大きくする 標準 小さくする

Staff Blog 2016/10

<<前へ

10月29日Jrリーグ第6戦 vs 天理大学

投稿日時:2016/10/29(土) 18:09

こんばんは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はBKCグリーンフィールドにて、天理大学とJrリーグ戦第6節がありました。
まずはD戦からです!
 
開始早々立命はテンポよくアタックをするものの、
ミスが続きなかなか敵陣に攻め込むことができません。
 
天理大はそのミスからのスクラムで圧力をかけ、どんどんと攻め込みます。
 
 
 
すると前半12分にゴール前スクラムを押し込みラックをつくると
そのままFWが持ち出しトライ。先制点を許してしまいます。
 
その後リズムを掴み出した天理大はテンポよくアタックをしていきます。
 
立命は粘り強いDFを続けるも、
FWBKが一体となった天理大の得意の形から、立て続けにトライを奪い
立命館D0-24天理D と大きく引き離されます。
 
立命は少ないチャンスで敵陣に攻め込むも、
ペナルティをしてしまい得点することが出来ません。
そのまま得点を奪うことが出来ず、
立命館D0-24天理Dとリードを許して前半終了します。

 
 
 
後半はマイボールをキープし攻撃し続け、トライを奪い追い上げたいところです。
 
ですが後半7分に天理大は前半の勢いそのままにBKが外に展開して左端にトライ。
後半の先制点を許してしまいます。

 
 
 
その後は両チームともなかなか得点を奪うことが出来ず苦しい時間帯が続きます。
 
ですがそんな中、その均衡を破ったのは立命でした。
敵陣まで追い込みプレッシャーを与え続けると、
相手のキックを13岩本がチャージをし、そのままそのボール抑えトライ!
 
続けてその5分後、スクラムハーフからボールをもらった3小林がゲインし、
そのサポートに入った19和田にオフロードパスで繋ぎトライ!
 
立命が続けてトライを奪い追い上げる形になります。
 
ですが終了間際に天理大のモールからトライを許します。
 
そしてそのまま試合終了。
立命館D10-38天理Dで負けてしまいました。
 
最後に意地を見せるも、追いつくことはできませんでした。
 
 
 
続いてvs天理Col.14:10K.O
 
D戦の悔しさを晴らしたいところです。
 
 
 
勝負を仕掛け、果敢に敵陣に攻め込んでいきます。
しかし相手の強力DFを前に、
立命はミスをしてしまいトライを取りきることができません。

 
 
 
天理相手に一歩も引かず固いDFを貫き、天理に思うようなアタックをさせません。
 
  
 
先制を許し、なお追加点を挙げられます。
流れが相手に行く前に1トライでも返したいところですが、
天理の勢いを止めることができません。
 
さらにトライを許し、
立命館Col.0-26天理Col. で前半を終了します。
 
気合いを入れ直し、後半キックオフ。
流れを変えたいところですが、
前に出るDFに苦しみ自分たちのアタックを展開することができません。
 
自陣でのDFが続き、ようやくアタックチャンスがめぐり、
BKの速い展開で打開しようと試みますが、
粘り強い相手DFにはじき返されトライまでつなげることができません。

 
  
最後までトライラインは遠く、ワントライも奪えず試合終了です。
 
 
本日の試合を締めくくるのはJr戦です!
D戦、Col.戦で思うような結果を得ることが出来なかったので
前2戦の屈辱を果たすためにJr戦は勝ちにいきます。
 
しかし、先制トライを取ったのは天理でした。
前半8分敵陣ゴール前22m右ラインアウトモールより8持ち出し右中間トライ
立命館Jr. 0-5 天理Jr.
 
