大きくする 標準 小さくする

Coach Blog

<<前へ次へ>>

What are you gonna do?

 written by 赤井 大介 [RitsAction2014] 投稿日時:2014/12/25(木) 16:04



Merry Christmas! こんにちは!赤井です!世間はクリスマス一色ですが皆さんはどうでしょうか?

さて、早速ですがこの写真なんだと思いますか?いきなりそんなん言われてもただのグランドだと思う人がほとんどだと思います。そうです、これは立命館大学ラグビー部のグランドです。

この写真は昨日、24日のクリスマスイブの練習終了後、誰もいなくなったグランドです。夜の8時過ぎ、気温はおそらく5度以下でとても寒かったです。選手達が練習している時は、体から湯気が出ていました。

この日で本格的な全体練習は終了。明日のチームランはメンバーのみの練習です。ということは、このグランドで今年の4回生が揃って練習するのは、昨日で最後だったのです。一昨年、昨年は最終戦までに準決勝進出のわずかな望みがあったので、最後の練習という自覚は誰もなかったのではないでしょうか?まだ先はある!とみんな言い聞かせてたと思います。

ただ、今年は違います。勝とうが負けようが、先には進めない事は確定しているのです。なので、先程も書いたように今年の4回生が揃って下級生と練習する機会は最後でした。今後、昨日や、これまでのように4回生が揃って練習する機会は恐らく二度とないでしょう。4年間仲間と共に汗を流した、このグランドで練習するのは昨日が最後だったのです。



4回生のみんな、夜のグランドの雰囲気ちょっと思い出してみて。シーズンが深まるにつれ、気温も低くなるし、だんだん寒くなるやんな。でも、あの冷え切った空気の中に、なんとも言えない緊張感であったり、試合への高揚感が感じれる。そして、みんなの体からは湯気が上がり、神秘的な光景にすら思える。俺はそんな夜のグランドの雰囲気が大好きやねん。

もう今年の4回生と一緒にあの雰囲気の中で練習することはでけへん。寂しい。


同志社大学との最終戦。みんながどういった「Action」を下級生に残すのか?


What are you gonna do?


4回生の覚悟、期待しています。



P.S 明日、RTCの聖地である立木観音へ必勝祈願に行きます!参加は自由!希望者は"走れる格好"で朝7時にクラブハウス前集合!#RitsFinalAction2014



必勝祈願の一例












 

4回生のチカラ

 written by 赤井 大介 [RitsAction2014] 投稿日時:2014/11/01(土) 23:59

こんにちは!赤井です!朝晩も冷え込んできました今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?今回は長くなるので2日ぐらいに分けて読んでください(笑)

早いもので今週末で2014年度関西リーグ戦も第4節を迎え、折り返しを越えます。ここまでは2勝1敗と4位に甘んじておりますが、ここからの巻き返しに期待したい所です。と他人事のような言い方をしてしまいましたが、実際にグランドで試合、練習をするのは選手達自身ですので、彼らの頑張りに期待するしかありません。

少し話は変わりますが、私がコーチ初年度(落合主将)であった2年前に、同志社の山上監督とお話した時に言われていたのですが、「学生スポーツは4回生の影響が大きい。毎年入れ代わる4回生のリーダーシップによって、そのシーズンの出来は大きく左右される」と。その意味が最近すごくよく分かるようになってきました。

というのも、正直言って、ここまでは今年のチームの4回生のリーダーシップには少々物足りない部分がありました。そんな中身を象徴するかのように、春、夏と思ったような結果を残す事ができませんでした。シーズンに入ってからもJr.チーム、Aチームはまだ本来の力を発揮していないように思えます。

しかし、Coltsチームだけは別です。4回生主体で取り組んだエポック合宿以降、5戦負けなしです。特にここ3試合の出来は素晴らしく、Aチーム,Jrチームをも凌ぐ内容です。その大きな要因の一つとして、「4回生の頑張り」が挙げられると思います。

現在Coltsチームが多く所属するBスコッドの練習内容は、4回生が中心となって考えられています。彼らが練習前に話し合い、練習中もドリル前には要点を説明し、練習後、試合後にはレビューして反省する、それを次の練習に活かすといったような流れができています。コーチが何もかも決めるのではなく、彼ら自身が本当に必要と思った事を、お互いに指摘し合って練習に落とし込んで行くので、全員が理解して練習できているのではないでしょうか?

