大きくする 標準 小さくする

Coach Blog 2009/11

コーチ 小寺亮太

投稿日時:2009/11/10(火) 18:22

   前半戦を振り返って

 まずは昨年度の反省を活かし、ここまでの3試合を選手や学生スタッフの奮闘のおかげで勝利できたことを素直に喜び、感謝したいと思います。

 

3試合を終えて私自身が感じていることは、「Original High Speed Rugby」は、「非常に難しいがチャレンジしがいのあるラグビーだな」ということです。Gameにおいて、ブレイクダウンの数が、昨年度に比べると少なくはなりましたが、現状ではかなりの数が起こってしまっています。「Original High Speed Rugbyへの挑戦」という点において、今後の課題は、ブレイクダウンの数をどれだけ少なくできるかであると思っています。

 

 

 

   大阪体育大学戦を振り返って

 大阪体育大学は、私の第2の母校であり、恩師も健在です。恩師に報いるためにも、決して負けたくない相手でした。この戦いでも過去の反省を活かし、チームで共有し、選手、学生スタッフ、スタッフが全員でチャレンジして勝利することができ、本当に良かったと思います。また、このGameでは選手の潜在能力の高さを垣間見ることができ、驚かされました。また、彼らが日々成長していることを感じさせてくれる場面も多々ありました。この彼らの持っている潜在能力や力を発揮できるような環境作りも私の重要な仕事の一部だなと再認識させられました。

 

ただし反省点としては、大阪体育大学戦では「もっている力を出し切れたのか?」「がむしゃらに、ひたむきに、戦い続けることができたのか?」というところにあったと思います。もう一度、我々の価値観、チームコンセンサスをしっかりと確認しながら、次節以降もチャレンジしていきたいと思います。

 

 

   次節からの戦いに向けて

 私自身、昨季は育成部門のコーチでした。結果にとらわれず、選手やスタッフの日々の成長を見ること、感じられることが楽しみの一つでした。また、今シーズンその選手たちがそれぞれの立ち位置で活躍してくれていることを嬉しく思っています。

 

今季は、トップチームのメンバーもコーチングするチャンスをいただき、楽しみが増えました。しかし、その反面、シーズンインとともに勝負事の厳しさや緊張感を久々に感じる毎日です。この緊張感や圧力をしっかりと楽しみに変えることができるよう、私自身が日々精進していきたいと思います。

 

 また、最近特に思うことは、「Gameをするのは選手である」ということです。コーチは、Gameの当日までに選手自身が「心と体の最高の準備」ができるようにサポートしてあげることではないかということです。そのためには、練習では選手に「きついこと」や「痛いこと、苦しいこと」を課し、乗り越える手助けをし、本番のGameになったら「おもいっきり楽しむ」ということを伝え続けていきたいと思います。

 

 次節以降も、これまでの3戦と同じくチャレンジャーとしてしっかりと目の前の相手を見据え、選手が日々全力で取り組み続け、戦い続けることができるように仲間としてしっかりとサポートしたいと思います。また、選手が自分のもっている力を出し惜しみせず、試合後に倒れて動けなくなるくらいまで戦い続け、私や吉田監督、中林ヘッドコーチを驚かせてくれることを期待しています

 

 

 

ヘッドコーチ 中林正一

投稿日時:2009/11/06(金) 18:52

   前半戦を振り返って

 昨年の経験から今年度は一勝必勝の考えをもとに目の前の試合を大事に戦うことを意識して毎試合挑んでおります。初戦の京産戦は開幕戦ということもあり、選手の中に想像以上にプレッシャーがあったのか、本来立命が目指すボールを動かすラグビーは出来なかったのですが何とか開幕戦を勝利というかたちで終えられたのが最大の収穫だったと考えております。

 2戦目の大阪産業大学戦においては自分たちで相手を評価することなく直向きにプレーした結果92-7という勝利を手に出来たのだと考えています。

 前半戦を振り返って1戦ごとに強くなっていきたいと考えていた開幕前の考えが少しずつではありますが実行できているのではないかと手ごたえを感じています。

 今後も自分たちの目指す場所はどこなのかを自問自答しながら1戦1戦必死に戦っていきたいと考えております。

 