相手のタックルに圧倒され、トライを許してしまいます。
その後は相手のタックルに負けじと果敢に攻め込みましたが天理に連続トライを許します。
完全に相手にペースを握られてしまいます。


 
得意とするセットプレーが思うように出来なく焦りが見え始めます。
ここは落ち着いて修正していかなくてはならない課題です。
それからノックオンが目立ち始めます。
パスを繋いできてここぞという時にパスを繋げなかったらチームの雰囲気も悪くなります。
しかし立命の強みであるスクラムは安定しているでこの調子を保ちたいと思います。

立命館Jr. 0-24 天理Jr.で前半終了です!
 
後半はなんとしてでも点をとりいきます。
0点のままでは終われません。
 
しかし、天理の勢いは増していく一方です。
 
後半も適確な勢いのあるパス繋ぎでトライなるかと思われる場面が多々あったものの
相手のディフェンスが硬く、破ることが出来ませんでした。

 
 
 
最後まで果敢に攻め続けたものの結果は
立命館Jr. 0-48 天理Jr.

本日のplayer's playerは、、、
D戦からは1回生岩本直也
「今回はプレイヤーズプレイヤーに選んでいただいてありがとうございます。
D.col.Jr.
ともに天理に力負けした形になりましたが
この敗北から得られたも
のもたくさんあると思うので
再来週の試合ではそれを生かして勝ち
たいと思います」

 

Col.戦からは3回生山田浩太
今日はPPに選んでいただきありがとうございます。
自分自身まだまだプレーも満足できるものではなく、

チームとしても点を取れなかったのは非常に悔しいことです。
自分に足りないところを考えて、ひたむきにトレーニングしていきます。

Jr.戦からは2回生諸岡洋佑
「プレーヤーズプレーヤーに選んでいただきありがとうございます。
今日の試合は、とても不甲斐ない内容でした。Aの天理戦まであと2週間あるので、
これから修正していきたいと思います。応援ありがとうございました。」


 

今日の試合は天理大学との実力の差があらわれた試合となりました。
立命に優る大学チームは多く存在します。

シーズンが開幕して早1ヶ月、残す試合もあと7試合程度です。
1試合1試合を大切に挑んでいきたいと思います。

 

このままで立命は終わりません。

どんな苦しい状況に置かれても最後まで絶対に諦めません。
立命に追い風がくるように日々練習に励んでいきます。
今後も立命館大学体育会ラグビー部の応援をよろしくお願いします!

 

11/13に次はAリーグ戦で天理大学と天理親里にて
ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第6節が14:00キックオフです。

落ち込んでる暇はありません。
今日の反省を活かして対策を練って挑みます!
会場まで遠い方もいらっしゃるかと思いますがぜひお越しください!
お待ちしております。

今日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました!

 
\今日の試合の写真を更新してます!/
  ☆☆天理大学Jr&Col&D戦☆☆

 

10月23日Aリーグ第4戦 vs 摂南大学

投稿日時:2016/10/23(日) 18:20

こんばんは。

今日は宝ヶ池球技場で2016ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第4節
摂南大学戦がおこなわれました。

今年の目標達成、そして大学選手権に向けてもう負けられない大切な試合となります

 
こちらはアップの様子です!
今日は新しい青の統一ジャージでアップを行いました。
負けられない戦いを前に緊張感のあるアップとなりました。

曇り空の中14:00にキックオフです!

開始早々立命はスクラムからチャンスを作ります。
マイボールスクラムで相手を押し、ペナルティを誘います。

そのペナルティから敵陣ゴール前まで攻め込んでいくと、
10番角野がキックパスをし、7番小原がそれをそのままキャッチ!
先制トライを奪います!




その後立命はスクラムで優位に立ち、相手にリズムを作らせません。
ですが、両チームともミスが多くトライを取ることが出来ず苦しい展開が続きます。

しかし、27分にゴール前スクラムを押し相手にプレッシャーを与えるとまたもペナルティを誘います!
そのペナルティからクイックスタートし14番三島がトライ!

その直後にも続けてスクラムで相手のペナルティを誘い、敵陣に攻め込みます!
その後、ミスをせず連続攻撃をすると、10番角野がゴール前のラックからボールをもらい、裏に抜け出しトライ!



