大きくする 標準 小さくする

Staff Blog 2015/5

<<前へ

vs天理大学ABC

投稿日時:2015/05/31(日) 10:07



いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はBKCグリーンフィールドにて、天理大学戦が行われました。

先週、同志社に大敗を喫し、
何か変えなければならない。そしてチームとして方向性をどうしていくべきなのか、
誰もが考えた一週間だったと思います。
何度もミーティングを重ね、挑んだ天理大学戦。

先週の試合の反省から得た課題に向き合い、取り組んできた練習の成果を発揮したい一戦です。


11:20にvs天理大学Cがキックオフ!
前半開始立命は勢いに乗り、4分に相手ボールをターンオーバーし古門がトライ。

9分に天理にトライを奪われますが、17分には敵陣ゴール前ラックから持ち出しトライ。
12-7とリードを奪います。

このまま突放しにかかりたいところですが
そう簡単に天理の堅いディフェンスと素早いアタックを破ることは出来ません。
29分と32分にトライを奪われ、12-19と逆転されます。

なんとか逆転を狙う立命は後半42分に、
14古門がキックパスを押さえて17-19とします。
しかしここで前半終了。
追い上げにかかりたい立命ですが、後半開始8分にラックからトライを奪われます。
その後も2本トライをとられ、17-38と差を広げられます。
敵陣に攻め込む場面も多々ありましたが、相手のデフェンスを突破できず、ミスが重なります。

35分にゴール前のラックより展開し、柴原がトライを奪います。
しかし追い上げもむなしく24-38で試合終了。



続いてvs天理大学Bがキックオフ。

立命館Bも先制トライを奪い、滑り出しは上々です。
しかし14分と18分にトライを奪われ7-12と逆転を許します。
ここで一本とりたい立命は28分にと古井がポスト右へトライ。
14-12とします。
点差を広げ、リードし優位に立ちたい立命ですが、相手のアタックを止めれず
2本連続トライを許します。14-24で前半終了。

後半なんとか点差を詰め、リードを奪いたいところです。
しかし流れを掴めずズルズルと差を広げられていきます。

後半35分にゴール前のラックから展開し程田がトライを奪いますが、
相手の勢いを止めることは出来ません。
その後2本のトライを許し、21-65で試合終了。


最後はvs天理大学Aです。
勝ちにこだわって、立命の意地を見せたいところです。
天理のキックオフで試合開始。

2分に先制点を奪われますが、11分に金森がラックより持ち出し右中間トライ。
7-5とします。


31分にラインアウトモールからトライを奪われ7-10とします。
また33分には塩足がシンビンを取られ、1人少ない状態でプレーすることになります。
その直後、ラックからトライを奪われ7-17で前半終了。

リードこそされているものの相手のペナルティを誘うビッグタックルも何度もあり、
後半まだまだ逆転のチャンスはあります。

後半は両者ともなかなか点を取ることが出来ず、
29分に遂に立命がゴール前のラックから展開し藏田がトライ!
12-17と詰め寄ります。

ここで一本取って何とか逆転にもっていきたいところですが、
FWの力強いアタックで敵陣に攻め込みますが、ここぞという所でミスがうまれ
あと一本が遠いです。
自陣でペナルティが続き、逆に相手にトライを奪われ12-22。
ここで試合終了。

随所にいいプレーは出ていたものの、勝利を掴むことは出来ませんでした。

本日のプレイヤーズプレイヤーは

C清水駿
player's playerに選んで頂き有難うございます。
復帰戦ということもあり、緊張や不安も多々ありましたが
楽しくplayできたと思います。
チームは惜しくも負けてしまいましたが、
Cチームの課題がはっきりとわかった試合でもありました!
個人としては、春シーズン遅れた分これからチームに貢献できるように
頑張っていきたいと思います。」

B矢島
プレーヤーズプレーヤーに選んでいただきありがとうございます。
今日出た課題を練習で改善し、次の試合に繋げていきたいです。
今後とも応援よろしくお願いします。」

A藏田
プレーヤーズプレーヤーに選んでいただきありがとうございます。
最終学年として試合に負けたくないので、
これから練習でもチームを引っ張っていき、がんばります!


