大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

6月9日 九州共立大学BC戦

投稿日時:2019/06/09(日) 08:50

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日の帝京大学戦を経て、本日はBKCグリーンフィールドにて九州共立大学AB戦です。

今日の10時より、ミーティングルームで保護者総会が行われました。
年に一度の総会ということもあり、多くの保護者の方々が来てくださりました。
遠方からお越しくださった保護者の方々も多数おられました。本当にありがとうございました。


保護者総会では、春にニュージランド留学していた4回生・吉本、片岡、
そして3回生・庄司、島田、田中、田邊、小藤の7名が留学の発表をしました。

この様子は後日、動画にて別途アップさせて頂きます。


12時、九州共立A戦キックオフです!

開始早々から敵陣ゴール前まで攻め込むも、ミスが重なりトライに繋がりません。

しかし前半12分、相手ペナルティを14林が速攻を仕掛けそのままトライ。
ゴールも成功し、立命館B 7-0 九州共立Aとなります。

続いて前半19分、ゴール前ラックから2本城→1百地と繋ぎ最後は7福本がトライ。
ゴールも成功し立命館B 14-0 九州共立Aと点差を広げます。

試合を支配していた立命館ですが、前半32分、本日初めてのトライを許します。

前半を立命館B 19-7 九州共立A
で折り返します。
 

後半最初のトライは8分、6小島のトライで立命館B 26-7 九州共立A
とします。

さらに後半12分、スクラムの一時攻撃から10宮嵜→14林→15安井→25間瀬と繋ぎ最後は再び15安井が貰いトライ。
点差をさらに広げます。

波に乗りたい立命館ですが後半18分、後半最初のトライを許します。

しかし後半23分、23江良のキックパスを25間瀬が抑えてトライを取り返します。

さらに後半30分には認定トライで7点を追加し、32分には、25間瀬の本日2本目のトライで突き放します。

後半36分に相手にトライを許しますが、ラストワンプレーで10宮嵜がトライし大量リードで試合終了。
立命館B 59-19 九州共立A
となりました。


続いて九州共立大B戦、キックオフです!

2ndスコッドが中心に構成されているチームなのでアピールできる場となっており、とても気合いが入っています!

先制トライは立命館でした。前半1分、キックオフからターンオーバーし左に展開。

そのまま15和田がトライ!

10西田がキックを外してしまいますが、得点は 立命館C 5-0 九州共立Bと先制します。
 

その後も立命館は勢いに乗ります。

前半7分、11新居→13山田大と繋ぎゲインするとそこから左に大きく展開。

最後は15和田から14森に繋ぎ、トライ!

キックも決まり、得点は 立命館C 12-0 九州共立B と差を広げます。

 

しかし、九州共立も食らいついてきます。

 立命館C 12-7 九州共立B と少し差を縮められてしまいます。

 

前半24分、相手のキックを取った15和田がラインブレイク、ゴール直前で捕まってしまいますが、相手がペナルティをしてしまいます。

そのペナルティキックを9城戸がクイックで持ち出しそのままトライ!

キックは外してしまいますが、得点は 立命館C 17-7 九州共立B と詰められた点差を再び広げます。

前半34分、ゴール直前のラインアウトよりモールを形成、そのモールは崩れてしまいますが、そのまま2中川魁が押し込んでトライ!

キックは外れますが、得点は 立命館C 22-7 九州共立B と点差をさらに広げます。

しかし、九州共立も攻め込んできます。

ゴールキックは外れますが、得点は 立命館C 22-12 九州共立B と広げた点差を詰められてしまいます。

そして、前半終了。得点は 立命館C 22-12 九州共立B となります。

 

九州共立B戦、後半キックオフです!

 

キックオフから試合の展開は停滞します。

お互いに攻め、お互いに守り続けます。

終盤でようやく試合が動きます。

後半35分、ゴール直前のラインアウトにてモールを形成。最後は16江藤が押さえ込んでトライ。

26北川がキックを決めて、得点は立命館C 29-12 九州共立B となります。

しかし、最後に九州共立Bがトライを取って、キックも決まり、立命館C 29-19 九州共立B で試合終了です。

 


本日の、九州共立大学B戦のPlayer's playerは、、
4回生・ 林 晃樹


「今回、プレイヤーズプレイヤーに選んで頂き、私は全然嬉しくないです。
なぜなら、これが当たり前だと考えているからです。毎試合プレイヤーズプレイヤーに選ばれるくらいの活躍を目標にしているので、これが僕にとって当たり前なのです。
さらに自分自身、昨日の帝京戦に出ることができず、とても悔しい気持ちを抱えていました。
"この悔しさをどこで晴らせばいいのか、そうだ、今日の試合しかない。"
その思いで今日の試合に臨みました。結果、2トライすることができたのですが、これは決して自分一人ではできませんでした。ボールを繋いでくれた仲間がいたからこそです。「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 」
このONEとは勝利という意味です。勝利はみんなの為に、みんなは勝利の為に。ラグビーはなんと素晴らしいスポーツなのでしょうか。これからも立命館の応援よろしくお願いします。」


九州共立大学C戦のPlayer's playerは、、
4回生・ 尾藤 大毅


「プレイヤーズプレイヤーに選んでいただき、ありがとうございます。
出場時間が短い中でも自分の得意なジャッカルを多く決めることができました。
就職活動も終わったので、少しでも上のチームでプレーするためにこれからも努力し続けます
これからも立命館の応援よろしくお願いします。」


本日の試合は、二試合とも勝利を収めることが出来ました。
春シーズンの試合も残り少なくなってきているので、一つ一つの試合を大切に勝ちにこだわっていきます。
今後とも応援よろしくお願いします!


~NEXT GAME~

6月15日(土)
vs近鉄ライナーズ 13:00キックオフ

@花園第二グラウンド


本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました。


\今日の試合の写真を更新しています!/
     ☆☆九州共立大学BC戦☆☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