立命は3連続トライで17-0と点差を広げます。

このまま前半終了かと思いましたが、
摂南大学に外国人選手を中心にミスなく攻撃され、トライを奪われ前半を、立命17-7摂南で終了します。


立命は前半スクラムで優勢に立ち本来の自分立ちの流れを作り、得点につなげました。
後半はミスを減らし、そのスクラムからチャンスを作っていきたいところです!


後半キックオフ!

しかし後半開始と同時に摂南大学は前半同様、
外国人選手の強力なラインブレイクからチャンスを作られ、トライを奪われます。

さらにその3分後にもゴール前まで攻め込まれラックから外に展開され連続トライを許します。
これで17-19と逆転されます。

勢いに乗った摂南大学にさらにトライを許し、17-24と点差を引き離されます。

しかし、もう後がない立命は意地を見せます。
18分に敵陣まで攻め込むと、ゴール前のスクラムを押し込みます!
相手のミスを誘い、そのこぼれ球を6番中村が拾いトライ!
ここから立命の反撃が始まります。

前半同様スクラムで相手を圧倒し、ペナルティを誘いチャンスを作っていきます。
するとその6分後にまたもスクラムでプレッシャーを与え相手のミスを誘い、
ラックから高島、中村の連携プレイでトライを奪い、再逆転します!


その後はペナルティゴールを10番角野が確実に決め、34-24とリードを広げます。

再度、摂南大学の反撃を許し、トライを奪われるも、
その猛攻をしのぎ34-29で見事勝利し、リーグ戦2勝目をあげました!

本日のPlayers Playerは...
4回生 FB別府太一です!!

「PPに選んでいただきありがとうございます。
今日は立命の強みである前にでるDFにこだわってプレーしたいと思い試合に臨みました。
しかし食い込まれる場面が多かったです。
そこが大きな課題なので、次節までにクリアしたいと思います。
応援ありがとうございました!」

今日はもう負けられないというプレッシャーの中で選手たちはとても厳しい戦いだったと思います。
そんな状況で勝ち取ることの出来た、価値ある勝利でした。

次のリーグ戦はここまで全勝の天理大学です。
厳しい戦いになることは間違いありません。
なのでこの3週間しっかりと勝つための準備をし、チーム一丸となって戦いたいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました。

\今日の試合の写真を更新してます!/
    ☆☆摂南大学A戦☆☆

 

10月22日Jrリーグ第5戦 vs 京都産業大学

投稿日時:2016/10/22(土) 16:41

こんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今日はBKCグリーンフィールドにて、京都産業大学とJrリーグ戦第5節とcol戦がありました。
まずはJr戦、京産ボールから13:00キックオフです!



前半9分京産にスクラムで押されたのと近場のディフェンスが思うようにいかなかったために
京産に先制トライを許してしまいます。

まだまだゲームは始まったばかりです、ここから切り替えて立命の流れを作りにいきます。
しかしペナルティーが目立ち思うようなプレイができずに苦しみます。



両者一歩も譲らず、トライを許しません。
そんな中、前半22分京産が敵陣ゴール前22m左中間ラックより9-10-12-15左端トライ
その後もトライを決められ立命追い込まれます。
ついに前半36分立命トライ!!
敵陣ゴール前5m右中間にて相手のこぼれ球を18三竹が拾い12藤高にパスしそのまま中央へトライ
ゴールキックも決まりました!



立命7ー21京産で前半終了です。

ノックオンなどの軽いミスが目立つ立命、ミスを改善して後半に繋げます。
早速後半0分立命トライ!
敵陣ゴール前5m左中間ラックより9-22-13広瀬ポスト右へトライ



じりじりと点差を縮めていきます。
この勢いでここから逆転勝利目指します!

