大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

90周年記念試合

投稿日時:2019/04/28(日) 12:48

こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



本日は、90周年記念式典試合が宝ヶ池球技場で開催されました。

 

まずは同志社1回生戦です。1回生は立命館での初の対外試合となります。

緊張もあると思いますが、思い切ってプレーしてほしいと思います。



同志社1回生戦キックオフです!



最初に先制したのは同志社1回でした。



前半0分、立命館1回が自陣でハンドリングエラーをしてしまい、そのこぼれ球を拾った同志社1回生の14番がゲイン。その後、9番に繋ぎ、トライ。得点は 立命館1回 0-7 同志社1回となり、先制を許してしまいます。



その後も、同志社1回のペースで試合は進みます。



前半11分、ハーフウェイライン付近のスクラムから右に展開、9-10-12と繋ぎ、右端にトライ。



ゴールも決まり、得点は 立命館1回 0-14 同志社1回 となり、突き放されてしまいます。



その後も、前半14分、16分、20分、23分と連続でトライを取られ、得点は 立命館1回 0-42 同志社1回 となり、点差を大きく引き離されて前半を終えます。



続いて、後半キックオフです!



後半最初のトライは同志社1回でした。



後半6分、相手陣22メートル左中間ラックより、右に展開。



その後、ボールを繋ぎ、右端にトライ。



ゴールキックは外しますが、得点を 立命館1回 0-47 同志社1回 と後半も先制されてしまいます。



しかし、立命館1回もただでは終わりませんでした。



後半11分、立命館1回の23兼久が自陣22メートルで相手のボールをインターセプト。



そのまま走り切ってトライ!

 



12宮嵜がゴールキックをしっかりと決め、得点は 立命館1回7-47 同志社1回 と僅かではありますが点差を詰めます。



そこから、得点したい立命館1回でしたが、上手く流れを引き込めませんでした。



後半23分、相手陣ゴール前ラックより、同志社1回がラインブレイク。



そのまま走り切ってトライをされてしまいます。



ゴールキックも決められ、得点は 立命館1回 7-54 同志社1回と点差を離されてしまいます。



それでも、なんとかして得点したい立命館1回でしたが、得点は動きがなく、そのまま試合終了。



得点は 立命館1回 7-54 同志社1回 で同志社1回生の勝利となります。



 



1回生はこれまで、上回生とは別で練習を取り組んでおり、チーム力を高めていたのですが、同志社1回生がそれを大きく上回る実力で立ちはだかり、結果は負けてしまいました。

これからは、スコッドが分かれ、1st、2ndと別々に練習することになってしまいます。

ぜひ、1回生には今日の試合を忘れずに、日々成長していってほしいと思います。



 



2試合目は、京都大学定期戦です。



まずはゲームキャプテンである4回生・村上和より優勝カップの返還を行います。



立命ボールでキックオフです!



はじめにゲームを動かしたのは京大です。



しかし、立命も負けてはいません。前半18分敵陣ゴール直前ラックより4西尾がそのままもちだち左中間トライ!



続いて25分にも林がトライをとります。



その後、京大にトライを取られますが、持ち直し、前半27分、敵陣22m左中間ラックより9→12森岡が中央トライ!



15山田拓もゴールを決めます。



立命館  26-15 京大



で前半終了です!

 



後半キックオフです!



後半5分敵陣ゴール前5m右ラインアウトより18金井持ち出して右端トライ!



立命に勢いがつきます。



その後連続で森、村上、根来と3連続トライ!



京大にも敵陣まで攻め込まれますが、立命のディフェンスで守り切ります。



後半28分、自陣22m左中間ラックより21-10-12-11-23古賀がトライ!



