大きくする 標準 小さくする

Staff Blog 2016/2

OBの皆さんによる練習指導

投稿日時:2016/02/26(金) 17:16

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

寒かったり温かったりと気温の差が激しくなっており、体調を崩しやすい季節となりましたが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 
立命館ラグビー部では、二部練習が始まりそろそろ二週間となり、
ハードな二部練習のリズムにも身心ともに慣れてきました。
 
さて、本日は午後の練習に立命館ラグビー部2013年度卒OBの庭井さん、嶋田さん、井之上さん、
2014年度卒OBの中村さんが来てくださいました。
他にも2015年度卒OBの岩田さん、大城さんも来てくださいました!
 

 
 


まず、スキルから始まり、スプリットに移りました。
BKは、一対一で個人のアタックとディフェンスの確認をしました。
それからオフロードとアタックのためにウォールドリルで、ゲインラインを意識して練習しました。

最後にタッチフットで、しっかりスキルを実践するようにしました。

OBの井之上さんと大城さんには、個人的に選手と練習の合間に話をして、
アドバイスしていただきました!



FWは、スクラム練習をメインにしました。
フランカーなどはフロントローと一旦別れ練習を行いました。
フランカー陣は、ジャッカルの練習。
OBの嶋田さんに練習を見ていただきました。



フロントローは強く押すための姿勢をタイヤ押しで確認し、
フロントローは横との繋がりとルーティーンを何度もしました。

何度か肩当ててから、最後に全員でライブスクラムに移りました。
OBの庭井さん、岩田さんには何度かスクラムに参加してもらい、
体で選手にアドバイスをしてくださいました!

特に庭井さんにはフロントローの姿勢をチェックしてもらいました。
フロントローのクラウチング方法が今日の練習で大きく変わりました!

今も現役で活躍していらっしゃるOBさん達のコーチングを受け、とても中身の濃い練習時間となりました。

本日教わった内容を今後の練習にもつなげていき、春シーズンで力を出せるよう、
まだまだ続く残りの二部練習の期間では、意味のある練習をし、シーズンに向けてしっかりと基盤を作り上げていきます。

本日はお忙しい中、グリーンフィールドまでお越しくださり、ありがとうございました!
 

ソンさんが来てくださいました!

投稿日時:2016/02/17(水) 11:05



こんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

新チームが始動してまだ日は浅いですが選手は日々厳しい2部練習に明け暮れています。

本日は、新チームが始まって初のスクラム練習になりました。
まず中林監督から去年のスクラムでのキープ率やターンオーバーの確率などが発表され、
一昨年よりも圧倒的に数値が上がっていることを発表してもらいました。

そんなスクラム練習初日に三菱重工相模原ダイナボワーズからソンさんがグリーンフィールドまで来てくださいました。
昨年度もこの時期にスクラムを指導してくださいました。

練習試合が始まるまでの2ヵ月間で、
どこまでスクラムの基礎を身体にしみ込ませていくことができるかがとても重要になってきます。

まず一対一での姿勢意識。

それから人数を増やし組み合い。


フロントローは姿勢とバインドの強さ、ロックは、姿勢と押しがカギになります。



最後は、8対8でスクラムを組みました。
久しぶりのスクラムで、選手も感覚を取り戻すのに少し時間がかかりそうです。

スクラムは、短時間で身につけられるスキルではないため、今年もしっかりスクラム練習に取り組み
去年以上の数値を出し、「関西制覇~打倒関東~」の目標を達成したいです!

今日教えていただいたことを忘れず、これからの練習に取り組んでいきたいと思います。

ソンさん本日はお忙しい中お越しいただき本当にありがとうございました!!


 

2016年度立命館大学体育会ラグビー部始動。

投稿日時:2016/02/15(月) 20:41

こんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、長期オフが終わり2016年度の立命館ラグビーが本日より始動しました。

四回生が引退し、その後に残されたメンバーでの新体制が始まります。
しかし、新体制についてはまだ模索中であり、チームはミーティングを重ね、
目標に、関西優勝~打倒関東~を掲げました。
 

そこで、2016年度の立命館ラグビー部をひとつにまとめていく主将として高島理久也。
主将を支えてチームをまとめていく副将の一人として江口晃平がその立場に就くこととなりました。

挨拶とともに、今年度はチームに対しても自分自身にも厳しさを持ち、
規律を大切に活動をしていこうというチームの方向性を示しました。

また、今年度のラグビー部には指導者が足りないということで、チームのために選手から
指導者側として学生コーチを務める覚悟を持って手を挙げた選手が、柴原優人と三木匠実の二名でした。



この四名がチーム全員の前でその決意と覚悟を表明し、チームの体制を示しました。

新チームとしてはまだしっかりとした体制は立てることができていない現状ですが、
しっかりと新体制を固め、目標達成に向けて全員が同じ気持ちで進んでいくことが大切です。
そのためにも、幹部だけでなくチームの一人ひとりが自覚と責任を持ち、
全員が1つになる必要があります。

そして、ミーティングの後は気持ちを新たにする意味を込め、毎年恒例の大掃除を行いました。
各学年で掃除場所を分担し、それぞれ一年間練習、活動を行う場所を自分たちの手で掃除し、
その後、身体測定を行いました。
午前が終わると、午後の練習が始まるまで昼寝の時間が設けられ、各自がしっかりと睡眠の時間をとると、
午後からは練習に入り、新チームでの初練習です。

オフ期間とは一転して気持ちを切り替え、チームが1つの目標に向かって踏み出しました。

新四回生となったメンバーは練習後に回生ミーティングを開き、最上回生となった自覚を持ち、
一人ひとりが自主性と責任感を持っていこうと全員で意識を確認しあいました。
また、新四回生にとってこの一年は大学ラグビー、そして大学生活最後の年となります。
それぞれにとって人生においても心に残る大切な一年になると思います。
そういった想いを胸にチームが今年度を切り出しました。

立命館大学体育会ラグビー部は皆様に愛され、応援されるチームでありたいと思っております。
この一年もどうぞ応援の程、よろしくお願い申し上げます。
 

ブログ最新記事

コメント一覧

ナイキ エアマックス95/トレーナーのお仕事(03/13 20:04)
ナイキ エアマックス90/トレーナーのお仕事(03/07 10:19)
エアマックス95/トレーナーのお仕事(03/07 01:37)
コーチ 財布/トレーナーのお仕事(02/22 12:36)
エアマックス2014/トレーナーのお仕事(02/18 16:39)