先週の敗戦から一週間。
チームとして今後の方向性を問い、課題に向き合って取り組んできた一週間。
誰もが勝ちたいと本気で思い、臨んだ試合でした。
勝利をおさめることは出来ませんでしたが、チームとして一歩成長できたと思います。

来週は中央大学Gで定期戦が行われます。
少し遠いですが、関東にお住まいの方は是非会場にお越しいただき、
声援を送って下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。




 

京都ラグビー祭

投稿日時:2015/05/24(日) 18:24


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
本日は西京極の競技場にて立命館大学と同志社大学と合同で、
9時から開催されたラグビースクール・タグラグビー合同練習会に参加しました。
 
小学校5.6年生、3.4年生、1.2年生、幼稚園生の4組のチームに分かれて
それぞれ練習メニューをこなしました。
まず最初に協会の方から説明を受けました。
そして整列した参加者の前で紹介して頂き、練習会開始!
 
立命館大学が担当したのは1.2年生と5.6年生のグループでした。
まずは体操で体をほぐします。
 
そしてボールを持った選手を追いかけてボールを奪うというゲーム
3回生三島はなぜかハーフパンツを脱がされるというハプニングに見舞われていました。
1.2年生の元気の良さに終始圧倒されていました。
 
こちらは大学生をかわしながら、
トライラインまでトップスピードでパスをつなぎトライするといったメニュー。
こうして約1時間半のプログラムが終了しました。
 
朝から大学生もいい汗をかけたのではないでしょうか?
幼稚園生や小学生の無邪気な笑顔に、とても心が洗われました。

 
そして午後からは西京極競技場にて開催された京都ラグビー祭に招待していただき、
同志社大学との試合が行われました。
 
昨日BKCグリーンフィールドで行われたBCDの試合は三戦とも全て惨敗。
Aチームに関して言えば昨年度全国選手権のロスタイムで逆転され1点に泣かされました。
 
ここのところ同志社大学には悔しい思いをさせられっぱなしな立命としては、負けられない一戦。
選手、監督、スタッフ全員が熱い思いでこの試合に挑みます。
 
14:10、立命ボールでキックオフ。
 
 
立ち上がり早々は立命ボールで敵陣へ攻め込みます。
先日、早稲田大学に圧勝している同志社に負けずに力を見せたいところ。
 
しかし前半6分、同志社にゴール前まで攻め込まれ先制トライを許します。
 
16分にはゴール前スクラムからターンオーバーされ同志社2つ目のトライ。




 
22分28分にも立命はゴール前の同志社攻め込みを止めきれず同志社がトライ。
 
28分のトライの後すぐ30分にも、立命のキックオフボールを同志社に取られ、
同志社の動きを止めようと必死にタックルするも勢いを止められず
同志社の自陣ゴール前22メートルからあっという間にボールをゴール前まで運ばれ4トライ目。
 
34分にもゴール前で粘りますが、同志社大学に得点を許します。
 
このまま同志社の勢いは止まらず、
続く37分にもゴール直前ラックより持ち込み同志社のトライ。
 
前半を
立命館0-43同志社と同志社に圧倒的点差をつけられ、折り返します。
 
ハーフタイムで如何にチームを作り直すかに、今後の試合の運命が決まるといっても過言ではない立命。
 
10分のハーフタイムを終え、後半がキックオフ。
 
キックオフ早々、またしても同志社のペースに巻き込まれますが、
1回生山口匠のアタックにより立命館にチャンスが生まれます!!
 
自陣10メートルから敵陣ゴール前22メートルへと陣をひろげます。
 
相手のペナルティを誘った立命は、ゴール前ラインアウトよりモールを形成し押し込みますが、失敗。
FWでラックを重ね攻めこみます。
 
最後はバックスへ展開し、山口匠がトライ!!
 
立命館本日最初のトライです!!
 
 
このままペースを持っていけるかと思いましたが、その後同志社はいとも簡単に2トライを挙げます。
 
これ以上トライを許したくない立命は自陣での苦しい戦いではありましたが、
同志社の勢いを抑えつつ、立命らしい動きを見せられるようになってきました。

 
ですが、やはり同志社に何度もゴール前までボールを持ち込まれ、
後半25分立命は守りきれず、同志社のトライ。
 
キックも成功し、
立命館5-64同志社。
 
大差が開いているのにも関わらず、立命は攻める姿勢を忘れず、同志社に立ち向かいます。
 
そして、試合終了の直前40分。
敵陣ゴール前22m右中間ラックよりパスをつなぎ、3回生古井が中央へトライ!!


 
2回生山田一輝もゴールを成功させ、ここでノーサイド!
 