後半7分またまた立命トライ!
敵陣ゴール直前右中間ラックより7村佐持ち出し右中間トライ。ゴールキックも成功し、立命館Jr. 21- 21京産Jr.
同点となります。流れは完全に立命です。



と思いきや京産も攻めてきます。
京産のセットプレイに圧倒される立命、ここから連続でトライ許します。完全に京産ペースでゲームは進みます。
相手のBKのスピードについていけず、勢いを止めれず苦しみます。



だが、最後の力を振り絞り、後半40分立命清水駿がトライ!
敵陣ゴール前22m中央にて相手ペナルティーより10清水駿が速攻し中央へトライしました。
結果は思わしいものにはならなかったですが、最後まで諦めず戦いました。立命館Jr. 28-49 京産Jr.で試合終了です。

続いてcol戦、Aリーグ、Jrとやられているため、何としても勝ちたいところです。

序盤からスクラム勝負の展開が続きます!
開始4分相手のペナルティーから9番村上和が素早いリスタートを見せ、15番和田、12番原口に繋ぎ右端トライ!
立命5-0京産
立命幸先よい立ち上がりです!

追加点をほしい立命ですが、ノックオンとペナルティーなどから京産に攻め込まれます。
そして前半16分ゴール前からじりじりと攻め込まれ、同点トライを決められます。
キックも決められたため、立命館5-7京産と逆転されます。

しかし、立命がすぐに取り返します!
前半20分キックオフでのスタートから相手陣に一気に前進し、ラインアウトモールから2番江藤が押し込みトライ!
立命が再びリードします!

その後は立命が敵陣でプレーする場面が続きますが、なかなかボールをキープすることができず、追加点を奪えません。
スクラムが多く、FWの辛抱が続きます。

そして、試合が動きます。
相手ゴール前まで前進した立命でしたがまたしてもボールを奪われ、自陣へ前進され、同点トライ。
キックも決められ、再度逆転されます。
立命12-14京産
ここで前半が終了し、立命は追いかける形でゲームを折り返します。

前半は敵陣で多くプレーをしていた立命ですが、後半は京産に自陣へ前進されます。
立命の必死のディフェンスが続く苦しい状況の中ゲームが動きます

後半12分自陣でのラインアウトから22番、23番、8番と繋ぎ、25番林のパスで11番小川が抜け出し逆転トライ!

立命19-14京産
立命再逆転です!

しかし、その後も自陣でのプレーが続く立命は我慢のディフェンスで何とか堪えます。
敵陣でプレーを目指す立命ですが、遂に京産の猛攻により、ディフェンスを破られてしまいます。
後半29分自陣ゴール前5mラックから9番、10番、20番に繋がれ、同点トライを挙げられます。
立命19-19京産
このままゲームが終わりかと思った後半42分でした!
敵陣でボールを奪い、14番小川が前進すると、ラックから21番福澤が持ち出し、ゲームを決勝トライ!
立命24-19京産で見事勝利を収められました!

本日のplayer`s playerは、、、
Jr戦からは3回生清水駿です。

「プレーヤーズプレーヤーに選んでいただきありがとうございます!
前節の京産戦でAチームが負けているため意気込んで試合に臨んだのですが、終始流れを掴まれたまま、試合を運ばれてしまいました。立命は大事な局面でのミスが目立ち相手を楽にさせてしまったので来週の天理戦までに修正していきたいと思います!次節も応援よろしくお願いします!」

col戦からは4回生小川優哉

「選んでいただきありがとうございます。
AもJrも負けてる中での試合だったので
4回生として勝ちにこだわる試合ができたので良かったです。
試合数も残り少なくなってきましたが少しでも上のチームで出れるように
下のチームから盛り上げていきたいと思っています。
来週からも応援よろしくお願いします。」

明日は摂南大学戦です。
先週の京都産業大学戦での悔しい思いをこの一週間の練習にぶつけてきました。
自分たちのプレーをし、悔いの残らない試合にします。
そして何としてでも勝ちにいきます!!
是非会場まで足を運んで頂き、応援のほどよろしくお願いします!

【関西大学Aリーグ vs摂南大学】
日時:10/23  14:00 K.O.
会場:宝が池球技場

今日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました!!