   体大戦を振り返って

 大阪体育大学戦は過去5年間で1勝しかしていないということで今年の体大の戦績などにとらわれず相手の強みを消すこと、自分たちに目指すラグビーに積極的に挑戦することを意識し、試合に挑みました。ゲームの入りの部分ではミスが多く、流れを掴むのが難しかったですが、ゲームが進むにつれBKが積極的にATTすることができて、終盤も緩むことなくゲームを運ぶことが今年度目指す失点15点未満という目標は達成することが出来ず、またラインアウトからの攻撃で2トライを与えたということ、FWがスクラム、モールなどパワープレーで相手にプレッシャーを与えることができなかったという点で、課題も残った試合だと考えております。

 

   次節からの戦いに向けて

 開幕から3試合を終えてチーム内に3連勝で満足しているものはおらず、その点については学生の成長を感じるとともに、これから迎える4連戦に期待がもてると思っております。私自身、次節からの4連戦が本当の意味で自分達の存在価値を示す戦いだと思っております。肉体的にも、精神的にも大変厳しい戦いになることは間違いないので、いかに自分たちがやってきたことの精度を高められるか、自分自身、チームメイトを信頼することが出来るのかうぃ考え、立命館大学ラグビー部のプライドを持って戦いたいと思います。

 ファンの方々、OBの方々、関係者の方々に熱くなってもらえるような試合をしたいと思っておりますので是非会場に足を運んでいただきご声援よろしくお願い致します。

監督 吉田義信

投稿日時:2009/11/06(金) 17:58

   前半戦を振り返って…

 以前までの立命から、早くて強い立命館に“チェンジ”しようと春に話し合い、ハイスピードラグビーで関西優勝を目指すと誓った。30点以上得点、失点15点以内を目標に前半戦スタートさせた。第4戦の摂南大までに3勝する目標は達成することができた。接戦で時間をかけずに早いボールさばき、相手に準備させない早いアタック、相手より早い(時間とスペースを与えない)ディフェンス、総ての局面で相手より早い反応、を掲げて戦ってきた。パスミス(ハンドリングミス)キックの処理ミス等が失点につながった。後半戦はより激しく前に出てのタックル、積極的なアタック、反則・ミスを減らし、より精度の高いハイスピードラグビーを全員でやる。

 

   大阪体育大学戦(A)を振り返って

 過去5年間で1勝4敗と苦手としている大体大に67-24と勝利することができたのは今までの練習の成果が出たということではないだろうか。大体大の甘い防御をついて得点し、試合の主導権を相手に渡さなかったのが勝因だった。しかし、残念なことに15点に抑える目標は達成することはできなかった相手キックの処理ミスやハンドリングミスが目立ち、反則からの攻撃で簡単に防御を破られてしまった。前半戦の3試合はFWのモールを押し込んでのトライ、BKの早い球廻しからのトライ、しつこいディフェンス等、昨年より強気の攻撃ができるようになってきている。後半戦は今までより苦戦することが予想される。これからの試合に向けて、精度の高いプレーと1対1のところでより激しさが必要になってくるだろう。

 

   次節からの戦いにむけて

 シーズン前より、最初の難関を摂南大戦としてきた。昨年も、摂南大を破ることはできたが2点差という厳しい結果で終わっている。摂南大No.8イオンギを“動かさない、突進を止める”ことが摂南大に勝つための絶対条件だが、ディフェンスのいい主力メンバーが負傷でかいている。怪物のようなプレーヤーであるだけイオンギを止めるこては難しい。そのために摂南大に攻撃の時間とスペースを与えないため、前へ出て倒すということを徹底していきたい。一人でダメなら2~3人がかりでもタックルをし、立命の攻撃をスコアするまで継続させる。そのために早い反応(動き出し)と、ミスや反則を極力少なくしなければならない。前半我慢して、後半思い切って攻撃する。“低いタックルと早い動きだし”80分間意識し、挑戦者として“激しくひた向きに体をはって戦い抜く”。この試合を勝利すれば残りの「関学・同志社・天理」が手のとどくところにくる。

コメント一覧

フランクミュラー スーパーコピー 見分け方 tシャツ/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/21 05:43)
シュプリーム 激安 サイト/2015シーズン開幕!(07/10 14:21)
エルメス激安/2014 SUPER 15 FINAL 見所ポイント②(09/07 15:34)
ブランドコピーブランド激安通販専門店/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/12 09:23)
ちかりん/2015 Rits Summer Camp Team Building(08/24 06:05)