大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

TEAM古川LAST集合日

投稿日時:2018/12/21(金) 16:50


こんばんは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

明治大学戦の敗戦から5日後の今日、TEAM古川の最後の集合日となりました。
まずは、今年1年お世話になったクラブハウス内やグラウンドの
大掃除を行いました。
大学やOBの方々の支援があって使うことができています。
施設の隅々まで感謝の気持ちを持って掃除をしました。

主将の古川を筆頭に始まった新チーム。

全国ベスト8の目標を達成するために「Switch On」のスローガンのもとに
春のトレーニングが始まりました。
春シーズンでは同志社大学に17-33で敗れ、
春季トーナメントは初戦敗退と悔しい結果となりました。
春シーズンは良い結果を残すことができずに終わりました。

春の課題を見つめなおし、修正すべく取り組んだ夏合宿。
2ndでは4回生が中心となって練習を引っ張り、エポック合宿では
試合と合同練習が詰まった厳しい日程を乗り切ることができました。
1stは北見合宿で対戦した筑波大学戦や慶應義塾大学との合同練習を経て、
関東の大学とラグビーをすることで成長することができました。

一足先に開幕したJrリーグでは初戦の同志社大学戦に勝利し、
チームに勢いを付けようと望みましたが、敗れてしまいました。
Jrリーグの前半戦では、強豪校を相手に好戦しますが、勝ちれない状況が続きました。
後半では京都産業大学戦の勝利をきっかけに3連勝することができ、
5勝4敗の戦績でJrリーグを終えました。

台風の影響で開幕が延びたAリーグでは初戦の近畿大学戦を快勝し、
順調なスタートを切ることができました。
続く大阪体育大学戦、関西大学戦を勝利し、3連勝の勢いのまま迎えた
因縁の同志社大学戦でしたが、力及ばず、
春のリベンジは果たせませんでした。
大学選手権出場に向けて負けられない状況で迎えた
次節の京都産業大学戦では、熾烈なFW戦を制し、24-19で勝利。
春シーズンの滋賀ラグビー祭で敗戦したリベンジを果たすことができました。
そして4勝2敗で迎えた最終節の関西学院大学戦。
負ければ引退、勝てば大学選手権出場の負けられない一戦でした。
立命を応援していただける全ての方に恩返しをするためにも何が何でも負けられない思い出臨んだ
結果は45-24で勝利し、見事大学選手権出場を決めました。

そして目標達成のステージである大学選手権初戦の明治大学戦。
前半は自分たちのラグビーをすることができず、0-39で前半を折り返します。
このままでは終われない状況で後半は前半で安定しなかったセットプレーが修正さfれ、
追い上げましたが、力及ばず、19-50で敗戦。

その後は選手、コーチ陣、スタッフ陣全員が集まって後のミーティングを行いました。
4回生1人1人の4年間のラグビー部への思いや後輩の私達に向けた言葉など
涙あり、笑いありの様々な言葉を残してくれました。
山口匠

副将・田中健登

最後に、今年1年間立命館大学体育会ラグビー部を応援して下さった
保護者、OB・OG、大学職員、ファンの皆様、本当にありがとうございました。
主務・福田

来年度こそは関西リーグを制し、関東の大学を倒して自分たちの掲げる目標を
達成できるよう頑張ります。

最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