大きくする 標準 小さくする

Coach Blog 2018/3

<<前へ

RTCIP Wellington 現地Report Vol.4

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/03/30(金) 11:23

この日は私が待ちに待ったTommyの試合の日です。



試合会場はNorthの本拠地でもある「Jerry Collins Stadium」です。
不慮の死を遂げたJ.Collinsを偲んで名付けられたスタジアムです。


先日スーパーラグビー100キャップを獲得したT.Jペレナラのクラブです。
私も彼がNorthでプレーしている時に試合で対戦した事があります。当時のT.Jは18歳でした。


Tommyのウォーミングアップの様子です。なぜか関大のTシャツを着ていました。
移籍願望があるのでしょうか?


相手チームは今年からNorthのコーチに就任されたカツさんのクラブです!
カツさんは1月からこのチームを指導されており、この日を最後にNTTドコモのコーチとして日本に旅立たれます。


Tommyが入場してきました。


いよいよ試合開始です!



6時半から行われた試合だったので、後半にはナイターに。

試合の様子は動画でご覧ください。


木曜の夜に試合という変則なスケジュールでしたが、TommyはATTでは何度も大きなラインブレイクをして、DFでも大きな相手に真っ向からいいタックルをしていました。確実に成長しています!



こうやって見ると、いかにTommyが小さいかわかります。どこにいるか見つけられますか?
本当にお世辞抜きでいい内容でした。


試合後にカツさんと。


対戦相手だったドコモの久内選手と。実は試合は大敗で、久内選手にもトライを取られました。


チームメートにも褒められたようですね!仲間から認められるのは、外国でラグビーしていて一番嬉しい事です!


Tommyの活躍を見て、私も誇らしくなりました。実にいい1日でした!





 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.3

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/03/29(木) 05:49

この日は朝の6時半からスキルセッションがありました。

このライオンズ(ウエリントン州代表)のアカデミー(若手育成機関)に来ている選手は、日本の大学生よりもやや若い18歳から20歳ぐらいのメンバーが多いのですが、いくら朝早くても立命でたまに見かけるような、朝早いから眠そうであったり、ちょっと今日はやる気なさそうやなーという選手はほとんどいません。
それは「将来プロで成功したい!」と強く思っている選手が多いからなのでしょう、とにかくスイッチの切り替えが本当に上手だと思います。


この日はスピードトレーニングからスタート。立命では本格的なスピードトレーニングを実施できていないので、Tommyは若干ぎこちなかったです。ここも私達コーチ陣にとっては課題な部分です。


朝から本気で競争します。向こうの選手は何事にも負けず嫌いです。


その後はパススキル。TommyはNZに来てパスが上手くなったように思います。きっと必死に練習しているのでしょう。


その後はアタックシェイプの確認。



そして最後はタックルスキルの練習と1時間みっちりのスキルセッションでした。

この後はジムに移動してカツさんのセッションだったのですが、その移動中にも捕食をしっかり取っていました。


これは果物などが入っているバーですね。昨年留学した小島もよく食べていました。現在も捕食を日本で取っているのでしょうか?継続してくれていたら嬉しいですね。


これはクラッカーにツナを乗せて食べています。成田さんも太鼓判を押すと思います。

「郷に入っては郷に従え」という言葉がありますが、その逆も然り。先ほども少し書きましたが、NZではしていても日本に帰ったら周りに流されてこう言った捕食を取るなどの意識の高い行為を忘れてしまう事が多々あるように思います。そうならないように、本当に必要だと思ったことは周りに流されず続けていって欲しいといつも思います。




場所を変えて、ジムにてカツさんのセッションです。ドコモの久内選手とペアで取り組んでいました。


OB南も頑張っています!


ジムでの練習を終え、ランチを食べた後に、以前私が働いていたレストランでビールを昼間から飲みました(嘘です)


ビールではなくコーヒーを飲んでいます。彼らが飲んでいるのは「Flat White」といってカプチーノの少し濃いような感じの南半球でしか基本的には飲めないコーヒーです。こういったカフェ文化を体験するのもいい経験です。

その後は夕方からTommyの練習を見学に行きました。





こちらの円陣は常にタイトに組みます。これは立命でも見習って欲しいポイントですね。

では今回はこの辺で!