立命館12-71同志社で立命館の敗戦となりました。
 
この二日間で得たものは、立命にとってとても大きなものだと思います。
 
3月から新チームが始動して2ヶ月が経とうとしている今、
目標としているものに対する壁にぶつかる時期なのかもしれません
 
これからどうチームを立て直し、チームがどこまでまとまれるかにかかっているのではないでしょうか。
 
これから、成長していく過程の中に、今日のような大きな会場ではなく、
グリーンフィールドや他大学のグラウンドでも、
立命の選手が一つになり互いにエールを送り合えるような愛し愛されるチームとなり、
全員が全力で一つの目標に向かっていける様なチームになっていきたいと思います!

 
そんな本日のプレイヤーズプレイヤーは
1回生山口匠!!
「プレイヤーズプレイヤーに選んで頂きありがとございます。
今日の負け、点差を受け止め今後の練習に励んでいきたいと思います。
最後に笑って泣けるよう頑張っていきます。
応援ありがとうございました。」

 
春シーズンはこれからまだまだ続きます。
来週もBKCグリーンフィールドで天理大学と3試合が行われます
是非、応援に駆けつけ、選手にエールを送ってください!
 
 
今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

スポーツドリンクの差し入れが届きました!

[御礼] 投稿日時:2015/05/24(日) 08:33

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
今日はいつも応援してくださっている方々に、お礼をしたくてブログを書きます。
 
先日、差し入れについての記事を書きました。それを見てくださった方々がこのようにスポーツドリンクの差し入れをしてくださいました♪


OBの川井さん、大賀さん、駿さん、尚さん、OGの千瑛さん、保護者の小原さん本当にありがとうございます!
他にも差出人のわからない差し入れが届いていました。
お礼をしたいので、名前の挙がっていない方がいらっしゃいましたら、ブログからでも学生スタッフに直接でもいいのでぜひ教えてください(^-^)

 

スポーツドリンクは毎日50Lほど作り、選手が飲んでいます。夏に近づいて徐々に暑くなり、飲む量も増えてきました。普段から支援していただいているのは重々承知ですが、まだまだ皆さんの支えが必要です!選手みんなが怪我なく元気にラグビーをするためにも、ぜひ力を貸してください!よろしくお願いします。
 
今日は朝からメンバー外のウエイトをした後、午後からは西京極競技場で立同戦が行われます。
よろしければ会場まで応援しにきてください!(^-^)今日も一日頑張ります!

VS同志社BCD

投稿日時:2015/05/23(土) 12:51

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
本日はBKCグリーンフィールドにて同志社戦BCDが行われました。
明日に立同戦を控え、勝ちへの流れを掴むためにも勝利を納めるべき大切な一戦です。

一試合目、Bチームが12:00にキックオフ。



開始早々に相手に先制トライを許してしまいます。

その後も同志社の流れに圧倒され、連続で4トライを決められ点差が開きます。
そして前半27分、敵陣ゴール前中央スクラムより右に展開し、13東が右端トライ。
苦しい中での立命の最初のトライを決めます。
その後も相手に責められる場面も何度も見られますが、 前半38分、自陣ゴール前22メートル中央にて、11小川優がターンオーバーよりそのまま独走し、中央トライ。
立命 14-28 同志社で前半終了。



まだまだ逆転の可能性がある点差。
立命は責めの姿勢で後半に臨みます。

なんとしても点差を埋めたい後半戦、敵陣に攻めこむ立命館は 後半17分、
ハーフライン 右中間ラックより左にパスを繋ぎ、2原山が左端トライ。

そして続けて後半20分、敵陣ゴール前10メートル右端ラックよりパスを繋ぎ、7中村中央トライ。
2点差まで点差を詰め寄った立命。
なんとかトライを決めたいところですが、相手に連続2トライを決められ 立命 26-40 同志社 で試合終了。

点差を詰め寄った場面もありましたが、 悔しい結果となりました。


続くCチームが13:40キックオフ。


パスミスなどのミスが見られ、自陣に攻めこまれ 前半18分、
自陣ゴール前22メートル左中間より相手にインターセプトされたボールでトライを許します。

その後は敵陣に滞在する期間は長いものの、なかなか取り戻すことのできないまま 前半26分のトライを始め、
連続で3トライを決められ、 またしても同志社リードのまま前半を終えます。

