大きくする 標準 小さくする

Staff Blog

<<前へ次へ>>

新入生大募集!-マネージャー編ー

 written by 山口 菜々子 投稿日時:2020/03/09(月) 13:43

こんにちは!
ブログをご覧いただきありがとうございます!

今日から5日間、新入生の皆さんにラグビー部の学生スタッフは具体的にどのようなことをしているのか、ブログを通してお伝えしていきたいと思います!

本日はマネージャーについてお話させて頂きます。
最後まで読んでいただけると幸いです。

マネージャーは現在、女子3人、男子3人(うち1人は選手兼任)で活動しています。
一言で説明するとチームがラグビーをする環境を作ったり提供する立場です。


マネージャーの中でも役割があり、外部との連絡・交渉や、部内とコーチ陣と選手の橋渡しを担う主務、
合宿の手配や部のお金を管理する会計があり、上回生は主にその2つに分かれます。


下回生のうちは、チームグッズを作ったり、部の所持物などの管理もしています。
シーズンに入れば宣伝や広告、観客の集客に力を入れて取り組んでいます。



また、マネージャーは毎年、手作りのイヤーブックを作っています。
イヤーブックは、その年の選手情報はもちろん、様々な特集を組んでその年のラグビー部がぎゅっと詰まった一冊で、毎年いいものを作れるように頑張っています。


試合中では、スコアやTwitterでの試合速報、ブログに載せるための写真を撮ったりしています。




現役マネージャーにこの部活に入った理由を聞きました!!
こんにちは!今年度主務を務めます奥英理乃です。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます!
私は、立命館宇治高等学校出身でラグビー部のマネージャーをしていました。
大学でも続けようと思った大きな理由は、全国レベルで戦うチームのサポート体制に興味を持ち、自分もその一員として全国の舞台に立ちたいと思ったからです。
実際に体験入部をして、高校でやっていたマネージャー業がちっぽけだと感じるくらい規模が大きく、全スタッフが「勝つためにできる事」を日々探求し、チームのために戦っている姿に衝撃を受けました。この時に、サポートには限界がない事、勝利を勝ち取るには選手だけでなく周りにいるスタッフ陣がいてからこそだと感じました。また、チーム・スタッフの雰囲気の良さが決め手で決断へと至りました。
一生懸命取り組んだ先にある喜びは、観客として見ている人よりも大きい感動に満ち溢れていると思います。
「このチームでよかったな」と最後思える、そんなチームだと思っています。あなたの選択がチームを勝利に導くこと間違いなしです!!
真剣に何かを取り組みたい人、大学生活充実したい人、熱いものを得たい人、一緒に感動ある全国の舞台を目指しましょう!


新2回生マネージャー本田泰士です。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!
入部してからそろそろ1年が経とうとしています。さかのぼると私は、入部を決意するまでに大分時間がかかりました。その大きな理由としては、学部が衣笠キャンパスであり、それに加えて大阪の自宅から通っているということです。
見ての通り、1日に3都道府県を行き来していることになります!
しかしこのような苦しい状況の中でも、効率の良い時間の使い方などの様々な力を身に付けることができると思い、入部を決意しました。このことで友人には、大変ではないのか、辞めた方が良いのではないかと聞かれることが多々ありますが、私は「後悔は一切ない」と自信を持って答えています。
私たちと一緒にチーム目標である「関西優勝」を実現してみませんか?皆さんの入部をラグビー部一同心よりお待ちしております!!


最後に、選手にマネージャーについて聞いてみました!

新3回生・藤井健太郎
「選手から見たマネージャーは元気の源であり、支え合っている関係です。マネージャーがいなかったら選手はなりたたないし、また逆もそうです。お互い活躍する場所は違いますが、それぞれの場所で活躍することでチームは成り立っています。そして、マネージャーは選手のモチベーションでもあります!新入生の皆さん、是非ラグビー部で一緒に頑張りましょう!」


マネージャーについて、少しでもイメージできましたでしょうか?

少しでも興味のある方は、以下のメールアドレス、または電話番号までお問い合わせください。

メールアドレス:rits.manager@gmail.com
電話番号:077-567-1944


明日は、トレーナーについて紹介させて頂きます!

最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!
 

