大きくする 標準 小さくする

Staff Blog 2013/12

<<前へ

最終戦 one team!

投稿日時:2013/12/22(日) 18:25

こんばんは。
今日のブログは、木俣と東川がお送りします。

今日は、花園ラグビー場で大学選手権第3戦が行われました!
相手は...強豪、明治大学!

慶應と東海が引き分け以外なら勝っても負けてももう結果は分かってしまうという...



しかし、そんなことを気にせず、目の前の試合だけに集中して、挑みます。

14:00キックオフ!
風の強い中での試合でした。
キックが伸びず、しかし相手のキックは風に乗り、
ゴール前まで陣地を奪われる場面が多くみられました。



しかし、ボールを持つと毎回大きなゲインがありました!
何本かラック内のペナルティーを取られますが、相手のアタックも返し、
トライを許しません!
けれど、ペナルティーからペナルティーゴールを一本許してしまいました。
そんな中、四回生、井之上 明がハーフラインからタッチラインギリギリで
相手のディフェンスラインを突破し、先制トライ!



そして、ラスト1分で三回生、萩原 寿哉が相手を引きずりながらトライ!
前半終了。12-3で立命館がリードで終わりました。



後半は、前半よりも激しく、熱い接戦になりました!
何度もゴール前まで押し込んだり、押し込まれたり、
見ている方は、興奮しました。

後半の途中、走りすぎて、多くの選手が足をつりかけ、試合中にストレッチして、
立ってプレーに戻る場面がたくさんあり、激しい攻防戦でした。
スクラムも負けておらず、モールでは押し勝ち
トライを目指します!

しかし、相手がゴール前まで攻めてきて、
10分ほど硬いディフェンスで堪えに耐えました。
しかし、相手にギャップを走られ、トライ!
12-10でピンチ!
その熱さに応援席も、「明治!明治!」のコール、
立命館の応援も負けず、「おっせ、おっせ、立命!」の応援コール!
観客席も一気に盛り上がります。


立命館は、ラスト数分までボールをキープ
しかし、ペナルティーを取られ、相手ボール。
一気に崖っぷちへ!!
延長数分まで耐え、相手のミスにより、マイボール!

選手も監督もリザーブも観客もガッツポーズ!!
蹴りだして、ノーサイド。
みんな、喜びの涙を流しました。



この瞬間、会場のすべての立命館の選手、コーチ陣、スタッフ、
そして応援してくれる皆様がone teamになるのを感じられました。


一方、慶應と東海の試合は、慶應が10-7で東海に勝ったため、結果は決まってしまい、
この明治戦が四回生にとっての立命館ラグビー部としての最終戦になってしまいました。


三回生以下の選手は四回生ともっと一緒にいたくて、四回生のために身体を張りました。
四回生は、この四年間の全ての想いを一つひとつの試合にこめて、
一人ひとりが全力でプレーしました。

今年の目標であった打倒帝京を果たすことは出来ませんでしたが、
立命館ラグビー部は明治に勝利するという
大きな成長をし、今シーズンを終えました。

しかし、悔しかったこの気持ちを背負い、来年も立命館は成長していきます!



四回生、多くの感動をありがとう。


vs 同志社C&D

投稿日時:2013/12/21(土) 21:53

こんばんは。

今日は木俣が担当します。
今日の試合は、同志社大学とのCとDの試合でした!

明日、明治戦も控えてるという事もありますが
前回の同志社大学との試合で、悔しい思いをしているため
今日は、熱意のある試合となりました!


ますはCから12:00キックオフ!

前半は、両チームともペナルティーが多く、
危ない場面が多々ありました。
何度もタックルで相手のアタックを返すものの
トライを数本許してしまいます。

前半終了。15-28。

後半は、アタックに流れができ、
相手のディフェンスラインを突破するものの
相手の戻りが速く、トライまで繋がりません。

一方、相手フォワードに押し込まれトライを許し
結果は、30-47。


そしてすぐにDがキックオフ!

Dは、Cに負けずど激しいプレーと細かいパスワークが目立ちました!
しかし、同志社大学のバックスにディフェンスラインを突破され点差が開いてしまいました。

前半終了。5-26。

後半は、逆転を狙います!
相手のミスから陣地を進め、2トライ!
19-26まで追い込みます!
しかし、ラスト二分でトライを許し、
19-33。
そして、ノーサイド。

両チームとも悔しい結果になってしまいましたが、
前回よりも練習成果が出ていて、熱い試合になりました!

では、今日のPlayersPlayerを発表します!


Dからは...