両チームとも若干の疲れも見えはじめます。

ここで疲れを出してはなりません。


ハーフタイムで気持ちを入れ直し後半に挑みます。

後半7分、敵陣ゴール前5メートル右ラインアウトに持ち込み、モールを押し、2江口持ち出し右中間トライ。
その後、攻めこまれラックより持ち出しトライを許します。

立命館は敵陣に攻めこみ、トライのチャンスもありますが、なかなかトライを決められず苦しい状況が続きます。
再び立命は敵陣のゴール前に攻め込みますが、相手の度重なるペナルティにより、認定トライ。
ここで21-27と点差を縮めます。

ここから巻き返しを図り、逆転したい立命ですが、
37分に同志社がゴール直前に展開しトライを奪われ21-34とされ、試合終了。
 
続いてDチームがキックオフ。


なんとか勝利をおさめて、明日の試合に繋げたいところですが、
立命は開始早々トライを奪われまたしても流れを掴みきることができません。

そして流れを変えることが出来ないまま、ずるずると点差が広がっていき、
0-41と大幅リードされ、前半を終えます。



後半なんとか盛り返したい立命ですが、勢いに乗る同志社を止めることは出来ません。
 防戦一方の立命は、1トライも奪えず0-72で試合終了。

明日に向けて勢いをつけたいところでしたが、勝利をおさめることはできませんでした。

本日のPlayers Playerは...

Bは4回生玉置
「プレイヤーズプレイヤーに選ばれて嬉しいです。しかし、チームとしては負けてしまったので来週の試合では勝てるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします。」

Cは4回生小原
「ありがとうございます。
個人的にもチーム的にも課題のたくさん残る試合だったので、春シーズンのうちにできるだけ消化できるよう頑張ります。」

Dは2回生長谷川
「プレイヤーズプレイヤーに選んで頂きありがとうございます。
個人的にミスも多かったのですが、こだわってきたタックルなどで勝負ができたことは良かったです。
ただ、試合は完敗してしまったため、理解力を上げると同時に、もっとチームのためになるプレーを増やしたいと思います。
応援ありがとうございました。」
 
 
明日は西京極陸上競技場にて、同志社大学A戦があります。
今日の悔しさを晴らすためにも、チーム一丸となって同志社に挑みますので、
是非会場に足を運んで頂き、熱い声援を送ってください!


本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

vs京都大学

投稿日時:2015/05/16(土) 18:19

 
 
いつもブログをご覧下さりありがとうございます。
 
今日は京都大学宇治グラウンドにて京都大学と定期戦が行われました!
 
ファーストジャージを初めて着る選手が多い試合だということもあり、
開始前のアップには、緊張した面持ちの選手たちが多かったように思います。
 


14時に立命のキックオフで試合開始!
 
最初に流れをつかんだのは立命。
3分と5分に続けてトライを決めます。
その後も10分、20分、22分にトライを奪い、一気に点差を引き離します。
 

 
その後、一本トライを返されたものの、
ペースは立命館が握ったまま、前半を59-5で大幅リードして折り返します。
 
後半も立命の勢いはとどまるところを知りません。
 
柴原の二連続トライで、立命はさらに京大を突き放します。

 
後半39分にはゴール前ラックから持ち出されトライを許しますが
その後は2本トライを返します。
 
97-12で試合終了。

本日のPlayers Playerは...
3回生角野。本日が怪我からの復帰戦でした。
久しぶりの試合だったので、緊張しましたが、
思ったよりいいプレーや繋ぎ目もしっかりしてトライを取れていたので良かったと思います。
その分、
ちょっとしたミスも重なっていたので、みんなで修正していきましょう。
応援ありがとうございました。

 
そして試合終了後には、レセプションが行われました。
両校入り混じって談笑を楽しみました。

 
その後は両校の部長、監督、ゲームキャプテンの挨拶があり、
今後の両校の検討を祈って、レセプションは終了しました。

 
京都大学さん、このような素晴らしい会を開いていただき、ありがとうございました。
 
本日は午前中に雨が降り、とても悪いコンディションの中での試合となりましたが、
無事勝利を収めることができました。
足元の悪い中、会場まで足を運んでいただきありがとうございました。
アウェーでの試合であったため、とても心強かったです。
 
京大とは、闘うリーグは違うものの、今後の春シーズンを戦う上で、
勉強になったことが沢山ありました。
お互いが目標を達成できるように、これから切磋琢磨していければと思います。

本日の応援、本当にありがとうございました。

 
«前へ