もちろん4回生で最終学年だし、「Aチームに入れないから諦める」「チームの役に立てればいいので自分のレベルアップは二の次にする」といった選択肢がないわけではありません。

それでも諦めずに、下級生をまとめて引っ張りながらも、上を目指し続けていたのが、前節で初のメンバー入りを果たした鳴尾と、明日の試合のメンバー入りを果たした水谷です。2人とも4年間で初めてのメンバー入りです。


左から4番目が鳴尾。夏合宿のこの時点ではColtsチームでした。


一番先頭が水谷です。同じくこの時点ではColtsチームでした。


鳴尾は細かった体を大きくして当たり負けないフィジカルをつけました。フィットネスでは常に先頭を走って皆を引っ張っていました。

水谷は、SHから転向してウイングへ。バック3へのポジションチェンジは簡単ではなかったと思います。それでも持ち前の爆発的なスピードを武器にチャンスを物にしました。

4年間という長い期間の中で、おそらく諦めかけた時期もあったでしょう。それでも我慢して頑張って、この2人は4年間で初めてのジャージを受け取ったのです。私はそんな2人を心の底から尊敬します。一生忘れる事のない選手でしょう。昨年の福本も同じです。

やはり4回生がラスト1年にかける思いは特別だと思います。そうでなくてはいけません。今までの4年間、立命館大学ラグビー部のために捧げてきたのですから。その4年間かけてきた「大切な物」があと数試合で終わりを向かえるのです。そう考えると、まだまだ今の4回生に出来る事は山ほどあると思います。

そーへいはチームを一つに。杉下はチームに勢いとパワーを与える。むーくんは4年間で攻守の要に成長。内に秘めた闘志を前面に!大と洋は声を出し続けてFWを動かし、BKに活きたボールを供給する。ボンギはチームを救うDFをする。駿は最後尾から冷静な状況判断をする。大崎は近場、コンタクトエリアでは圧倒的な存在感を出す。忍は出遅れた分の鬱憤を思いっきりぶつけて来い!尚と仁は冷静にチームコントロールする。そして水谷はColts,Jrメンバーのためとかは考えずに、自分の4年分の思いを思いっきりグランドで出して来い!メンバー外の4回生は声が枯れるほどの応援を!


長くなりましたが、最後に。

昨年のラストゲームになる可能性が高かった明治戦の前に、宇佐美がみんなの前で涙した時に私は思いました「ああ、こいつも4年間頑張ってきたんやな、もっとみんなとラグビーしてたいんやろな」と。


少しでも長くこのチームでラグビーできる様に頑張ろう!


長くなってすいませんでした。明日鶴見緑地でお会いしましょう!


See you tomorrow


みんなの前で決意表明をする水谷。明日、出場する機会があった時にはその日一番の声援を贈ろう!!!


 

2014 関西リーグいよいよ開幕!

 written by 赤井 大介 [関西リーグ] 投稿日時:2014/10/05(日) 08:13

おはようございます!赤井です!私は朝6時に起床、前泊のためホテル内の風呂に朝の6時から入り、サウナと水風呂で身を清め準備万端です!

と、そんな話はどうでもよく2014年度関西リーグがいよいよ今日から始まります!新チームが始動した2月から約8ヶ月、長いプレシーズンを経て、いよいよ今日開幕します!