20年度幹部の決意

 written by 奥 英理乃 投稿日時:2020/03/09(月) 07:27

日頃より、立命館大学体育会ラグビー部の活動にご理解頂き、誠にありがとうございます。

今年度より主務を務めさせて頂きます奥です。
今回のブログより、4回生のラストイヤーに懸ける思いをお伝えさせて頂きます。
まずは、本年度リーダー陣より新シーズンに向けた熱い想いをお届けいたします。

庄司拓馬(主将・LO,FL,No.8・東海大学附属仰星)

今年は主将として関西優勝という目標に対してどこまでやらければいけないのかを示し続けます。また、ファンや保護者、OB,OGの皆様、いつも応援ありがとうございます。今年は「関西優勝」という目標を設定して「HUNGRY ARROW」 というスローガンを掲げました。これをグランドで体現し、勝利という形で恩返ししていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。


松本涼志(副将,BKリーダー・SH・立命館宇治)
今年は4回生という立場と、副将という立場にあるので、去年までは自分のことさえやっていれば許させていましたが、チーム目標の「関西優勝」を達成するためには、チーム全体のまとまりが必要不可欠となってくるので、選手1人1人のモチベーションを高く保させることが、自分の役割だと思っています。自分が入って1回もチーム目標を達成していないので、今年はチーム一丸となりチームスローガンである、「HUNGRY ARROW」を体現し、関西優勝して終われるよう1年間全力で頑張ります!

また、保護者、OB、ファンの方々、いつも立命館大学体育会ラグビー部を応援していただきありがとうございます。今年は例年のチーム目標より敢えて高い所に設定することにより、チーム全体に良い意味で危機感を持たせ、さらに競争意識を芽生えさせるといった形で、チームが目標に対して同じ方向を向いて1年間取り組んでいきます。昨年関西6位のチームが優勝するには上のチームだけが強くなれば良いわけではなく、チームの底上げが重要となってきます。いつも応援して頂いている皆さんに勝利という形で恩返しが出来るよう全力で頑張ります!今年も立命館大学体育会ラグビー部の応援よろしくお願いします。


島田久満(副将, SCリーダー,ウエイトリーダー・HO・東海大学附属仰星)

今年度のチーム目標は「関西優勝」を掲げています。目標を達成するために、自分は副将という立場なので主将の庄司をサポートし、チーム全体が今年のスローガンである「HUNGRY ARROW」を体現できるように、自分からリーダーシップをだしていきます。いつも立命館大学ラグビー部の応援ありがとうございます。昨シーズンは、自他共に納得いくような結果が残せませんでした。ですが、その分学べることが多いシーズンとなりました。この昨シーズンでの経験を今年のシーズンに生かし、目標である「関西優勝」に向かい日々努力していきますので、今年も応援よろしくお願いします。

奥英理乃(主務・立命館宇治)

私自身、主務・マネージャーとして勝利に導く環境を作ること、その為に出来る事は無限大だと考えています。スケジュール管理や試合調整、食事、企画運営など多岐にわたりますが、日々「チームにとって今何が必要なのか」探求していき、スローガンである「HUNGRY ARROW」の下、私のチームに対する熱意、チーム愛で、裏方から「関西優勝」できるチーム作りを目指します。初の女性主務としてまだまだ至らない点はありますが、全力でサポートしていきますので、温かい目で見て下されば幸いです。最後にはなりますが、保護者・OB,OG・ファンの皆様や企業・スポンサーの方々、大学関係者、草津市地域の方々のご支援・ご声援、いつもありがとうございます。皆様のご声援をチーム力に変えることも私の役割だと思います。そして、勝利で恩返しできるようにチーム一丸となり日々精進していきますので、引き続き温かいご声援の程、宜しくお願い致します。


田中雄太郎(LOリーダー・LO・立命館宇治)
昨年関西6位という結果から、今年の「関西優勝」

という目標を達成するには、大変なことも多いと思います。しかし、チーム一丸となり目標達成に向けて全力で頑張ります。また、保護者やOB/OG、ファンの皆様、立命館大学体育会ラグビー部をご支援いただきありがとうございます。今年こそチーム一丸となり関西優勝を達成します。日頃の感謝を忘れずに毎日頑張っていきます。応援の方よろしくお願いします。

野村雅大(DFリーダー・FL・大阪桐蔭)

今年は関西優勝という大きな目標に対して、個人としてhungryさを持った行動をしていき、4回生やチーム全体としてそれを集結させ、arrowのように団結して一つの方向に向かっていきます!いつも応援してくださっている人たちに対して、結果で恩返しできるよう1年間頑張っていきます!よろしくお願いします!

小野壮大(チーフトレーナー・國學院大學久我山)
今年のスローガンであるhungry arrowを体現するために、スタッフ1人1人もチームに対する責任を持ち、選手と共に一体感を持って、チームに貢献してきます!ラストシーズンなので、最後まで悔いなく全力でチームのサポートをします!
いつも応援、支援共にたくさんありがとうございます。選手が万全のコンディションで試合に臨めるように頑張りますので、今年も立命館大学ラグビー部の応援よろしくお願い致します。

小藤大洋(学生コーチ・西南学院)
自分の仕事はチームが目標達成できるように勝たせることなのでTeam1stで精進していきます。
また、いつも応援して下さってありがとうございます。勝つチームを見せれる様に頑張ります。