\今日の試合の写真を更新してます!/
    ☆☆京都産業大学Jr.&Col.☆☆
         

10月16日Aリーグ第3戦 vs 京都産業大学

投稿日時:2016/10/16(日) 17:58

こんにちは。
 
本日は宝ヶ池球技場にて2016ムロオ 関西大学Aリーグ 第3節京都産業大学戦が行われました。
 
昨日のブログでもあったように、相手は既に2敗しておりもう後がない戦い。
立命としても関西制覇~打倒関東~という目標を達成するためには、
大学選手権への切符を手にしなければなりません。
その大学選手権出場をかけた負けられない大切な一戦です。
12:00に立命館のキックオフで試合開始。
 
マイボールで立命はテンポよくアタックを仕掛けゴール前まで攻め込みます。
ゴール前22mにてポイントを作り10番田中がゴール前にキックし
それにうまく反応した7番小原がボールを拾い上げ、先制トライを奪います!!
 
先制点を得た立命ですが、気を抜かずにこのまま得点を重ねていきたいところです。
しかし相手も重量FWを武器に、さらにはBKの展開力を駆使して立命陣内に攻め入ります。
 
 
しかし、相手のFWのラインアウトモールに対応しきれず、
1トライ返され 立命5-7京産 とリードを許します。
 
京産のアタックに翻弄され、ミスやペナルティーが相次ぎ、後半26分と44分に相手にPGを許します。
 
アタックでは、ミスでチャンスをものにすることができず、ディフェンスではペナルティーを繰り返し、
自分たちの首を絞める苦しい展開となります。
 
立命館は我慢のディフェンスが続きますが、反撃の時を待ちます。
そしてついに43分、相手のペナルティーから9番高島がクイックスタートし、
13番礒田が縦に突破!トライを決めます。
10番田中のゴールも成功し 立命12-13京産 となり、前半を終了します。

前半を立命12-13京産で終え、京産におされている立命館ですがここから後半で巻き返したいところです。

後半キックオフ!
後半6分京産に先制トライを許してしまいます。
敵陣ゴール前10メートル中央ラックから9-10-8とつなぎ左端トライ。
 
立命も力強いタックルで攻めますが、相手のスピードの速さに苦戦します。
後半29分、京産がトライ。
ハーフウェイ付近立命がクイックスローで入れたボールを13にインターセプトされ、
そのまま独走してトライを奪われました。
焦りと不安が見られる立命。
自分たちのプレイができるように落ち着いて次に繋げます。
 
しかし、その後も立て続けに京産に攻められ、心の休まる時がありません。
完全に流れは京産モード、ここからは立命のペースに持ち込ませたいところです。
 
相手ペナルティをクイックでスタートしゲインを続け、トライを狙います。
相手トライライン目前まで攻め込みますが相手のインテンショナルノックオンにより
トライまで繋げませんでした。
しかし、このプレーにより相手1番がシンビン。数的に有利になります。
 
すると、その後ラックから18番の金森が持ち出し中央付近にトライ。
ドロップキックでコンバージョンを決め、すぐにプレーを再開させます。
その5分後にもFWが中心となり、トライを奪います。
ドロップキックによるコンバージョンも成功させ、13点差。

ロスタイムでの逆転に希望を残します。
しかし、最後は京産がグランドの幅を最大限に使ってトライ。
立命26対44京産で試合終了となりました。



今日のplayers player は...4回生!小原!!

「ありがとうございます!
今日の試合は全員が前に出てディフェンスをするような立命らしさが足りなかったです。
アタックでもディフェンスでも全員が体を張って勢いに乗れるようなチームになれたらなと思います。
自分もその先頭に立って引っ張って行けたらと思います。
試合毎に反省して、確実にレベルアップしていきたいです。
また応援お願いします!!」

前半は京産の強力なFWにスクラムで圧倒され、
自分たちの思うようなプレーができませんでしたが後半はうまく修正することができました。
しかし、追いつくことはできず、残念ながら黒星。

落ち込んでいる暇はありません。
来週は、同じく宝ヶ池にて摂南大学と対戦します。
来週の摂南戦は前半から自分たちのプレーをして勝ちに行きます!!