立命館大学ラグビー部史に残る成績を納めた昨年から、主力選手が卒業し、全く新しいといっても過言ではないチームになった今シーズンのチーム。なんと今日は最大で9人の立命館大学ラグビー部公式戦初キャップ選手が生まれます!

では、栄えある初キャップを獲得する可能性のある選手も含めて紹介します!


試合前のジャージ渡しの儀式。奇麗に並べられた公式戦ジャージです。このジャージを着る選手には部の代表というプライドと責任を持ってもらいたいです。


まずは「ぼぶ」こと渡辺彪亮(1回生)1回生でのスタメン獲得はたいしたもんです!ひょうきんな性格ですが、グランドでは熱くひたむきです!今日も頑張れ!


高島(忍)の怪我により、急遽スタメンの座に抜擢された原山光正(3回生)実力はあるものの、怪我に泣かされ続けてきたこれまでの年月の鬱憤を晴らす活躍を期待します!お調子者なので「シンデレラボーイ」になると豪語していました!緊張するとは思いますが、思いっきりぶちかましてこい!


センターでの出場経験はあるものの、フランカーに転向して1年目で層の厚い3列のスタメンを獲得した南友紀(3回生)物怖じしない性格で、ありえない突破をします!今シーズン大爆発する可能性もあります!後は、ひたむきに常に動き続けるプレーを!


井之上明(現ドコモ)の穴を埋めれるか?三輪貴将(2回生)持ち前のスピードで相手を翻弄してもらいたいです!彼が活躍すれば試合を有利に進める事ができるはず!


これまた層の厚いセンターのポジションを1回生ながら獲得した山田一輝。セブンスでユースオリンピックにも選出された経験を生かすと共に、コンビを組むボンギ(市原)と2人で鉄壁のDFを生み出してくれるはずです!


そして、今シーズン最も成長したといっても過言ではない宮田遼(3回生)安定感のあるプレーに加えて、決定力もついてきました!今日も後方からの指示、チームへのカツ入れを頼んだ!


ここからはリザーブ選手になるので、試合内容によっては出場しない可能性もありますが、初キャップを獲得する可能性が大いにあるので紹介します!


ぼぶと同じく1回生の藤野佑磨。練習中から大きな声でチームを鼓舞する姿は1回生と思えないほどです。プレーでも大暴れを期待します!


3回生の上野貴之。地道にですが、コツコツと成長してきた選手です。怒った事も多々ありますが、彼の見せる弾丸タックルは鳥肌ものです。是非今日も見れる事を期待してます!頑張れ!


実力は1年時から評価されながら、公式戦は初めての小原稜生(3回生)体を張ったプレーでチームに勢いを与えれる選手です!昨年の悔しさを今シーズンは存分に晴らして欲しいですね。期待してるぞ!


最後は西村キャプテンから開幕戦への想いと、覚悟をみんなの前で伝えました。




さあ、もう言葉は要りません!今日は思い切ったプレーを!


Let`s go boys!!!

 

いよいよ2014関西リーグ開幕!と菅平合宿「山登り編」

 written by 赤井 大介 投稿日時:2014/10/02(木) 11:45

こんにちは!赤井です!前回はJr,Coltsの開幕戦前という事でブログを書かせていただきましたが、今週はいよいよAチームの2014関西リーグが開幕します!先週末のJr,Coltsは揃って見事近畿大学に勝利!今週末は、昨シーズン苦杯を嘗めさせられた関大Jrとの試合です!この試合は、Aチームの開幕戦の前日にGFで行われますので、勢いをつけるためにも前日に勝利しておきたい所です!是非多くの応援よろしくお願いします!

ということで、前回に引き続き小ネタですが、今回は菅平合宿で行った「山登り編」です!4泊5日という短い日程で行われたこの合宿でしたが、例のごとく毎朝早朝トレーニングを敢行しました!


