大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

RITS RUGBY PLAYERS BLOG

#28 赤井さん [選手紹介]

投稿日時:2014/12/16(火) 22:26


今回は、茶木が担当します。とりあえず、過去最強に長いので覚悟してください。それと、最後には刺激の強すぎる動画があるので気を付けてください。

では、番外編第二弾ということで、この方に登場して頂きます。

サモア代表のサモア人選手です!
というのは嘘で、散々取材しろと言われ、いざ取材を申し込むと何度も拒否され、僕は苦労しましたが、やっと許可されました。2011年に赴任しました赤井大介FWコーチです。
 
茶)こんばんは。よろしくお願いします!
 
赤)うむ。
 
茶)なんで僕たち今スターバックスでこんなことやってるんですかね笑!?
 
沈黙20分…
 
赤)俺は、カフェが好きやねん!
 
茶)なんでカフェが好きなんですか?
 
またまた赤井さん携帯をいじりだして沈黙10分...
 
茶)何でですか?
 
赤)いや、海外おったことあるし。
 
赤井さんが初めて海外で住んだ、美しいbeachのあるManlyという街


茶)海外いただけで好きになるんですか笑?そういえば、赤井さんが立命に来るまでの過去をあまり知らないので教えてください。
 
赤)嫌。
 
茶)ブログ終わるじゃないですか!怒
 
チラチラとスタバにいる二人組のギャルを見つめる赤井さんのせいで沈黙10分。
 
茶)そんなにチラチラ見てると通報されますよ!いい加減過去の話を!
 
赤)しゃーなしな。関東学院を卒業してから、三洋電機(現パナソニック)で4年間。その後、オーストラリアに約2年。

オーストラリアでプレーする赤井さん

赤)初めて海外で一人で住んだのはManlyって街。クラブチームもManlyでGeorge SmithやMichel Hooperを輩出してる名門クラブ。5軍まであって、俺は2軍までしかいけへんかったけど、それでもトップリーグと同等かそれ以上のレベルあった。その後、大阪に帰って、近鉄で約2年。でその後、ニュージーランドと東京のIBMを行ったり来たりを約2年。で、立命に来たのだよ。
 
茶)とりあえずこれを聞いた僕の感想ですけど、長続きしない人なんですね。めちゃくちゃな人生ですね笑
でもいろんな経験できたんじゃないですか?
 
赤)うん。
 
茶)うん。って何とも冷めた回答ですね怒
言葉のキャッチボールをしてください!
じゃあいろいろ聞きたいことがあるのですが、海外ではラグビーをしていたんですか?
 
赤)もちろん!そのために行っててんから!でも向こうではラグビーだけをするんじゃ食っていけへんから仕事もしてたで。
 
茶)じゃあ、ラグビーの話をすると赤井さん熱くなってめんどくさそうなので、知られざる仕事についての話をしましょう。海外では、どんな仕事をしていたんですか?
 
赤)いろいろしたで。まず順番に言うと、シドニーでは、チームメイトに紹介してもらった土方。6時に起きて7時から16時まで仕事してから練習。

赤井さんが土方をしていた現場


赤)初めて海外で働いたLaborer(土方)の仕事場。ひたすらレンガ運んだり、穴掘ったりの雑用やったなー。めちゃくちゃしんどかった。
俺が数日かけて一人で掘った穴(写真左)、昼飯はほとんど弁当作って持って行ってた。今思うと野菜が足らんなー、成田氏に怒られるわー

で、2年目は、朝4時半に起きて、車で40分かけてcityのオフィスまで行って。そこからシドニー市内のレストランに食材(主に牛肉、冷凍食材)を配達する仕事。これめちゃくちゃしんどかったから、途中でサボってよくカフェとかで休憩してた。やからカフェが好きやねん。


マイナス40度の倉庫(写真左)

赤)左はマイナス40度の倉庫で、着込みまくっても15分以上入ると凍傷になるから、何回かに分けて必要な食材を取り出してた。寒さに強くなった。写真右にあるような肉のスライスを1日中する時もあった。肉の切れ端をパクって家に帰って焼いて食べてた。

茶)パクった!?なんていけない人なのでしょう笑

赤)で、ニュージーランドでは、カフェレストランで皿洗い兼シェフとして、一人三役しててん。
 
茶)それって一人二役じゃないですか?
 
赤)無視
であと一つ強烈なのがあんねん!
 
茶)何ですか?
 
赤)バナナピッキング。
 
茶)聞いたことない仕事ですね!
 