最後までご覧いただきありがとうございました。

\今日の試合の写真を更新してます!/
  ☆☆京都産業大学戦☆☆

部内マッチ&10月15日Jrリーグ第4戦 vs 龍谷大学

投稿日時:2016/10/15(土) 15:14

こんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はBKCグリーンフィールドにて、部内マッチとJr戦がありました。
ここまで全勝のJr戦、今日の試合も勝ちにいきます。



まずは部内マッチ、10:00キックオフです。
開始と同時に両チームとも、攻め込むも敵陣でペナルティでなかなか自分たちのリズムを作ることができません。
そんな中Dチームが先にチャンスを作ります。
ミスなく敵陣まで攻め込むと13岩本がラインブレイクし、15瀧政に繋ぎ先制のトライをあげます。
ですがその直後、CチームもFWを中心に少しずつゲインを重ね、最後に5沖原がゴール前ラックから持ち出しトライ!
Cチームは敵陣まで攻め込みますが、Dチームの粘り強いDFでミスが続き思うように攻撃することができません。
しかし、22分にBKがテンポ良く展開しゴール前までいくと相手のペナルティを誘い、そこから9畠中がクイックスタートしトライ!
Cチームが連続トライをとります。

しかし、Dチームも負けてはいません。
13岩本が再びゴール前までいくと、最後は10根來がパスダミーで抜けトライ。

その後は両チームとも譲らず激しい攻防が続きます。

そのまま前半終了かと思いきや、DチームのFWがゴール前までゲインをすると最後は12矢野が鋭いアングルでボールをもらいトライ!



14-19とDチームリードで前半を折り返します。

後半Cチームはミスが続いたため、なかなか続けて攻めることができません。
Dチームはミスなくボールを繋いでチャンスを確実にトライにしています。
後半はCチームはミスを減らして攻撃していきたいところです。
Cチームは平尾のキックオフからの攻撃でビックゲインをし敵陣まで攻め込みます。
しかしDチームも粘りを見せトライを阻止します。
DFからリズムを作ったDチームは、キックカウンターから15瀧政か抜け出し10根來に繋ぎトライ!
しかしCチームも反撃をしていきます。ゲームキャプテンの11宮本が大きくゲインをしてトライし、両チームとも譲らない緊迫した展開が続きます。

この緊迫した展開を破ったのはDチームでした。
後半25分に14小室がステップで相手抜き去り、10根來がトライ!
その5分後には続けて小室が自陣から80mを走りきりトライします!



Cチームも最後に連続トライをとり反撃しますが、ここで試合終了。

29-43でDチームの勝利です!

続いてJr戦、13:00に立命ボールでキックオフ!





キックオフ早々より難なく敵陣へと攻め入った立命は前半5分、相手のこぼれ球を12番福士がキャッチし、1番向仲がそのまま右端へボールを抑え先制トライを取ります!!



その後も自分たちのペースでアタックを続ける立命。
相手の龍谷は必死のディフェンスをするも、ペナルティーが相次ぎまたもや立命にチャンスが舞い込みます!
前半6分、相手ペナルティーを起点にゴール前ラインアウト。そのままモールで押し込み、7番村佐がトライ!
ゴールも成功し、完全にペースを握ります。



そして前半10分にもゴール前スクラムを思い切り押し込みチャンスを作った立命は、ゴール前ラックより2番山口達が持ち出しトライ!