朝の6時に正面玄関集合です。この日はもうすっかりこのブログではおなじみの茶木アナライザー(4回生)とバイスキャプテンでこの時はケガ人だった山中駿(4回生)です。駿は今週末のJr戦で怪我後初めてのスタメン復帰なので頑張って欲しい所です!


あの小高い丘の上を目指します!


登るとまあまあ急です。走れる所はもちろんダッシュで登ります!


遅れだす茶木


駿はかなり先まで登っていますね!


頂上のリフト乗り場で記念撮影。朝焼けの奇麗な景色が見れました!


これは次の日ですね。前日登った丘の隣に、さらに高い丘というか山があったので、そこに登りに行きます。


この日は前日に、好調であったにも関わらず怪我をしてしまった稲川(3回生)も参加です!現在は復帰しているので、早くAチームに絡むような活躍をして欲しいですね!



なかなか険しい道のりが続きます!


中腹で一枚。この時点で、昨日よりも標高は高かったのではないでしょうか?



更に登ります!


頂上に着きました!標高は1649メートルありました!


冬場はスキー場の一番上のスタート地点にもなっているみたいです!

ということで、最近ただの山登りブログみたいになっているので、次回は別のジャンルの小ネタを用意しておきます!



何はともあれ、今週末は全チームが揃って勝利できる事を期待しています!特にAチームは立命館大学ラグビー部の代表としてのプライドをしっかりと持って、自信溢れるエキサイティングなプレーを見せてください!


では、今週末は花園ラグビー場でお会いしましょう!


 

いよいよJr,Coltsリーグ開幕!と2014 Rits Summer Camp「山登り編」

 written by 赤井 大介 [TUFF 通信] 投稿日時:2014/09/26(金) 14:17

こんにちは!ご無沙汰しています!赤井です!

いよいよ今週末からJr.リーグ、Coltsリーグ。来週から関西リーグが始まります。待ちに待ったシーズン到来です!今年は、昨年度関西リーグ王者、ディフェンディングチャンピオンとして関西リーグ2連覇を目指しているのですが、去年は去年、今年は今年。昨年度の成績に左右される事なく謙虚にひたむきに一戦一戦大事に、アグレッシブに戦っていきたいと思います。

さて、夏合宿の小ネタ集の続きという事で、合宿中に登った「仁頃山」のトレッキングの様子を写真と共に振り返って行きたいと思います。今年は何回か登るチャンスがあったので、日にち別に紹介します。


この日はあいにくの雨。それでも現地に向かいます。


まあまあ雨脚が強かったので、川もこのように流れが強くなっていました。


この日登ったメンバーです。当時ケガ人だった、西山(4回生)、玉置(3回生)、沖原(2回生)です。今では3人とも復帰して元気に練習しています!


さあ出発です!いきなり厳しい坂道が続きます。



二合目で早くも遅れるKENT(沖原)


こんなにちっちゃくなっちゃった!


なぜか三合目で記念撮影。満足した表情をしていますが、先はまだまだあります。


玉置と西山は軽快に登って行きます。


ようやく五合目で追いついたようですね。


まだまだ続きます!


頂上が近づき、ペースも上がってきました!


やりました!頂上に到達です!


しかし、麓は霧のため何も見えませんでした。。。。


せっかく登ったので、記念撮影。この時3人は、数日後にまたここまで登らされるとは思ってもいなかったでしょう。

仁頃山にはいくつかのルートがあり、この日3人が登ったのは1番ポピュラーで登りやすいコースでした。

その数日後に菅野コーチと私で、一番キツくて長いコースの下見に出かけました!


あまり登る人がいないためか、山道が整備されておらず、至る所に足首ぐらいまでの雑草が生えていました。


斜面も急だった為、苦戦する菅野コーチ。


途中にはこのような橋もありました。ビビり大木まくる菅野コーチ。



写真では分かりづらいですが、相当急で、歩きづらい斜面でした。


しかし、長く急な斜面を登り終え、尾根にでると最高の景色が待っていました!!!