四回生 吉瀬 潤!

「ありがとうございます!
最後の最後に選んでいただき光栄です!
チームのみんなに感謝します。」


そして、Cは...

四回生 稲葉 貴士!

「今日はAチーム以外の自分達四回生にとって、
最後になるかもしれない試合でした。
その試合でこうして皆に選んでもらえたことがとても嬉しいです!
ただ、最後に皆を勝たせてやれなかったことがとても悔しいです!
でも試合が終わった後に自分だけではなく、
同期や後輩が同じように悔しい涙を流しているのを見て、
自分は本当に良いチームメイトに恵まれたな、と感じました。
明日は、そんなチームメイト全員の想いを背負って、
Aチームが明治大学と戦います。
One Teamで戦うので応援よろしく願いします。」

明日は、明治戦。
One Team として戦い、
最後まで勝利にこだわります!
是非、見に来てください!

関西Aリーグ 総集編 後編

投稿日時:2013/12/17(火) 23:05

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

関西Aリーグ総集編後編ということで再び坂口がブログを書きます。
後編は以下の内容でおおくりします。

①前編の概要
②関西学院大学戦
③近畿大学戦
④天理大学戦
⑤トライ王、得点王ランキング
⑥番外編

<前編の概要>
開幕から4連勝で波に乗る立命館。
関西制覇に向けて残り3戦。気を引き締めなおして臨む。

11月9日 関西学院大学戦 35-38
前半まさかの17点ビハインドで迎えた後半。
怒涛の攻撃で残り3点差に追いつくも、ゴールラインを割れずノーサイド。
今季初の敗戦で全勝優勝は途絶えた。

さて、今回はこの1枚から。
パスを受け取りゴールラインに向けて藏田君のこのポーズ!



がでたのでトライです。
(何のことかわからない方は前編をご覧下さい。)

続いてこの写真。
個人的に、この80分の中で1番撮りたかったマッチアップ



関学:水野俊輝(後輩)  立命:高木智司(先輩)

中学まで同じチーム(兵庫RS)の2人がぶつかり合いました。
試合後のファンクションにて・・・
水:「高木さんにパンチされたとこが痛い」
高:「え?したっけ?」
写真をご覧下さい。証拠写真を押さえました。

11月16日 近畿大学戦 41-10
先週の試合の反省と課題をしっかりと1週間で修正し臨んだ試合。
前線から退いていたSO井本さんがグラウンドに舞い戻った。
自慢のFWで前進し続け、バックス、両ウィングもグラウンドを駆け回った。

試合当日、午前中はラグビースクールを開催しました。



手より随分大きいボールを使って駆け回る子供たち。
とても楽しそうです。



皆様の判断にお任せします。
ちなみに1回生高島理久也

試合の前日一致団結する選手達。



体から熱い想いが溢れ出てます。(湯気です)

続いてシャッターチャンスが一瞬しかないこの瞬間。



マネージャーが使っているカメラは連写がかなり遅いです。
そのため1発勝負のこの瞬間。
スーパーキック連発の井本さん。この試合全てのゴールを成功!

11月30日 天理大学戦 54-21
勝って優勝したいこの大一番。天理大学も大学選手権を賭け必死。
昨シーズン唯一敗北した宿敵。挑戦者として試合に臨む。
前半から立命の勢いは止まらない。両ウィングが合計4本のトライ。
更に得点を追加し33-7で前半を折り返す。
しかし、後半は激戦。
昨年王者天理大学の意地と立命館大学の今年にかける想いがぶつかり合う。
関西リーグを締めくくるにふさわしい試合が終わり、54-21で12年ぶり3度目の優勝を立命館が決めた。

激戦の写真も載せたいところですが、今回はこちらで。



今シーズンのベストショット。



総長も来てくださいました。



応援し続けてくれた選手達。
「押せ押せ立命。We are Ritsumei!! 」このエールに助けられてきました。
たくさんの物語があった7戦。しかしまだ終わりません。
もう1つのAvengerがまだ残っている。



試合メンバーのバックスで撮った1枚。
けど、だれか足りない・・・



囲まれてました。流石の高木さんでも突破不可能でした。

関西Aリーグ終幕。

続きまして、シーズンを通してのトライ王、得点王のランキングです。(順不同)

<トライ王>
1位:報徳学園出身 立命館大学ラグビー部主将       庭井祐輔 5本
   滝川高校出身 立命館大学ラグビー部食事リーダー  高木智司 5本
3位:長崎南山出身 立命館大学ラグビー部イケメン担当  吉原浩之介 4本

