_5.jpg
 
しかし立命館も反撃します。前半34分に敵陣ゴール前5mまで攻め込み
相手のペナルティがかさなり認定トライ。
10清水駿のキックも決まり7-7とします。201508191612_5.jpg

しかしその良い流れを続けることができずまたトライされ、前半を7-12で折り返します。

 
後半開始と同時に大幅に選手を入れ替え流れを変えたいところです
しかし、後半1分にゴール前5mラックより持ち出し
そのまま中央トライされてまた先制されてしまいます。
後半23分にもトライされ7-24とされます。
このままでは終われません。後半26分に11→13宮本とつなぎトライ。
続けて27分に22→23→13→15今泉とつなぎ中央トライ。
21-24とせまります。
201508191455_4.jpg
これでおわりかと思った後半42分に11→23→24諸岡とつなぎ逆転トライ!
キックも決まり、28-24このままノーサイドとなり勝利しました。



 
名城A戦に続いて名城B戦のキックオフ!
名城Aの勝利の流れに乗って白星をおさめたいところです。

先制したのは立命でした。

ラインアウトモールから押し込んでトライを奪うと、
次はラックから小林が持ち出してトライ。
FWがゲームを引っ張ります。
その後は両者一進一退の攻防が続き、互いに追加点を上げることが出来ません。
前半終了間際、相手のキックをキャッチし、BKで展開しトライを奪い19-0で前半を終了します。

この勢いで後半もトライを重ねていきたいところです。
後半もラックから持ち出してトライ!24-0とします。
その後相手にトライを奪われてしまい、24-14とせまられますが、
敵陣10mからBKがパスを繋ぎ札幌大学戦から調子が上がっている諸岡がフィニッシュ!
そして後半終了1分前には長谷川がラックから持ち出し左中間トライ。
38-21で試合終了。

春シーズンに続いて名城大学戦を勝利で飾ることが出来ました。
気温も低く、雨も降りしきる中で、コンディションこそすぐれませんでしたが
選手は最後まで気を緩めることなく勝ちにこだわり戦い抜きました。
北見合宿最終戦、いい形で締めくくることが出来たのではないかと思います。



そしてPlayer's Playerは…

拓殖大学A戦は、小原稜生!
「ありがとうございます。
チームも良い流れに乗ってきていると思うので、この調子で頑張っていきたいと思います。
また応援よろしくお願いします!」

拓殖大学B戦は塩足健太
プレイヤーズプレイヤーに選んでいただきありがとうございます。
Bチームは合宿最後の試合で負けてしまい悔しい思いをしましたが
この北見合宿を通してチーム全体としての結束力は高まって成長出来たと実感しています。
滋賀に帰ってからもこれを継続すると共に個人的にもまだまだ課題は多いので
練習に取り組んで目標を達成出来るようにします。


名城大学A戦は宮本将希
チームに必要な人間になるように
努力し続けたいと思います。
本番はこれからなので応援よろしくお願いします!

名城大学B戦は三木匠実
player's playerに選んでいただきありがとうございます!
合宿ラストゲームということもあって、
チーム全員が結束して良いパフォーマンスができたと思います。
もうすぐシーズンに入るので、今回の様な熱いゲームをして
Bスコッドからチームを勢いづけれる
ように頑張ります!



この北見合宿で得た、課題や悔しさ、勝利の喜びすべて持ち帰って
来たるシーズンに向けてまた2次合宿に臨みたいとおもいます。

最後までご覧いただきありがとうございました。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