大きくする 標準 小さくする

Coach Blog 2018/10

One Team

 written by 赤井 大介 [Ritswitchon2018] 投稿日時:2018/10/14(日) 09:15

おはようございます!本日は、前泊先のホテルよりブログを書いております。

さて、今日は14時から鶴見緑地にて大阪体育大学との試合です!
先週末は、遠方にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました!
本日もよろしく願いします!

というわけで、先週末は見事久々の勝利で開幕戦を終えたわけですが、試合前にちょっとしたアクシデントがありました。

というのも、会場に来られた方はご存知だったと思いますが、私がブログで「試合前に校歌を思いっきり歌おう」と書いたのに、なんとその校歌が現地の機械トラブルの影響で中止になってしまいました。元々は下の動画を選手達に見せて、機械トラブルがあっても、誇らしげに国家を歌う南アフリカの選手や国民のように、我々も会場では共に校歌を大きな声で歌おう。とミーティングで話したのに。。。


これにはびっくり、がっかりでした。


とその時、スタンドから大きな声で試合に出れないメンバーたちがアドリブで校歌を歌ってくれてるではありませんか!

下の動画を見ていただければ分かりますが、j-sportsの解説者の声の後ろで、メンバー外の選手達の立派な校歌が聞こえます。



これには本当に感動しました。南アフリカの国歌に比べればスケールこそ違いますが、それでも試合に出場する選手達にとっては本当に励みになったと思います。そのお陰か、見事開幕戦は勝利することができました。部員みんなの勝利です。

さて、今日は機械トラブルは起こらないと思いますので(笑)、きっと先週よりも大きな校歌が試合前に流れると思います。

ぜひ会場でその校歌を聞いて、応援よろしく願いします!




 

Got your back

 written by 赤井 大介 [Ritswitchon2018] 投稿日時:2018/10/06(土) 22:35

こんばんは!ご無沙汰しております。赤井でございます。

皆さんご存知の通り、いよいよ明日は2018年度関西リーグの初戦です。
今日はその前哨戦とも言うべきJr.Colts戦でしたが、スタッフブログにある通り2試合とも敗戦となってしまいました。
これは私自身の考えですが、我々は学生スポーツという枠組みの中で活動しているので、「Aだけが勝てばそれで全て良し」という事ではなく、やはりJr.もColtsも勝ちたいというのが本音なので、今日の結果は本当に残念でした。

「負けた選手達が一番悔しい」

本当にそうでしょうか?本当にそう思っている選手が、今日の試合に出た選手の中で何人いてるか?
ここ最近のJr.Coltsの試合を見ていると、その「悔しい気持ち」「勝ちたい気持ち」を全面に押し出してプレーする選手が少ない気がします。ここは選手達自身でよく考えてもらいたい、ラグビーで一番大切なハートの部分だと思います。

さて話を戻しますが、明日の試合のメンバーです。

 

今シーズンもこのカッコいいメンバー表を、スポンサージャージでおなじみのHERCULE様に制作して頂きました!本当にありがとうございます!このメンバー表は、試合会場にて限定50枚を配らせて頂きます。保護者の皆さんは、ご子息の勇姿をぜひ記念にどうぞ!

そして、題名にもある「Got your back」ですが、意味は直訳すると「後ろをとる」という意味ですが、つまり「後ろから支える」という意味です。「I got your back」とかは良く海外では使ったりします。つまり「お前を支えてるからな」という意味合いです。

昨晩の練習後のジャージ渡しで、キャプテン古川のスピーチの中にもあったのですが、明日の試合登録メンバー23人を後ろから支えている人達がいる事を忘れないでください。

膨大な時間を費やして開幕に向けたモチベーションビデオを制作してくれたり、相手校の分析、また普段はチームレフリーも担当してくれている3回生斉野。彼の活躍無くして今のラグビー部はないと言っても過言ではないでしょう。
 
そして、斉野と同じく、分析を担当してくれている1回生、太郎。
今日の試合後も遅くまで分析室でスタッツをつけていてくれました。

前年度キャプテンの山田一輝、4回生坂本を中心とする2ndスコッドの学生コーチ、リーダー陣。
彼らもまた下のスコッドの選手の練習メニューを考え、コーチングし、鍛え上げてチームの底上げを図ってくれています。


何よりも忘れてはいけないのが、普段から選手の為に四六時中サポートしてくれているマネージャー、トレーナ達の存在です。彼ら、彼女達のチームへの献身は私も頭が上がりません。

最後に、普段から同じグランドで共に汗を流し、時には涙を流し、切磋琢磨する仲間の存在です。



長くなりましたが、明日は坂本(コーチ)が言った「出れない、悔しい思いをしている選手がいるという事を忘れないで欲しい」という思いを胸に持ちつつ、チームの代表を勝ち取ったというプライドと自信を持って戦ってください。

もし、緊張している選手がいるのであれば、明日の試合前の校歌を思いっきり歌って、その緊張を吹き飛ばしてください。

明日は本当に楽しみにしています!

We got your back!!!

コメント一覧

フランクミュラー スーパーコピー 見分け方 tシャツ/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/21 05:43)
シュプリーム 激安 サイト/2015シーズン開幕!(07/10 14:21)
エルメス激安/2014 SUPER 15 FINAL 見所ポイント②(09/07 15:34)
ブランドコピーブランド激安通販専門店/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/12 09:23)
ちかりん/2015 Rits Summer Camp Team Building(08/24 06:05)