頂上までは、普通のコースの2倍以上の時間がかかりましたが、尾根に出てから頂上まで縦断する際に見えた景色は感動でした。今回は時間の関係でボツになったこのコースですが、来年度の合宿では実現させたいと思っています!




そして、いよいよラストは合宿最終戦の筑波戦の直後に、サプライズで敢行しました!


Aスコッドは試合直後であったため、先にBスコッドが駐車場で待機。段取りもあまりうまくいかず、不満気味の選手達。


それでも出発したら関係ありません!この日は各チームのユニット別でチームを組みました。写真はDチームFW。



まだまだ余裕を見せるBK陣


暑くなって来たのか、上着を脱ぐ選手も出てきました。


一糸乱れぬ隊列を組み、先頭で頂上を目指すDチームFW。自作のかけ声まであり見事なチームワークでした!


1着でゴールしたDチームFW。感動しました!なんだかんだでいい顔しています!
2位のBチームBK、隠れ登山好きの冨岡コーチもいてますねー!


BチームFW


AチームBK、1回生の竹内トレーナーもいますね!たくましい!


DチームBK


CチームFW


CチームBK


最後はAチームFWでした!勝木トレーナーもいますね!激しい試合を終えた後にTUFFな挑戦でした!

チーム別の写真を見て、「あー、この時はこのチームにいてたんやー」と思う人もいるでしょう。ほんの2ヶ月弱前です。まだまだ上のチームを狙うチャンスはたくさんあるという事を忘れずに!



というわけで、全チームの登頂を待って、全員で部歌斉唱です!


頂上には霧がかかっており、麓の景色は全く見えませんでしたが、部歌は仁頃山に響き渡っていました!


そして、下山時には時間が遅くなってしまって、かなり暗くなっていました。真っ暗で足下も見えないような状態の中、下の写真のメンバーは走ってゴールしていました。真の”TUFF”メンバーです!!!


頼もしいメンバー達です!今シーズン大活躍する選手がこの中から多く出てくるでしょう!!!




というわけで、2014年度の夏合宿仁頃山登山は終了しました。最初は不満顔していた選手達も多くいたのですが、頂上に着いた時にはみんないい顔をしていたのが印象的でした。

昨年も今年と同じような天気で、先頭チームがゴールした時には霧で何も見えなかったのですが、全チームが登頂した時には見事に晴れて麓の景色が奇麗に見えました。


昨年の写真。後ろの景色が奇麗に見えています!


今年は残念ながらそうではありませんでした。ただ、天気が悪い日に登っただけと考えてしまえばそれまでですが、まだまだチームとして完成されていないのが景色にも現れていたのでは?かなり苦しい理由付けですが、まだまだこのチームには個人、チーム共に伸ばしていかなくてはいけない部分があると私は思います。


冒頭にも書きましたが、「去年は去年、今年は今年」です。とはいえ去年のチームを越えたいと思うのは、今年のチーム全員思っている事であると思います。去年TOP4直前で負けた悔しさも忘れてはいないと思います。

ですから、この写真のように最後にいい景色が見れる様に、明日から1戦1戦、A,B,C,Dどこのチームに所属していようとも、最後まで諦める事なく努力し続けましょう!そうすればきっとシーズン最後の頂上では、霧も晴れていい景色が見れるはずです!

ちょっとクサくなってしまいましたが、今季1発目の試合、期待しています!!!

では今回はこの辺で!


All the best!!!





















 
«前へ次へ»

コメント一覧

エルメス激安/2014 SUPER 15 FINAL 見所ポイント②(09/07 15:34)
ブランドコピーブランド激安通販専門店/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/12 09:23)
ちかりん/2015 Rits Summer Camp Team Building(08/24 06:05)
ちかりん/2015 KITAMI CAMP DAY 5(08/11 18:50)
ちかりん/2015 KITAMI CAMP DAY 4(08/09 12:45)