大きくする 標準 小さくする
  • TOP
  • ブログ
  • 7月15日 2019年度前期 ラストのジュニアラグビーアカデミー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

7月15日 2019年度前期 ラストのジュニアラグビーアカデミー

投稿日時:2019/08/03(土) 16:13

こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

少し前の話になりますが、7月15日に前期最後のジュニアラグビーアカデミーが行われました。

5月13日からほぼ毎週月曜日の18時から行われていた
前期ジュニアラグビーアカデミーもいよいよラストとなってしまいました。
開始当初は4人だったメンバーも8人まで増え、にぎやかになりました!
参加してくださった方、勧誘してくださった方ありがとうございます!

本日のメンバーは4回生・藤高、3回生・松本、畠澤、2回生・西條です。
3回生・小藤学生コーチとともに子どもたちを指導していきます。

今日もいつも通り大学生、子どもたちの自己紹介からはじまりました。




まずはウォームアップにボールを使ったドリルとストレッチ、ダッシュを行いました。


本日のストレッチ、ダッシュなどのウォームアップは3回生・畠澤が担当しました。

そして、そのあとにコミュニケーションドリルとして手つなぎ鬼を行いました。


こちらは3回生・畠澤、さっそく捕まってしまい子どもと一緒に追いかけています。


今度は2回生・西條もつかまってしまい、楽しそうに追いかけています。
子どもたちの中でも大学生顔負けのスピードを持つ子もいて、簡単につかまってしまいました。

手つなぎ鬼が終わった後は切り返しの練習です。

このように向かい合ってどちらかのマーカーにボールを置きに行くという練習です。
この練習の次は反応とアジリティのドリルです。


これも向かい合って行う練習です。
写真のように向かい合って、小藤学生コーチの合図で逃げ側と追う側に分かれて行います。

その後、二手に分かれて子どもたちにパスを教えます。


写真は4回生・藤高です。太ももを軽くケガをしていましたが、それでも熱心に子どもたちに教えていました。

3回生・松本も練習に参加しながら、教えていきます。

パススキルが終わった後はパス練習を生かしたボールゲームが行われました。

ボールを持った人は歩いてはいけない、ゴールゾーンにいる人にパスをしないと得点にならないなど、
通常のラグビーとは違ったルールでしたが、子どもたちはそれにも対応し、見事に得点しているシーンが何回もありました。

前期ジュニアラグビーアカデミーが始まった当初よりも、子供たちが成長しているのを感じた最後のジュニアラグビーアカデミーでした。

そして、最後に小藤学生コーチからみんなにプレゼントがありました!

最後には集合写真を撮って、前期ジュニアラグビーアカデミーは終了しました。

前期ジュニアラグビーアカデミーに参加してくださった皆様、そして周りにお声をかけて勧誘していただいた皆様、
2か月という短い間でしたが、ありがとうございました!
少ない人数でしたが、その中での練習でも子供たちの成長を見れました。
この経験を今後に活かしていってほしいと思います。



後期も、立命館大学ジュニアラグビーアカデミーを開催する予定です!
現在、人数は8人前後とまだまだ少ない状況です。
なのでぜひ興味のある方は、お問い合わせお待ちしております。
お申し込みやご相談はコチラまで

rits.kids.edu@gmail.com



最後までブログをご覧いただきありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