大きくする 標準 小さくする

Staff Blog 2019/3

<<前へ

秀さん最後の指導

 written by 奥 英理乃 投稿日時:2019/03/29(金) 17:14

こんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は、2017年度よりストレングスコーチとして立命館大学ラグビー部を指導して下さった齋藤秀コーチの
最後の練習日です。

階段トレーニングやウエイトトレーニングなど秀さんがいつも指導して下さった練習は、この日になる以前にラストを迎え、選手はきつい練習ながらもみんな楽しそうにしていました!



今日の練習でもいつものように声を張って指導してくださいました!
秀さんの声を聞けなくなると思うと、本当にさみしいです。




そして、最後にお世話になったコーチが去るときの恒例行事であるガントレットを行いました!
秀さんの母校である大阪桐蔭高校出身の選手に、秀さんがタックルを決めます!

4回生・新居

その後、各学年から秀さんへプレゼントを渡しました。

2回生・江良、3回生・西辻、野村


4回生・向仲

秀さんからコメントを頂きました。

「立命館大学関係者様、ラグビー部OB会、保護者会の皆様、中林監督はじめコーチ、トレーナーの方々、常日頃からご支援いただいている方々、2年間本当にお世話になりました。
社会人一年目から、この素晴らしい環境、チームで仕事をさせていただいたことをとても感謝しています。2年という短い期間ではありましたが僕自身得られた物はとても多く、この先の仕事のみでなく人生で活きてくると思います。本当にありがとうございました。」

年が近いということもあって、選手と一番近い距離で指導して下さった秀さん!
ウエイトやフィットメスでは、秀さんの指導のおかげで実際にウエイトの数値が上がったり、
足が速くなったと言っている選手ばかりでした。
秀さんが立命館大学ラグビー部から離れてしまうのは本当にさみしいですが、秀さんに教わったことを糧にして、
成長した姿を見せられるようこれからも努力していきます。
新しい環境に行かれても秀さんらしく頑張ってください!
ラグビー部一同応援しています。いつでも遊びに来てください、GFで待っています!


秀さん、今まで本当にありがとうございました!!


最後までブログをご覧いただきありがとうございました!

佳乃さんがグラウンドに来て下さりました。

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/27(水) 16:27

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日午後より、2017年度卒の竹内佳乃さんがグラウンドに足を運んでくださりました。
佳乃さんは、現在Honda HEATでアナリストとして活躍されています。

女子スタッフがプロとして社会に出ることは、
立命館大学ラグビー部の中でも史上初です。


今までラグビー部で取り組んできたことを社会に出ても活かせることを
示してくださった第一人者です。
これは、女子スタッフにとって良い風を作ってくださりました。

仕事でお忙しいところ、グリーンフィールドまで来ていただきました。

午後のウエイト後に1回生がグラウンド練習しているところを見ていただきました。

こちらは、アナライザー兼チームレフリーの齋野と師弟関係が示されている写真ですね(笑)
しかし、こんな写真ですが、実際はとても仲が良い2人!


アナリストととして尊敬している佳乃さんに来ていただけたことによって
4回生・齋野にとっても良い刺激を受けたことだと思います。

佳乃さん!
遠いところからはるばる、来ていただいてありがとうございます。
これからも、honda HEATでご活躍することを心から祈っております。


本日もブログをご覧いただきありがとうございます。


 

新入生練習参加&4回生卒業

 written by 奥 英理乃 投稿日時:2019/03/21(木) 10:30

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

気温も温かくなり、もう3月も終わりに近づいている頃
3月19日より、新入部員が練習に参加し始ました。


大学という新たな一歩に皆緊張している表情を浮かべていましたが、
強い意志を抱いて大学でもラグビーを続けることを決断したかと思います。


そして大学の練習が4日目になります。
高校生の時とは、レベルも練習量も違うはずで、
新たな環境で慣れない生活です。
疲労もたまってきたことかと思いますが、
楽しくラグビーできるように早く慣れてほしいですね。

今日は、午前からスキルとSplitを中心に練習していきます。

まだ、緊張しているように見えますが、
声を出し盛り上げている選手もいました。


1回生を教えているのは、新4回生の齋野アナライザー兼チームレフリー兼学生コーチです。
的確なアドバイスで指導しています。




午後は、ウエイトトレーニングをしてミーティングをし、終了です。


日々の練習お疲れ様でした。


そして、今日3月22日は、BKCの卒業式がありました。
数人の4回生が、式後にグラウンドまで顔を出しに来てくださりました。
みんな揃ってスーツ姿が似合います。

チーフトレーナーであった加藤の袴姿とても美しいですね!

4回生の皆さん!
ご卒業おめでとうございます。
このラグビー部で築き上げた忍耐力、精神力で
4月からの新たなステージで頑張ってください。

後輩一同で、4回生のご活躍を祈っております。

本日も最後までブログをご覧頂きありがとうございました。





 

3月17日 卒部試合&2018年度納会

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/17(日) 12:51

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は2018年度最後の行事である卒部試合と納会が行われました。

天気はあいにくの雨ですが、どの学年も気合いが入っています!
 

まずは、4回生vs1回生、その次に4回生vs2回生の試合です

この2試合では両学年共にFWとBKが入れ替わって普段しないポジションでプレーをしたり、
学生スタッフも試合に参加します。




最後に4回生vs3回生です!

こちらは手加減なしの真剣勝負となりました!



試合終了後、集合写真を撮って卒部試合は終了です。

どの学年も試合中楽しそうにプレーをしていました。4回生の皆さん、本当にお疲れ様でした!


