大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

RITS RUGBY PLAYERS BLOG

#26 茶木さん [選手紹介]

投稿日時:2014/12/08(月) 23:58

今回の紹介は4回生茶木こと市川健輔です。
 
担当は魂のアナライザー、坂井俊介です。よろしくお願いします。
 
坂井)まず自己紹介をお願いします。

茶木)僕は市川健輔です。みんなからは茶木って呼ばれています。
出身は関東地方の群馬県前橋市です。出身校は東京農業大学第二高等学校です。
バイクと群馬をこよなく愛す男です。

坂井)彼女は募集してますか?

茶木)絶賛募集中です。いまとてもつらいシーズンなので、クリスマスとかなくていいと思っています。泣

坂井)かわいそうに。笑
では本題に入らせてもらいます。
茶木さんは、立命館大学ラグビー部はどんなチームだと思いますか?

茶木)まとまりのあるいいチームだと思います。施設も充実していますし、コーチ陣も熱心に指導してくれて選手にとってはともて良い環境だと思う!

坂井)確かにそうですねー。ウエイトルームとかも充実していますしね!
僕の高校は下半身のトレーニングの器具とかなかったんでねー。

茶木)そうだね。ほんとにそれ!
高校時代はベンチが80kgしか上がらなかったのに、大学に入って140kgまであがるようになったしね。

坂井)60kgもあがったんですね!!

茶木)農大二高はウエイトするぐらいなら走るっていうチームだったから弱かった。

左から農大二高OB柿沼さん(立命2014年卒)、霜村誠一(TL100キャップおめでとうございます)、

坂井)僕も高校の時はこれでもかっていうほど走ってました。
てか茶木さんって農二のキャプテンだったんですよね!?

茶木)そうだよ!!70人の部員を束ねるボスやった!

坂井)ボス時代の茶木さんの写真がこちら。

 
坂井)かなり痩せてませんか…?

茶木)この時80キロ台だし!しかも高校の時は俺、走るキャラだった。軽かったし!笑
 
坂井)茶木さん今でもフィットネスとかやってますよね。

茶木)沖原と赤井さんと一緒に毎朝やってるやつね。

坂井)何時からですか?めっちゃ早くからやってません?

茶木)朝7時からやってる。4回生になったから授業もないし、いっぱい寝れると思ったのにこのせいで全然寝れてない。
 

弟子の沖原を強くするために7:00からフィットネスを余裕の表情でこなす茶木さん。
 
坂井)え、でも茶木さんどうして走ってるんですか?ほんまは痩せて女の子にモテたいからでしょ。笑
茶木)まあそれは9割くらいあるかな。笑
でも人間そんな簡単に痩せれないんだよ。
 
最近太り気味の茶木山さん

坂井)フィットネス仲間の赤井さんから聞いたんですけど、茶木さんって赤井さんの事尊敬してるんですよね?

茶木)尊敬はしてるけど、俺がこうやって公の場で尊敬してるって言える人は一人しかいない。その人は高校の時の先輩で同志社卒なんだけど、キャプテンでかっこよくて憧れて農二に入った。

坂井)へ~。でも、赤井さんの事は尊敬してるんですよね?(念押し)

茶木)う、うん。


右:赤井コーチ 左:赤井さん専属ドライバーの茶木さん
 
ここで、茶木さんの尊敬する赤井コーチから一言もらっています。

  
茶木について一言欲しいと東川マネージャーに言われたのですが、気が進まないのでお断りします。
というのは、ちょっとだけ冗談です。  
小話をひとつ。先日行われた、関西学院大学対京都産業大学の関西リーグ優勝決定戦を、彼はビデオ係と言うことで宝ヶ池に私と行きました。その試合を撮りながら茶木は「なんで立命に全然関係ない試合を撮らなあかんねん」と怒っていました。でも、アナライザーという役職に就いたのなら、それも仕方がないと私はなだめました。そう言うと彼は「そうですね。でも優勝決定戦に立命が出ていないのはもっと腹が立つ」と。そして、4回生がこの試合を誰1人として見に来ていなのも悲しい事だと嘆いていました。「他チームの優勝の瞬間を目の前で見て、その悔しさを次のモチベーション(大学選手権)にして欲しいのに」と言っていました。
 
その日一緒にいて思ったのは、茶木はあんなキャラやから、いじられてばっかりやけど、やっぱりAチームとして試合に出たかったやろうし、それを諦めてまでスタッフになったんやから、やっぱりここまでの今年の成績には不満なんやなって。じゃあ、あいつがスタッフしてなかったら、試合を見に来てたかはわからへんけど、でも実際にはアナライザーとして試合に来て、試合を見て、自分達ができなかった事への悔しさを味わってた。そのとき思ったのは、茶木もホンマに勝ちたいって思ってるんやなーって事。せやから、あいつはあいつなりに自分の出来る事を必死で頑張ってる。みんなにボロクソ言われてもレフリーしてくれてるし、なかばさんや俺にボロカス言われながらも分析を一生懸命してくれてる。
 
そういうあいつを見てたら、やっぱりこのままでは終われへんなと思います。でも基本的にはうるさくてクセが強い奴です。以上。
 
そして、茶木さんの愛弟子、二回生の沖原からもメッセージをもらっています。
 
茶木さんと僕が初めて出会ったきっかけはラグビーではなくバイク関連でした。入学当初の練習の帰りに駐輪場で原付に乗って家に帰ろうとした時に4気筒らしい良い重低音が聞こえたので誰のバイクかなと思い声をかけたのが茶木さんと話すきっかけとなりました。そこから茶木さんとすごく仲良くさせてもらい、練習の時でもずっと一緒に楽しんでラグビーをしていました。今はアナライザーとして茶木さんはチームを支える側の人になってしまい一緒に練習ができなくなり寂しい思いはしましたが、それはそれで茶木さんのお陰でチームが成長している思うので僕は感謝しています。残り少ないラグビー人生ですが最後の最後まで一緒に頑張って行きましょう。
 
北見合宿のOFFにバイクをレンタルしてツーリングを楽しむ二回生沖原、茶木さん
 
今回の紹介の茶木さん。
口をあけると永遠に喋ってるし、文句多いし、けどなぜか憎めない存在です。
いつも、なかばさんや赤井さんの愚痴ばっかり言ってますが、やるときはやる男です!(本当に愚痴しか言いません)
選手からアナライザーに転向するとき、茶木さんの中で葛藤があったと思いますが、自分はその判断は正解だったし、
間違いなくこのチームのプラスになっていると思います。

転向のきっかけとなった膝の怪我

残り数試合になりましたが、大学ラグビーに悔いを残さないように全力で頑張っていきましょう!
 
 
今週末日曜日は早速、大学選手権が始まります。
立命館は花園にて関東対抗戦2位の早稲田とあたります。チャレンジャーとして、スタッフも一丸となって挑みます。
引き続き、応援よろしくお願いします!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加