赤)それは、Sydney生活1年終わって、ワーキングホリデーのビザは、1年しかおれへんからもう1年いるために、オーストラリア政府が定めた仕事を三ヶ月せなあかんかったから、その中でも、過酷すぎて、オーストラリア人が誰もせぇへんバナナピッキングをえらんでん!
 
赤)バナナファームの写真。めーちゃくちゃ広くて、東京ドームが何十個も入る大きさ。

茶)なんでそんな過酷なバナナピッキングを選んだんですか?
 
赤)オーストラリアのオフシーズンやから、トレーニングにもなるし、お金が良かったから。
 
茶)いくら稼いだんですか?

赤)三ヶ月で50万くらい。でその時の衝撃映像があるから見せたるわ。この塊一個60キロくらいあんねん!ほんで一般人は一個しか担げへんねんけど俺は、トレーニングのために、二個担いでてん!

 
赤)バナナは写真にあるようなバンチ(房の塊)が1本の木に一つぶら下がってるので、それをカッター(木を切る人)と運び役の2人でトラクターに運ぶ。写真にあるバンチは一つ60キロぐらいやけど、重いやつやと70キロはある。いいトレーニングになった。と赤井さん。


バンチを積んだトラクターとバナナを小分けしたりするShed(写真右)

赤)切り取ったバンチは、トラクターに乗せてshedに運び、そこで女性従業員の手によって小分けにされる。男性は主に外やけど、たまに亮介みたいな細い男はshedで働かされてた。
バナナが不作の時期は、木に栄養を打ち込む仕事もあった。この頃の俺はみんなから「ラストサムライ」と呼ばれていた。

ラストサムライな赤井さん

赤)週末が休みやったから、山走ったり、30分くらいかけてチャリでジムに行ったりしてた。ジムはどんなにしんどくても週3、4は行ってたな。意識高し。


黒すぎて写真に写らない赤井さん

茶)なんで赤井さん高確率で裸でやってるんですか?
 
赤)暑かったから。ほんで、このテントに三か月住んでてん。
 
赤井さんが三ヶ月住んだテントとその内部


茶)三ヶ月!?寝心地は?
 
赤)乾季は暑くてアリが身体中を這い回り寝れず、雨季は雨が降ったら浸水してビチャビチャになった。「住めば都」とは嘘だということを知った。

 
食事は写真のような共同スペースで自炊。毎日ちゃんと作ってた。BBQ好きなんはこういう経験のおかげでもあると語る赤井さん



衝撃映像。刺激が強すぎるで、18歳未満及び、冨岡ファンのお母様方は見ないでください(赤井ファンになってしまうため)と赤井さん。

茶)なんか、赤井さん黒すぎて、黒人ですね。現地の黒人が、ホームレス生活してるみたいですね笑

 茶)獲れたてで、自分の収穫したバナナは、さぞかしおいしかったでしょうね!
 
赤)Tullyって地域で獲れた高級バナナやったけど、一回も食べたことない。
 
茶)死ぬほどバナナ食べられる環境で一回も食べなかったんですか?
 
赤)食べてない。だって出荷前やし、緑色やからめっちゃ固い。だから食われへん。
 
茶)赤井さんのサバイバルテントで熟成させればよかったじゃないですか!しかし、バナナピキングの経験なんて僕みたいな凡人には、出来ませんね。
 
赤)共に働いた仲間たちと。そういえば丁度クリスマスぐらいに終わってんなー。7年前の今ぐらいは、後1週間って指折り数えてたなー。ほんで、最終日の仕事が終わった瞬間は、嬉しさと寂しさで涙が止まらず。あの時の気持ちは今も覚えてるなー。ただ、仕事がキツ過ぎて3ヶ月で8キロ痩せた。痩せたい人にはオススメ。

茶)僕も海外でこうゆう経験してみたいです!そして痩せたいので是非!

赤)飽きてきたのかまたもや無視。
 
茶)では、そろそろ飽きてきた様なので最後に言いたいことはありますか?
 
赤)ほんまは、めっちゃいいこと言おうと思ってんけど、菅野がこの前のブログで感動すること言ってしまったので選手に一言だけ。
 
 ウエイトのときの朝飯のバナナをちゃんと食え!俺は、バナナを獲る大変さを知っている。
 
茶)えっ本当にこのコメントでいいんですか?確かにバナナいつも大量に余ってますけど、あれは、ダメですよね!
 