午後は2018年度納会が行われました。
最初は広野副部長が挨拶を努めます。

次に、岡田OB会長の挨拶がありました。
そして、立命館大学学部の川方学生部長からのお話もありました。
乾杯は佐久間副部長の音頭をとられました。


そして、しばしの歓談の後、OB会よりRookies of the yearと年間player's playerの表彰がありました。
Rookies of the yearとは、この1年間で素晴らしい活躍をした1回生に送られる賞のことです。
Rookies of the yearは木田でしたが、同じくAリーグに出ていた、藤井、百地、宮下、平尾も素晴らしい活躍をしていたということで、敢闘賞を受賞しました!
なお、納会の日には、木田、藤井、百地は不在の為、納会では宮下、平尾の表彰のみとなりました。


年間player's playerとは年間で行われる練習試合を含めた全ての試合の中で、プレーをしていた選手たちが、選ぶMVPのことです。
今年のplayer's  player4回生・山口匠です!


次に、中林監督、大西コーチ、松本さん、成田さんからの挨拶があり、
そして、最後に今年度をもって退任されることになった、S&Cコーチの斎藤秀さんからも挨拶がありました。

次のステージでも頑張って下さい!

次に、保護者会会長からの挨拶と記念品の贈呈がありました。
保護者会会長の挨拶は4回生・古川主将のお父さんにしていただきました!
その後、卒業生へのムービーを見た後、
今年度の副将・田中健登の挨拶


今年度の主将・古川聖人の挨拶


そして、来年度の主将・片岡に代わって副将・横井の挨拶がありました。
最後に新4回生・横井副将の発声で部歌を斉唱し、式を締めくくりました。


今日で4回生は卒部となります。
私たちは今年度の4回生を追い越せるように、新チームの目標である「BEST8」に向かって日々努力していこうと思います!



最後までブログをご覧いただきありがとうございました!

選手から学生スタッフへ

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/14(木) 16:17

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

2月18日に改めて新体制となった立命館大学ラグビー部ですが、
これを機に正式に選手からスタッフに転向したチームメイトが2人います。
 

1人目は新3回生・小藤大洋です。

選手ではFLを務めていました。そして、今年度より学生コーチとしてチームを支えることを決め、
2月22日よりコーチング留学としてWellightonに旅立ちました

このような決断をするのは大きな覚悟があったと思います。
学生コーチになろうと思ったきっかけ、そして今後の目標を聞きました。

「新三回生の小藤です。自分は今まで選手でしたが今年からコーチとなりました。高校三年時に大きな怪我をして、出し切れずに高校ラグビーが終わってしまい大学でも選手としてチャレンジしラグビーを続けたいと思い門を叩いたのが立命ラグビー部でした。最初の二年間は必死に練習に食らいついてトレーニングを重ねてきましたが、二回生が終わり上回生になるという時にコーチという道を考え始めました。自分の選手としての立ち位置もそうですが、自分の中で何かマインドを変えなきゃこのまま四年間が経ってしまうと思い、新しいチャレンジをしようと思いました。
今までだったら四回生で選手をやめる人が多かったですが、自分はNZに行きたいという思いもあってこの時期にコーチになろうと決めました。NZに留学することで中途半端な知識じゃなくて自分が生で体験した本場のコーチングや、ラグビーカルチャーの知識を得れて、それが自分の自信にもなるしチームにいいものを持ち帰れると思い留学したいと思いました。自分のチャレンジはまだ始まったばかりでどうなるかは正直分かりませんが、チームのためにも自分のためにも学ぶ意識を常に忘れずに頑張ります!」

 

小藤は、4月23日に帰ってきます。
この2ヶ月で本当に色々なことを学び、吸収し
この立命館大学体育会ラグビー部に戻ってくると思います。
一段とたくましくなった姿を見るのが楽しみです!!




2人目は新2回生・稲西輝紀です。


選手としては小藤と同じ、FLを務めていました。
稲西は今年度より、学生レフリー兼アナライザー兼学生コーチという3つの役職につきます。
1年間選手としてやってきた稲西ですが、稲西にもこの決断をしたきっかけ、今後の目標を聞きました。

「いつも立命館大学体育会ラグビー部を応援していただきありがとうごさきます。新2回生の稲西輝紀です。
この度、レフリー、分析、学生コーチを務める事になりました。1年間選手をやってきて、選手のために活動しているスタッフに憧れてスタッフになる事を決断しました。選手を1年間経験した事で選手としての目も持つことができました。選手をやったからわかることも多くあると思います。それを少しでも多くスタッフとしてチームに還元していけたらと思います。これまでと違う形ではありますが、チームの勝利のために活動していきます。これからも立命館大学体育会ラグビー部をよろしくお願いします。」


今現在学生レフリーを務めているのは新4回生・斎野翔の1人ですが、稲西が学生レフリーを志願してくれたことで、今後の立命館大学体育会ラグビー部の練習の質はさらに上がることと思います。



この2人の選手のように、立命館大学体育会ラグビー部に入部した選手のなかでも学生スタッフとしてチームに貢献したいと思って転向を決める選手もいます。
そしてこの2人の決断は、確実に立命館大学体育会ラグビー部の力になります。
この2人を加えた14人の学生スタッフで、これからも立命館大学体育会ラグビー部をサポートしていきます。
今後とも応援の程よろしくお願い致します!

本日は最後までブログをご覧いただきありがとうございました!

«前へ