高山晃樹(規律リーダー・FL,No.8・伏見工業)
気付いたらもう4回生になってました。4回生としてチームの勝利に向けて貢献していきます。
また、いつも立命館大学体育会ラグビー部の応援・ご支援ありがとうございます。今シーズンは昨シーズンの悔しい思いを胸にチームの目標である、関西優勝に向けて日々努力していきます。

木村隆雅(ストレングス・立命館慶祥)
今年の目標である関西優勝を目指して、全力で選手をサポート・追い込みたいと思います。部員勢員で同じベクトルを向き、目標に向かってHungryに行きたいと思います。ファンや保護者、OBの方々へ、いつも応援していただきありがとうございます。日頃からのご支援を今年こそは形にし、関西優勝という目標を達成したいと思います。応援よろしくお願いします。
 

3月6日 サプライズビルディング&今年のスローガンのイメージデザイン

 written by 山口 菜々子 投稿日時:2020/03/06(金) 16:59

こんにちは!
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日のブログは、新2回生の本田が努めます。

今年もコーチである赤井さんから、スローガンである"Hungry Arrow"イメージデザインが発表されました!!
毎年スローガンTシャツや立命館グッズの販売に協力していただいているHERCULEGEARさんに
今年も作成していただきました。
「飢えている、物事を強く求める様」という意味がある"Hungry"から、立命館のエンブレムでもあると、
"Arrow"の意味である一本の矢をイメージしたかっこいいデザインになっています!!

HERCULEGEARの皆様、いつも本当にありがとうございます!!


そしてミーティングの最後に小藤コーチより、本日の練習の内容の説明をすると思いきや…
サプライズでキックベースを行うこととなりました!

連日の猛練習で疲労度が高い選手達は、大喜びしています! 


そしてこのキックベースでは、スタッフと選手との距離を縮めるいい機会となりました!
 
左から、新3回生・平尾、同じく新3回生・中村、新4回生・小野(チーフトレーナー)、新2回生・中川魁


小学校の頃に戻ったようにみんな楽しそうにプレーしています! 放課後に校庭で行ったことを思い出し、懐かしく思っていることだと思います。
新3回生・中村壮


実はこの企画は、中林監督が提案したものです。きつい練習の中にこのような企画を考えて下さり、選手達もいいリフレッシュになったと思います。
学生コーチである新4回生・小藤さん、高山さんも、企画を形にして下さってありがとうございました!
本当に楽しい時間になりました!!
 

また明日からの気合を入れ直して頑張っていきます。

最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

新入生スタッフ大募集!!

 written by 山口 菜々子 投稿日時:2020/03/06(金) 14:51

こんにちは!
立命館大学体育会ラグビー部のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

この春立命館大学にご入学の皆様、本当におめでとうございます!!

大学生になるにあたって、自分のやってみたい事、挑戦したい事、たくさんあるかと思います。
大学というのは、自分からやりたいことに向かって一歩踏み出してみると、たくさんの機会を与えてもらえる場所です。
そんな中で、私達は立命館大学体育会ラグビー部の学生スタッフを選びました。

このブログを読んでくださっているということは、少しでもラグビー部に興味をもっていただけていると思って、
本日は新3回生マネージャーの山本が本校ラグビー部について紹介させて頂きます!!
このブログを読んで、少しでも多くの方にもっと知りたいと思っていただければ本当にうれしいです。

それでは早速紹介していきます!

立命館大学体育会ラグビー部
練習場所:BKCグリーンフィールド(びわこ・くさつキャンパスから徒歩10分)
選手人数:約90人(各学年25人程度)
練習時間:平日は17:00~20:00、土日 ※月木はOFF 


2020年度ラグビー部はチーム目標である「関西優勝」と、今年度のスローガンである "Hungry Arrow"を掲げ、日々練習に取り組んでいます。

立命館大学体育会ラグビー部の良さとして一番にあがるのは、先輩と後輩の仲の良さです!
この写真で少しでも仲の良さが伝わればいいなと思います(笑)



また、ラグビー部では全員が一つの目標に向かって団結するために、日々の厳しいトレーニングを全員で行うだけでなく、チームビルディングというものを頻繁に行っています。
チームビルディングとは、『仲間が想いを一つにして、一つのゴールに向かって進んでいける組織づくり』のことで、学生スタッフを含めたラグビー部全員で1つの事を成し遂げようという企画です。
具体的には、全員で山に登ったり、グラウンドの観客席を作ったり、班に分かれて様々なゲームで競い合ったりと、きつい企画もあれば楽しい企画もやっています。

2nd比叡山チームビルディング


グラウンド観覧席チームビルディング


一泊二日「あそびじゃねーんだよ!」チームビルディング


続いて、学生スタッフについて紹介していきます!!
学生スタッフには、マネージャー、トレーナー、アナライザー、学生レフリー、学生コーチがあります!