赤)なんでかと言うと、ただ単に俺がバナナピッキングをしてたからではなく、朝のコンビニ食で出てくるバナナ1本にも、お父さんお母さんが働いて払ってくれたお金が使われているという事。強いて言えば、みんなが使ってる、グランド、ジム、ボールやタックルバッグなんかも同じ。全部自分一人だけの力では、食べることも、使うこともできへんて事を言いたかってん。せやから、食事も練習も一生懸命やろう!この前、4回生の父母のみなさんと同志社の試合後にご飯食べてお酒飲んだけど、みんなどのお父さんもお母さんも、みんなが頑張ってくれる事を期待して、全力で応援してくれてはる。

そんなみんなを応援してくれてる家族の気持ちを無駄にしない為にも、練習も学校も頑張る!バナナも残さず食べる!それができない人はTullyにバナナピッキングに行かせる!!!茶木山行ってこい!


あともう一つ。12月22日月曜日、昼から琵琶湖でクリスマスバービー(BBQ)やるから彼女おらん独り身の寂しい奴出てこいや!(後日、出欠取るらしいです)
 

ここで、赤井さんへの現役トップリーガーからのコメントを紹介します!

2013年度卒 キヤノンイーグルス 宇佐美 和彦選手

HPをご覧の皆さま、こんにちは、キヤノンイーグルスの宇佐美和彦です。
 
推薦入学したにも関わらず練習が嫌だからという理由で選手をあっさり辞めた茶木から、赤井さんのコメントを送れと言われたので書かせていただきます。
 
赤井さんには2年間大変お世話になりました。赤井さんが来て下さってから練習がとても楽しく感じ、ラグビーに対する意識も変わりました。
 FWコーチと分析を担当してくださり、シーズン中はA,B,Cの3試合のスタッツを付けるなど、とても大変だったと思います。
しかし、そのスタッツを見てモチベーションを上げていた選手も多かったように思います。僕もその1人でした。
練習や試合の映像を毎日見始めたのもそれがきっかけでした。
本当に感謝しています。
他にもたくさんの思い出がありますが長いので省略します。。
立命に入学し、赤井さんに出会えて良かったなと思います。
赤井さんは立命のOBではありませんが、これからもずっと立命の為にご指導していただきたいです。

 
2012年度卒 キヤノンイーグルス 元主将 落合 佑輔選手

赤井さんはとにかくラグビーに熱い人で、いつも選手の目線に立って話をしてくれます。
1年間という短い期間でしたが、思い出は多すぎて語れません。
今でも、なかなか試合に出れない僕に「絶対に腐るな、諦めるな」とメールをくださり、僕にとって兄貴のような存在です。


勝手ですが、僕も赤井さんとの印象深いエピソードを書かせていただきます。
赤井さんは僕が、二回生になる直前に立命にきて、練習に参加していました。その時、僕は「三洋のウインドブレーカーを着ているオッサンが、最近よく来るな~」と思い、まさかこの人がFWコーチになるなんて、思いもしませんでした。FWコーチとなった赤井さんの練習は、斬新で厳しいながらも楽しめる練習でした。しかし、僕が、弱いのもありましたが、練習中いつも「おい、市川何してんねん!」と言われていて、僕は、結構頭にきていたので、反抗的な態度をとったこともありました。今となっては、言いにくいのですが、その時いつも「あのオッサンいつか黙らせる」と、とても失礼なことを思っていました。
赤井さんとまともに話をしたきっかけは、赤井さんが三洋にいて、群馬に住んでいたというのを知った時でした。僕は、群馬県出身なので、話が盛り上がりました。このことをきっかけに赤井さんに対する自分の気持ちは変わりました。本当にいい人なんだなーと思いました。この時から赤井さんからは、市川ではなく親しみのある呼び名の茶木という方で呼ばれるようになりました。そして、いつも試合に出られず、腐りかけている僕にチャンスをくれ、僕を褒めてくれるようになりました。一回生の時は、ほとんど試合に出れませんでしたが、赤井さんのおかげで二回生時には、たくさん試合に出られ本当に嬉しかったです。このことは今でも忘れません。この時から、何でも話せる、信頼できる素晴らしい方であると思っています。本当にこの人と出会えて僕の人生は変わりました。これからも赤井さんについていきたいです!


本日の番外編は、FWコーチの赤井さんでした。先週、大学選手権ファーストステージにおいて、早稲田大学と対戦し、善戦は、したものの破れてしまいましたが、まだTOP4への道は断たれていません!今週は、天理親里で東海大学と戦います。夏合宿で大敗しましたが、精一杯戦い、勝利するため努力します。厳しい戦いが、予想されます。皆様の応援が何よりも選手の力になります。応援よろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


フランスラグビー店

Posted by Furansurugby Shop at 2016/01/08 14:37:42.995893+09 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: