大きくする 標準 小さくする
  • TOP
  • ブログ
  • 慶應義塾大学 神武直彦先生によるチームビルディング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Staff Blog

慶應義塾大学 神武直彦先生によるチームビルディング

投稿日時:2019/08/25(日) 16:24

こんにちは!
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

8月22日に1stの選手と4回生スタッフを対象に
慶応義塾大学大学院の神武直彦先生が我々ラグビー部のためにチームビルディング講習を開いてくださりました。
神武先生は、ラグビー部の部長である徳田先生と研究の関係で交流のある方で、
今回のチームビルディング講習も徳田部長のお声がけがあり、実現しました。

慶應義塾大学の教授のお話が聞けるということで、以前よりとても楽しみにしていました。

内容は立命館大学体育会ラグビー部がベスト8になるためには何が必要か、
ベスト8になったときにどのようなチームになっていると思うか、
まさに私たちにとってこれ以上ないテーマです。


お菓子を食べながら和気藹々と各班で意見を出し合います。




イーゼルパッドという用紙と付箋を使って私たちが目指すチームの理想像に必要な要素を書き出していき、
そのためには何をするべきなのか考えました。
普段のチームビルディングとは違ったアプローチの仕方でしたが、
下回生もチームのことについて考える貴重な機会にもなりました。



これは立命館がベスト8を達成した時の翌日の新聞を想像して書いたものを発表している様子です。
目標を達成したことをイメージすることは大切なことだと思いました。
「様々なことを想定していれば、実際に困難にぶつかったとしても冷静に対応できる」
神武先生のこの言葉は心に残りました。

多くのトップアスリートは準備を大切にしていますが、何事も準備で勝負が決まります!
まさに想定外も想定内というやつですね!


そして最後はこのチームビルディング講習を受けて一人ひとりが何をしていくのか
みんなの前で宣言して終了しました。








あっという間に4時間が過ぎ去ったチームビルディング講習でした。
神武先生の講習をもっと聞いてみたいと思えるほど面白かったです!
また、普段ともに生活することが多い部員同士でも知らなかった一面や
意外とチームのことを考えているんだなと感じることもあり、とても有意義な時間となりました。

まずはチームがベスト8を達成するためには何をすべきかを考えて、発信し、共有することの大切さを
学びました。

最後になりましたが、慶応義塾大学大学院の神武直彦先生、お忙しい中貴重なお時間をありがとうございました。

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