立命館  64-15  京大



その後も立命の勢いは止まらず、その後も連続で4トライを取り、試合終了です。



後半では京大に得点を許しませんでした。



立命館92-15  京大



 



続いて3試合目、同志社A対立命館Aです。



今シーズン初の対外試合、さらに立同戦ということもあり、スタッフ、選手共々、とても気合が入っています

前半は、同志社ボールのキックで試合が開始されます。



 



前半8分、同志社がラインアウトからモールを形成、そのまま押し込んでトライ。

ゴールキックは外れて、得点は 立命館A 0-5 同志社A と先制されてしまいます。





前半16分、左ラックから、勢いよく走ってきた相手選手にボールが渡り、

連続トライを許し、ゴールも成功します。



 



立命館は、ここから反撃したいところです。



 



しかし前半22分、またも自陣深くまで攻め込まれ、右ラックから9→10→12→15と渡り同志社に再びトライを許します。ゴール成功。



さらに前半30分、同志社はキックカウンターから立命館陣内に攻め込み、最後は8番が持ち込んでトライ。ゴールも成功します。





立命館は差を広げられてしまいますが、ここから挽回のチャンスを伺います。



 



しかし、同志社の勢いは止まりません。

前半35分、ゴール前10mからモールを形成しトライ。ゴールも成功し、点差を33に広げます。





ここで前半終了。立命館A 0-33 同志社で折り返します。



 



後半は、立命館のキックオフで再開です。



 



すると後半開始早々、立命館はキックオフのボールを奪い返し、右ラックから最後は10江良がトライ。

ゴールも成功します。

ここから勢いに乗りたい立命館ですが、同志社もそうはいきません。



 



後半5分、同志社はゴール前10mまで攻め込み、9→4と繋ぎ、最後は1番がトライ。ゴールも成功します。





立命館トライを許しますが、まだまだ諦めていません。



 



後半12分、立命館は相手のペナルティからラインアウトを選択。モールを形成し6番宮下が本日2つ目のトライを奪います。ゴールも成功し、立命館A 14-40 同志社Aと盛り返します。



 



更に勢いに乗りたい立命館ですが、そう上手くは行きません。





後半19分、連続攻撃でゴール前まで攻め込んだ同志社は、バックスで9→8→10と繋ぎ最後は15がトライ。

ゴールも成功し7点を追加されます。



 



敵陣まで攻め込む立命館ですが、同志社の鋭いタックルに好機を作れません。



 



後半37分、立命館は相手ラインアウトを取り返した勢いのまま、FW戦を仕掛けます。

相手の低いタックルにも少しずつ前進し、最後は23番松本がトライ。ゴール成功し7点を追加します。



 



後半終盤、立命館はトライの勢いのまま、さらに敵陣に攻め込みますが

最後はターンオーバーされてしまい、試合終了。



立命館A 21-47 同志社Aで敗戦となってしまいました。


試合後に3大学合同のアフターマッチファンクションを行いました!

広野副部長の乾杯の挨拶から始まります。







京都大学とペナント交換





同志社大学とペナント交換



京都大学と同志社大学の皆さんと交流を深めました。

本日はありがとうございました!



本日の、1回生試合のPlayer's Playerは、

1回生・中川魁





「本日は、PPに選んでいただきありがとうございます。結果は残念な結果になってしまいましたが、今回の反省を次へ活かして頑張っていきたいと思います。これからも立命館大学体育会ラグビー部の応援よろしくお願いします。





京都大学戦のPlayer's Playerは、

2回生・木村光太郎





「同志社大学A戦のPlayer's Playerは、いつも立命館大学体育会ラグビー部を応援していただきありがとうございます。今回PPに選ばれた木村光太朗です。90周年の記念試合を勝つことができて良かったです。引き続き立命館大学体育会ラグビー部の応援をお願いします。」



3回生・庄司拓馬



「今回はPPに選んで頂きありがとうございます。今年はじめての対外戦であり、自分としてはNZから帰ってきてからはじめての立命としての試合で気合を入れて臨みましたが、負けてしまい応援してくれている方々には申し訳ない気持ちです。これからチームとしても個人としてもレベルアップして勝ちを報告できるように頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。」







~NEXT GAME~



5月4日(土)

vs大阪工業大学D 14:00キックオフ

@BKCグリーンフィールド



新グッズの販売も行うので是非グラウンドまでお越しください!!

応援よろしくお願いします。



本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 \今日の試合の写真を更新しています!/

  ☆☆90周年記念試合vs京大、同志社☆☆








 
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