大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

6月1日 日本新薬戦

投稿日時:2019/06/01(土) 19:31

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日は、14時からBKCグリーンフィールドで日本新薬との試合でした。


この試合は、京都協会公認の公式戦で京都チャレンジリーグ第2回戦です。

試合は日本新薬のキックオフで始まりました!
前半3分に、立命館が先制点を入れます。

試合開始直後から、息をつく暇も無く、試合がどんどん動きます。

前半8分 敵陣ゴール前10mより、9城戸→10西田→12木村光→15和田と繋ぎ、右中間トライ!
 

10西田ゴール失敗し、立命館 12-0 日本新薬

立命館の勢いは止まりません。

敵陣ゴール前22m右中間スクラムより、9城戸→10西田→14山本に繋ぎ中央トライ!


立命館 19-0 日本新薬

しかし、前半終わり間際に日本新薬の反撃が始まります。

日本新薬、敵陣ゴール前5m右ラインアウトより、モールを形成しそのまま押し込み右中間トライ!

立命館 31-12 日本新薬

更に、日本新薬にラストトライを奪われ前半終了です。
立命館 31-19 日本新薬


後半は、立命館ボールで試合開始です。

そして、後半早々立命館がゲームを支配します。

後半6分、15和田が相手の間を抜きトライを取ります。


しかし、立命館の勢いは、後半13分辺りから徐々に日本新薬に止められ始めました。


それから日本新薬が敵陣ゴール前5mスクラムより、モールを形成し、そのまま押し込みトライ!


立命館 55-24 日本新薬


後半27分 自陣10mより、7良田、相手のこぼれ球を拾い、そのまま独走トライ!
 

連続攻撃されてゴール前でターンオーバーしましたが、立命館がノックオンしスクラムになり、


そのままトライを奪われます。


そして、試合終了!
立命館 76-31 日本新薬に勝利!


本大会主催の京都協会が選ぶ、Man of the matchには、1回生・良田陸斗が選ばれました!


見事1回生ながらMOMに輝いた良田には記念の盾が送られました。



そして、本日の試合に出場した選手が選ぶ日本新薬戦のPlayer's playerは、、、

4回生・和田泰成

「今日は応援ありがとうございました。序盤から有利なゲーム展開で進むことができましたが、課題が見つかったいいゲームでした。課題を修正して次のゲームも一丸となって勝ちたいと思います。今後とも応援お願いします。」




大阪体育大学戦から、一週間空いての試合だったので選手たちはみんなラグビーを楽しんでいたように思いました!


しかし、反省する点も多々あったので次の試合に繋げていきたいと思います。


そして明日はいよいよ春季トーナメント2戦目、準決勝の京都産業大学戦です。今現在の立命館の実力が試される、本当に大事な試合です。立命館大学体育会ラグビー部一同、本気でぶつかっていきます!


皆様の声援が選手の力になります。たくさんの方々のお越しを心よりお待ちしております!


~NEXT GAME~

6月2日(日)
vs京都産業大学A 13:00キックオフ

vs京都産業大学B   14:40キックオフ

@京都産業大学グラウンド(神山球技場)


本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

\今日の試合の写真を更新しています!/

  ☆☆日本新薬戦☆☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