13分にも敵陣ゴール前22m中央ラックより9-4-15とパスをつなぎ5番室岡のトライ!
このまま圧倒してトライを量産したいところ。
しかし、決して気を抜けるわけではありません!
相手も徐々にペースを掴み始め、龍谷のアタックする場面も増えます!
パスをつなぎ大きく攻め込む龍谷でしたが、ここでノックオンの痛恨のミス。
これにより自陣ゴール前22mスクラムとなります。



スクラム勝負では相手を圧倒。
スクラムを大きく押し込んだ立命はそのまま9-10-15-14とパスをつなぎ9番伊佐次が左端へトライ!
もう立命の勢いを止めることはできません!
26分敵陣ゴール前にて中央スクラムを押し込み相手ボールをターンオーバー、9番伊佐次が14番諸岡へパスをつなぎそのままトライとなります!

しかし、龍谷も諦めてはいられません!
龍谷大学に自陣へとゴール前まで攻め込まれピンチを迎えます。
しかし、相手にはミスが目立ち、その隙を見逃さない立命は、相手のボールを12番福士が奪い一気にゴール前。
そのまま10-6とパスをつなぎ、14番諸岡が中央へトライ!

そして、41分にもゴール前スクラムより8-9-12とつなぎ13番阿南が駄目押しのトライ!!



前半を50-0と大きくリードして折り返します!
このまま後半も0点で抑えたいところです!
後半も開始早々より、自分たちのペースで攻め込む立命。
3分に、敵陣ゴール前ラックより9-10-13とつなぎ、13番阿南がトライ!
ゴールも決まり、幸先の良いスタートを切ったかと思いきや…

前半5分、いけるだろうという慢心からか、相手の早いスピードに追いつけず龍谷大学にトライを許してしまいます。
気持ちを入れ替えて前半よりも良いアタックで相手を圧倒したいところ!
しかし、ここから両者譲らぬ攻防戦となります。
後半24分!
この攻防戦を制したのは立命。
敵陣ゴール前22m中央ラックより9-10-22とつなぎ14番諸岡が右中間へトライを決めます!



ゴールも成功し、69-7となります!
このまま攻め続けたいところですが、
試合は中々動きません。再び両者譲らぬ攻防戦が繰り広げられます。
そしていよいよ試合終了となる直前、立命が試合を動かしました!
敵陣ゴール前22m付近右中間にて相手のペナルティー。
そこから12番福士が速攻し、6-10番清水とつなぎ、中央へトライ!!


ここで試合終了。

立命館69-7龍谷で立命館の勝利となりました!

 

 

本日のplayer`splayerは…
部内マッチCチームからは4回生宮本祐樹



「選んで頂いたことは素直に嬉しいですが相手の勢いに呑まれて完敗してしまいました。
来週からもう一度チームを見直して次の試合に向けて頑張りたいと思います。」

部内マッチDチームからは1回生小室誠



「プレイヤーズプレイヤーに選んでいただきありがとうございます。
チーム全員がそれぞれの仕事をしてくれたおかげで試合に勝つことができました。ありがとうございました。」


Jr戦からは2回生諸岡洋佑


「プレーヤーズプレーヤーに選んでいただき有難うございます。
今日の試合は単純なミスが多かったので、そこを修正してこれからもっといい試合ができるよう努力していきたいと思います。
応援ありがとうございました。」


明日に控える京都産業大学戦は「関西制覇~打倒関東~」を達成するためには、
決して負けられない何としてでも勝利しなければならない一戦です。

相手の京都産業大学も、同志社、天理に敗れ後がなく決死の覚悟で臨んでくるはずです。
伝統的にセットプレーを強みとしており、そこにプライドと自信をもっているチームです。

それに対して私たちは強く前に出るDFで相手にプレッシャーを掛けてDFを崩し、
安定感のあるFW陣のセットプレーで前進し、
展開力のあるBKがグラウンドを広く使い多様な攻撃を仕掛けていく
という立命ラグビーで挑んでいきたいと思います。

この大一番でチームが一つになって戦い、必ず勝利を収めたいと思います。
是非会場で選手に熱い声援をよろしくお願いします!!
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 
\今日の試合の写真を更新しています!/
    ☆☆龍谷大学Jr.戦☆☆
    ☆☆部内マッチ☆☆
 
«前へ