大きくする 標準 小さくする

Coach Blog

<<前へ次へ>>

RTCIP Auckland 現地レポート Vol.19 最終回

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2019/04/03(水) 14:38

いよいよ 2019RTCIP現地レポートも最終回です。

突然ですが、まずはこの1枚の写真を見てください。

何か違和感を感じられた方いますでしょうか?ちなみに庄司は右利きです。

そうなんです。ナイフとフォークが逆なんです。私も、「庄司左利きやったかな?」と思い、聞いてみると右利きだと言います。ほな逆やん!って言うと、知らなかったと言いました。これにはビックリです。

しかし、よくよく考えてみると確かに、まだ大学生ぐらいの年代だと日本ではナイフとフォークをそんなに頻繁に使うこともないのかも知れません(他の3人は知ってましたが笑)


何が言いたいのかと言うと、日本では経験出来ない、あまり慣れていない、知らない、様々なことも海外生活では体験できます。そして多くの恥を掻くこともあるでしょう。


この写真は過去のブログで書きましたが、Hawke`s Bayにいる2人に現地で最初に会った晩の写真です。

前回もチラッと書きましたが、2週間ほどNZで経っており、注文も英語でできるのかな?と試しにさせてみましたが、2人ともメニューを指差して「This!」と言うだけでした。これは日本語で直訳すると「これ」とメニューを指差して言ってるだけです。あまり品があるとは言えませんよね?

本来であれば「Can I have[get] ~」の様な言葉を使うのですが、それが出てこなくてもせめて語尾に「Please」(お願いします)をつけるだけでも違います。2人に話を聞いてみると、練習の合間の時間にカフェに行くなど、公共の場に出る様な事をほとんどしてなかった様です。コーヒー1杯、高くても500円ほどです。勉強を兼ねて街に出向き、隣の人の注文の仕方を見て、聞くだけでも英語の上達になるでしょう。しかし、この2人はそれもしていなかった様です。


先ほどの続きですが「旅の恥はかき捨て」と言います。いっぱい恥をかいて、いっぱい失敗すればいいと思います。ただ、恥をかいた事、失敗した事を分かっていない事、これが一番して欲しくないし、もっとして欲しくない事は、せっかくそういう経験のできる海外に来ているのに、それをできる環境に自分から飛び込んで行かないことです。

例えば、カフェでなくてもチームメイトと試合後に飲みに行けば、バーでビールの注文の仕方を隣にいれば聞くでしょう。ナイフとフォークの使い方も、チームメイトやホストファミリーに誘われて食事に行けばおかしいと感じるでしょう。

ですが、これらの事は回避しようと思えばできます。誘いを断り、部屋でゆっくりしていればいいのです。でも、それではせっかくお父さん、お母さん、もしかしたらおじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん達の援助を得てこの留学に参加できている選手もいる中で、その人達の為に頑張らなくてもいいのですが、その人達が自分達の成長の為に送り出してくれた気持ちに応えることにはなっていないと思います。

ですので、前述した通り「旅の恥はかき捨て」精神で「どんどんアクティブに行動して欲しい」とこの留学を視察して思いましたし、その想いは現地で伝えてきたつもりです。

それともう一つは以下の写真です。











今回の視察で、数え切れないほどの円陣(Huddle)を見ました。団体競技でこれほど円陣を組むのはラグビーぐらいじゃないでしょうか?

たった8週間という短い期間ですが、ラグビーという素晴らしいスポーツを通じて、真の「Brothers」(兄弟達)を例え英語がわからなくても作って帰ってきて欲しいですね。
今の時代SNSというツールがあるので、帰国後も何らかの交流をする事は可能でしょう。
それもまた英語の勉強になります。


話が長くなり、小言も多く、まとまりのない文章になってしまいましたが、今回の留学現地レポートはこれで終わります。まだまだ書きたい事は山ほどあるのですが、それはまたの機会に。

RTCIPに参加した選手達は、帰国後に様々な形で報告会をしようと思っています。
お忙しいとは思いますが、またその機会を告知させて頂くので、是非参加して選手達が感じた生の声を聞いてやってください。