マネージャーは現在、女子3人、男子3人(内1人は選手兼任)で活動しています。
主な仕事内容は、他大学との連絡・交渉、合宿の手配、試合でのカメラやスコア記入などです。


トレーナーは現在、女子2人、男子1人で活動しています。
主な活動内容は、練習中のボトル運びやテーピング、けが人のリハビリの手伝いやケアを行っています。


アナライザーは現在、男子3人(内1人はレフリー兼任)で活動しています。
主な活動内容は、練習中のビデオ撮影、自チームの分析、試合相手の分析などです。


学生レフリーは現在、男子1人です。
主な活動内容は、練習中、練習試合でのレフリングを行っています。


学生コーチは現在、男子2人で活動しています。
主な活動内容は、選手に対するコーチングや練習内容を決めたり、ミーティングでの資料を作っています。


ストレングスは現在、男子1人で活動しています。
主な活動内容は、ウエイトトレーニングの指導、ウォーミングアップの手伝いなどを行なっています。


どんな仕事かイメージ出来ましたか?
まだまだ学生スタッフがなんなのか、ぴんと来ていない!と思ったそこのあなた!!

3月9日(月)より各部署での活動内容、学生スタッフになった理由、選手から見たスタッフなど、学生スタッフについてもっと詳しい情報をブログにて掲載させて頂きます。

3月9日…マネージャー
3月10日…トレーナー
3月11日…アナライザー・学生レフリー
3月12日…学生コーチ
3月13日…ストレングス


上記の日程でブログに掲載する予定でございます。もしよろしければそちらもご覧ください!!
少しでも多くの方にブログを通して、ラグビー部に興味を持ってもらえれば幸いです。


新入生スタッフとしてお会いできることを、ラグビー部一同心待ちにしております。



少しでも興味のある方は、以下のメールアドレス、または電話番号までお問い合わせください。

メールアドレス:rits.manager@gmail.com
電話番号:077-567-1944


最後までブログをご覧いただき、本当にありがとうございました!

2020年度目標、スローガンについて

 written by 奥 英理乃 投稿日時:2020/03/06(金) 09:49

日頃より、ラグビー部のご支援・ご声援頂きましてありがとうございます。
今年度主将を務めます庄司拓馬です。

今回は僕の方から、今年度の目標とスローガンについて経緯を保護者・OBOG・ファンの皆様に伝えたいと思います。

「関西優勝」
目標、スローガンを決めるにあたって、新4回生全員でミーティングをして20年度の方針について話し合いを毎週何度も行いました。新4回生で目標を設定する時「ベスト8」「関西優勝」という目標を設定しようという意見が多かったです。その中でなぜ、関西優勝という目標を設定したかというと、昨年度はベスト8という目標を設定していましたが、関西6位という結果に終わってしまいました。昨年度は、大学選手権にでてベスト8になるイメージが、シーズンが始まるにつれて薄れていました。僕達新4回生は、まず関西リーグにフォーカスをすることが大事だと考えました。「関西リーグで優勝する」=「天理を倒す」ということを目標にしその次に選手権があると考えました。


「HUNGRY ARROW」
僕達はHUNGRY ARROWというスローガンを掲げました。このスローガンを掲げるにあたってまず関西優勝した時にどんなチームになっていたいか、チームビジョンを考えました。
そのチームビジョンは、「熱量・ハードワーク」と「一体感」でした。熱量があるチーム、ハードワークするチーム、一体感のあるチームを示す言葉を考えた時に、
HUNGRY ・・・「勝ちに飢える」「Aチームに飢える」「ハードワークする」という熱量とハードワークの意味を込め、 
ARROW・・・「一体感」「同じ方向に向く」「まとまれば強い」に一体感の意味を込めました。
他にも矢は一本では簡単に折れるが、三本束ねると折ろうとしても簡単には折れないという意味もあり、チームがまとまるという意味も込めています。
これが僕達がスローガンをHUNGRY ARROWにした経緯です。


今年こそ、いつもご支援・ご声援を頂いている皆様に勝利で恩返しできるよう、チーム一丸となり精進してまいります。
そして、秋シーズン。僕達の勝ち抜く姿を楽しみにして下さい!
Rits Familyの皆様と一緒に熱く、強く、魂が震える1年にしたいと思います。
引き続き温かいご声援の程、よろしくお願い致します。

                               立命館大学体育会ラグビー部主将 庄司拓馬
«前へ次へ»

コメント一覧

ナイキ エアマックス95/トレーナーのお仕事(03/13 20:04)
ナイキ エアマックス90/トレーナーのお仕事(03/07 10:19)
エアマックス95/トレーナーのお仕事(03/07 01:37)
コーチ 財布/トレーナーのお仕事(02/22 12:36)
エアマックス2014/トレーナーのお仕事(02/18 16:39)