大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

11月26日 関西学院大学A

投稿日時:2017/11/26(日) 18:29

こんばんは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。



今日は関西大学ラグビーAリーグ最終節の関西学院大学戦がヤンマーフィールド長居で行われました。

勝てば大学選手権出場、負ければシーズン終了の今シーズン最も重要な一戦です!



試合は関学のキックオフで始まりました!

両チームキックでエリアを獲るゲーム運びで試合は進みます。



まずは先制したい立命館は前半5分敵陣ゴール前のラインアウトモールから2山口達也が押し込みトライ!



10藤高のキックも成功して、立命館7-0関学と先制点を奪います!





その後関学はキックを使って立命館の陣地に攻め込んできますが、

立命館が誇る強靭なフォワードとリーグ戦後半で調子を取り戻したバックスが一体となって追加点を狙います。

すると前半21分ゴール前まで攻め込むと最後は1渡邊が持ち出しトライ!



立命館12-0関学とリードを広げます。



このまま立命館のペースで行くかと思われましたが、前半ラストプレーで関学もラックから持ち出しトライを奪い、

意地を見せてきます。

立命館12-7関学前半は終了です。



相手も勝てば大学選手権出場、負ければシーズン終了と立命館と同じ立場なだけに、気迫が伝わってきます。




続いて後半、両者とも緊迫した様子でゲームが再開されました。

前半を立命館 14-7 関学と立命館が少しリードしています。

ですが、関学も反撃してくるので安心してはいられません。

ここから両者の熱い戦いが始まります。





ですが後半10分を経過するも、両者の激しい攻防が続きなかなか点につながらず、

差が開きません。



しかし、後半18分始めに動きを見せたのは関学でした。

敵陣ゴール直前まで追い込まれ、ディフェンスでカバーできずトライを許します。

立命館 14-12 関学



その後、後半26分立命館が得意のラインアウトからモールを形成し、2山口達也が押し込みトライ!

立命館 19-12 関学



あと1トライを奪わられると同点になる状況にいる立命館はなんとしてでもここで点差を広げておきたいところですが、自陣のゴール前でなかなかエリアを獲得できていません。



立命館も激しいディフェンスをしてるいるなか、

後半30分ついにトライを押し込められてしまいます。



ここで、立命館 19-19 関西学院 となりで同点になります。

このまま終わっても、立命館は選手権にいけません。



しかし、関学はなかなか立命館にトライを許してくれません。



敵陣ゴール前10mまでエリアを広げますが、立命館のペナルティーで、チャンスを逃します。

ロスタイム2分で、時間がない立命館。

43分、関学がペナルティーをおかします。

敵陣ゴール前35m右中間より、10藤高がペナルティーゴールを狙います。





全員が10藤高のキックを見つめます。



そんな全員の期待を背負いとても緊張した状況ですが、

立命館の10藤高はしっかりと決め、試合終了。

立命館 22-19 関西学院

劇的な勝利で大学選手権出場を決めました!





本日のplayer's playerは…

4回生・渡邊



「MOMに選ばれたとき、嬉しすぎて喜びが体中から溢れだしました。

  とりあえず、勝てて本当に良かったです。選手権でもチーム一丸となって頑張ります!

 応援よろしくお願いします。」

 




たくさんの応援ありがとうございました。

保護者の皆様、OBの方々多くの人の支えがあってこそ得ることのできた勝利だと

思っています。本当にありがとうございました。

これから12/16に行われる大学選手権に向けて練習に励んでいきます。

関東の相手は関西より強敵なのでより一層気を引き締めて挑みます!

これからも立命館大学ラグビー部の応援をよろしくお願いします。



本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました。



\今日の試合の写真を更新してます!/

   ☆☆関西学院大学戦☆☆



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