ありがとうございました。

赤井

RTCIP Auckland 現地レポート Vol.18

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2019/04/02(火) 13:29

23日土曜日の様子です。


今年は私は近鉄時代に同僚であったJeffの家に泊めてもらっていたので、朝ごはんはこんな感じでした。この左のスパゲッティが美味いんですよねー。嫌いな人も多いですが。


その後、オクトの試合会場へ。College Riflesというクラブチームで、私も初めてきました。


NZでは珍しく、人工芝だけのグランドです。2面ありました。新しいようですね。


カフェも併設されており、なかなかお金持ちクラブのようです。


奥ではオクトのチーム、Ponsonbyのデベロップメントチーム(2軍)のウォーミングアップが行われていました。


同じアカデミーに所属する早稲田の古賀くんも試合の応援に来てくれていました。オクトと同じ年ですね。


横のグランドでは、今年度よりPonsonbyのプレミアチーム(1軍)のコーチになった友人のJeffがウォーミングアップをしていました。


試合が始まりました。オクトは20分4本のうち、2、4本目に出場。一際小さい7番がオクトです。



ジャッカルを成功させるなど頑張ってはいましたが、少々アピール不足といったところでしょうか。
後日談ですが、オクトはこのプレミアデベロップメントのスコッドから外れてしまったそうです。クラブチームとはいえ、厳しい競争に勝たなくてはいけません。オクトは今後、違うグレードでの試合を探すことになるようです。


試合後は大トリの試合、プレミアの選手達を出迎えるために花道を作ります。


プレミアの試合ともなると、カフェのデッキもたくさんの人で溢れていました。この日は天気も良かったので、ビールが飛ぶように売れたことでしょう。いい文化です!


試合後、爽やかな笑顔のオクト。残り1ヶ月弱。厳しい現状に直面していると思いますが、なんとかポジティブに頑張ってもらいたいですね、


その後、私は三洋電機時代の友人でRTCIP Aucklandではお馴染みのSamiuの家に挨拶に行きました。娘達も大きくなっていました。長男は今年から札幌山の手に進学したので、すでにAucklandにはいませんでした。今頃は選抜大会で頑張っていることでしょう!将来が楽しみです!


では今回はこの辺で!次回が最終回です!

RTCIP Auckland 現地レポート Vol.17

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2019/04/01(月) 11:15

22日金曜日の様子です。


この日はビーチで走りこみと聞いていたので、朝9時頃に指定された場所に行きましたが、人っ子一人いません。


しかし、確かにここのはずなので、とりあえずあの丘まで登ってみようと行ってみました。



いました!まるで鳥取砂丘のような(行ったことありませんが)急斜面を走っていました!



ご覧の通り、かなり急な斜面です。相当しんどそうでした。



オクトもかなりキツそうな表情で走っていました。20人ぐらいで走っていたのですが、結構最後の方でした。。。

 
 

ここはAuckland Bluesもプレシーズンで使用する練習場所のようです。


練習後のアカデミー生での集合写真です。
このような場所でトレーニングできるのもRTCIPの醍醐味ですね!


そして夜はスーパーラグビーを見に行きました。会場は2011年W杯決勝が行われたイーデンパークです。


私はイーデンパークでかれこれもう20試合近く見ていますが、今回は初めてVIP席で観戦させて頂きました。


選手搭乗口のすぐ真上です。最高の席でした。石黒さん、ありがとうございました!


試合後には偶然、観戦に来られていたオクトのご両親にお会いしました。お二人とも満喫されていたようでした!


ご子息も満喫されています(笑)写真はスーパースターのRIEKO IOANEですね!


というわけで、試合前の金曜日でしたがハードに追い込んだ後にスーパーラグビーを観戦し、とてもいい日でした。
次回はいよいよオクトの試合観戦です!

 

RTCIP Auckland 現地レポート Vol.16

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2019/03/29(金) 13:32

21日木曜日の様子です。


昨晩NapierからWellingtonに深夜に帰ってきました。Wellingtonでは木曜の6時半からいつものようにウエイトが始まっていました。


3人はウエイトはせずに朝からメンタルセミナーでした。カツさんが通訳として入っていただいて、様々な事について話していました。このカツさんの隣の方がメンタルコーチですが、ハリケーンズでも同様のことをされており、3人にとってはとてもいい学びの機会になったでしょう。朝の6時半からにもかかわらず、あくび一つせず熱心に積極的に質問したり、コーチからの質問の答えを頑張って英語で答えている姿が印象的でした。



私はこのセッションを途中で抜け出し、最終目的地であるオークランドへ。




オークランドアカデミーの練習へと直行すると、オクトがいました!元気そうです!