<得点王>(T=トライ数、G=ゴールキック数、P=ペナルティゴール数)
1位:報徳学園出身 立命館大学ラグビー部副将       井本拓也 57点(T1、G20、P4)
2位:東福岡出身  立命館大学ラグビー部学年リーダー  大城海   29点(G13、P1)
3位:報徳学園出身 立命館大学ラグビー部主将       庭井祐輔 25点(T5)
   滝川高校出身 立命館大学ラグビー部食事リーダー  高木智司 25点(T5)

ほぼ4回生の独占でした。おめでとうございます。

番外編

シーズンを通して坂口は赤井さんにあることを言われ続けました。
「ウォーターのビブスもっと体に合うやつないん?」



青だとダボダボ。白だとピチる。
ビブスの大きさは坂口のせいではありません。



白でもダボっている気が・・・(って木俣が言ってました)
チーフトレーナー川喜田水希



イケメンすぎる冨岡コーチ。
もはや坂口には・・・



<メン・イン・ブラック>にしか見えません。
Heart Attack (12/17)より引用
http://heartattack507.blog84.fc2.com/blog-entry-2563.html
悪いエイリアン倒してます。

これにて関西Aリーグ総集編を終了致します。
ありがとうございました。

東海大学戦

投稿日時:2013/12/15(日) 17:21

こんばんは。

愛知県瑞穂ラグビー場で第2戦目、東海大学戦が行われました。

慶應戦で敗戦を喫し、負けられない試合となった今回の東海戦。
もう後がない立命館は、「がけっぷち」の文字を掲げ、チーム全員が緊張感を持ち、試合に望みました。




前半、風上に立った立命館は、ペースを掴み完全に主導権を握ります。
1トライを取られたものの、5トライ1ゴールを決め、30-7で折り返しました。



 
しかし後半
開始4分でトライを取られると、そのまま立て続けに5本連続とらいを決められ
ついに逆転されます。


後半22分に1トライを返し7点差まで詰め寄るも
時間は足りず、ノーサイド。




たった7点。しかし、関東の壁は想像以上に高いものでした。
泣いてる暇も、落ち込む暇もありません。

「AVENGER」を掲げた今シーズン。
まだ終わったわけでも、諦めたわけでもありません。
帝京大学を倒すまで私たちの戦いは、続きます。





まずは、次の明治大学戦。
勝利のためには、みなさんの応援が必要です。


是非、12月22日 近鉄花園ラグビー場へ御集りください!




今日は、瑞穂グランドに沢山の保護者・OB・OGの方々が駆けつけてくださいました。
本当にありがとうございました。





紅白戦

投稿日時:2013/12/14(土) 13:16

こんにちは。
今日は、木俣が担当します!

今日は、BスコッドとJrメンバーで三チーム作り、紅白戦を行いました。
先週も40分を三本試合で紅白戦を行い、かなり接戦になり面白い試合になりました。
そのため、今日も面白い展開になるのではと、期待していました!

最初の試合は、チームBvsチームC!
10:00にキックオフ!



キックオフしてからミスやペナルティーが少なく、トライまでが時間かかりました。
しかし、Bチームがラックからバックスでパスをつなぎ、中本圭介さんでトライ!



Cチームも負けず、バックスの山中崚平さんがトライ!
その後も接戦が続き、12-17でCチームの勝利!


一試合目が終わってから10分後に
チームAvsチームC キックオフ!


二試合目は、一試合目とは違いトライに繋がるプレーがたくさんありました!

チームAは、圧倒的なアタック、そして固いディフェンスラインで1トライのみ許し、
52-7でチームAの勝利!


ラスト三試合目は、チームAvsチームB!


ペナルティーが多い試合となりましたが、接戦となりおもしろい試合となりました。
10-14でBチームの勝利!


そして試合後、明日の試合メンバーのジャージ渡しが行われました。
国立への切符がかかった試合となり、チーム全体が緊張感をもっています。



明日の選手権大会第二戦目、東海戦は愛知・瑞穂ラグビー場で14:00K.O.です!

負けられない試合なので是非、見に来てください!!

«前へ

ブログ最新記事

コメント一覧

ナイキ エアマックス95/トレーナーのお仕事(03/13 20:04)
ナイキ エアマックス90/トレーナーのお仕事(03/07 10:19)
エアマックス95/トレーナーのお仕事(03/07 01:37)
コーチ 財布/トレーナーのお仕事(02/22 12:36)
エアマックス2014/トレーナーのお仕事(02/18 16:39)