AucklandもNapierと同じくまだ暑いぐらいの良い天気でした。オークランドアカデミーは世界中から集まるため、人数が多く、日本人もたくさんいてました。


練習後はオクトとランチへ。300グラムのステーキを食べて満足そうです。


おしゃれなカフェでしたが、テレビにはラグビーが。さすがにNZです。羨ましい。


夕方からはクラブチームの練習へ。オクトが所属するチームは、昨年度優勝チームの名門Ponsonbyです。過去には小原、三島あいばん達も所属したことがあるチームです。



隣のグランドでは、女子チームも練習していましたが、さすがオークランド。人数も多く、このチームの中にSilver Fernと呼ばれる女子NZ代表選手も5、6人いたそうです。


とにかくデカイ。その一言です。





オークランドのクラブチームは練習開始が18時半からと少し遅めでした。しかし練習は2時間弱みっちりと行われていて、終わる頃には真っ暗でした。


しかし、女子はまだガンガンにADしてました。恐るべし。


練習後はオクトのホームステイ先で夕食をご馳走になりました。ここは昨年尾藤もお世話になった、日本人のお母さんがおられる家で、ご飯は最高です。しかし反面、英語をあまり使わないので、それは良くないと思いハーフであるお嬢さん2人に英語の特訓をお願いしておきました。美人姉妹です。かなり羨ましい。いいなー。まだ続けていると良いですが。。。

というわけで、次回からはオークランド編です!


 

RTCIP Hawke`s Bay 現地レポート Vol.15

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2019/03/28(木) 13:45

20日水曜日の様子です。


この日は朝ウエイトがなかったので、Tour De Napierに出かけました。


海沿いから出発し、少し内陸に入ってきました。左手には見渡す限りの草原が広がります。


しばらく行くと、見渡す限りの羊がいました。


島田が捕獲に乗り出しましたがあえなく失敗。まだまだですね。


20キロ超、約2時間弱のロードでした。最後は海辺で記念撮影。天気が良ければ。。。。



昼前にはホークスベイ代表、Magpiesの新本拠地になる場所を特別に見せてもらいました。まだ骨組みだけでしたが、相当な大きさの建物です。クラブハウス、ジム、グランドなど新しく作る予定だそうで、すごい施設になりそうです。羨ましい。GFも負けず劣らず素晴らしい施設ですが、だいぶガタがきているのでそろそろ。。。と思ってしまいます。


その後はいつもの練習場に移動してスキル練習です。この日はブレイクダウンでした。まずはウォーミングアップです。





エリーの指導の元、細かなスキルを確認していきます。


そして夕方18時からは州代表Magpiesの練習に参加させてもらいました。これはなかなか参加できる事ではありません。レベルもクラブラグビーの中から選抜された選手が来るのでハイレベルです。まずはブロンコ測定です。


女子の選手も走っていました。


島田が5分16、雄太郎が5分17ぐらいでした。全然ダメです。話になりません。


その後、スキル練習が始まりました。


後で注意したのですが、せっかく州代表クラスの選手と練習できるチャンスなのに、島田と雄太郎はペアを組む際も積極的に誰かにチャレンジせず、いつもスキル練習しているようにお互いでやっていました。これは英語と同じく、かなり消極的なATTITUDEだったのでがっかりしました。これであれば日本でもできます。せっかくこっちに来ているのだから、そこはこちらの選手とやり合わなければ来ている意味がありません。


女子の選手もスキル練習に参加していました。みんなデカイです。



その後は地元の選手に混ざって練習していました。自分から飛び込んでいく積極性が欲しいですね。


今回はこの辺で。
«前へ次へ»

コメント一覧

エルメス激安/2014 SUPER 15 FINAL 見所ポイント②(09/07 15:34)
ブランドコピーブランド激安通販専門店/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/12 09:23)
ちかりん/2015 Rits Summer Camp Team Building(08/24 06:05)
ちかりん/2015 KITAMI CAMP DAY 5(08/11 18:50)
ちかりん/2015 KITAMI CAMP DAY 4(08/09 12:45)