 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.2

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/03/28(水) 11:26

2日目も6時半から、ウエイトのMAX測定からスタートでした。


測定の結果はまずまずとの事でした。


測定が終わってすぐに、メンタルトレーナとミーティングがありました。これも普段経験していない事なので、貴重な経験だったと思います。

その後はグランドで、Rodney So'oialoによるスキルセッションです。
このRodneyを知らない選手のために書いておくと、はっきり言って正真正銘のLEGENDです。
ALL BLACKS 62キャップ、ハリケーンズ101キャップという輝かしい成績を残す正真正銘Wellingtonの英雄です。

ハリケーンズで100キャップを達成した選手が載ってあります。


見た事ある選手もいるはずではないでしょうか?リッチー・マコウ、ジェリー・コリンズなどと並ぶ有名人です。



自慢になってしまいますが、私がWellingtonでラグビーしていた時に、Rodneyが怪我明けでクラブラグビーに出場したのですが、たまたま同じクラブだったので、何試合か一緒に試合することができました。

私はRodneyが大好きな選手の一人だったので、練習のロッカルーム、試合中など「あのRodney So'oialoと一緒にプレーしてる!」と敵をそっちのけで興奮したのを今でも覚えています。


7番が私でナンバーエイトがRodneyでした。この写真は額縁に入れて飾らなければいけないぐらいです。


それから時を経て、まさかコーチとしてレベルは違えど同じ土俵に立ち、Tommyが彼に教えてもらえるなんて本当に夢のような感じです。Tommyはわかってないと思いますが(笑)




一緒にトレーニングするのは、NTTドコモレッドハリケーンズでプレーする久内選手です。トップリーグの選手と一緒にトレーニングできるのもこの留学の素晴らしい所です。

では、今回はこの辺で!

 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.1

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/03/27(火) 17:33

こんにちは!今回より私、赤井がRTCIPのメンバーとして派遣されている選手を、実際に現地で視察してレポートします。

視察初日となった昨日は、午前6時半から体育館にてスピードとフィットネスの測定でした。


一人一人測定します。原口(こちらでは呼びやすいようにTomoya=Tommyと言われています)は10メートルのタイムが遅かったです。これはいけません。喝!




続くフィットネステストのyo-yoでは最後の方まで残っていました。これはあっぱれです!


測定が終わって、今度は場所を変えてカツさんのスキルトレーニングです。ビーチでする所が海外って感じですね!



と一緒に写っているのはOBの南(2015年卒)です。彼についてはまた後ほど。



そして夕方からは原口のクラブトレーニングを見学しました。




Tommyが所属するのは「Wellington club」です。このようにWellingtonのクラブでは各チームにクラブハウスと室内練習場があります。


室内練習場は雨の日や、冬場の寒い日などに使用します。こんな施設が各クラブであるなんてすごいですよね。


ロッカーの様子です。質素ですが、これがニュージーランドのクラブラグビーを象徴する場所です。


シャワーもあります。冬場にはお湯が出ないこともよくあります(笑)


グランドは広々と3面は取れるほどあります。全て天然芝です。羨ましいですね。



Tommyは日本でも小柄な方なので、こちらに来ると余計に小柄さが強調されています。
小さいことが有利となるようなスペシャルな何かを見つけなければ、この国では通用しないでしょう。

頑張れTommy!

では、初日はこの辺で!

RTCIP Auckland Report by尾藤&小山

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/03/26(月) 11:46

尾藤のレポートです。

月曜から土曜までラグビー漬けの毎日です。オークランドアカデミーでは、ウエイトとマイクロスキルを教えてもらってます。週に2回あるクラブラグビーでは、不慣れな英語でチームメイトとコミュニケーションを取りながら試合に向けた練習などをしています。こっちの人は身体が大きくアグレッシブですが、日本人の低いタックルには慣れていないので、上手くタックルが決まれば倒せます。
今はプレミアリザーブというランクのところでプレーをしています。このもう一つ上のランクのプレミアになると、急にコンタクトレベルやサイズ、ラグビーのレベルが比にならないくらい違うらしいです。プレミアに上がれるように、残り短い時間でアピールできるように頑張ります!

小山のレポートです。

こんにちは。ニュージーランドのオークランドに留学している新3回生の小山です。
日本を出発して、ちょうど1ヶ月がたちました。私は、ラグビー面で学ぶことも多いのですが、英語が苦手で少しでも興味を持とうと留学したのも1つの理由です。私がホームステイしている所は、お母さん、お父さん、息子2人、犬のゾイ、猫のコーラという6人家族の家庭です。みんなとても優しくて、とっても暖かい家庭です。日常会話では、ヒアリングはなんとなくできていて、「あ、こう言ってるな」と言う事は分かるのですが、とっさに喋ることが難しく感じます。日本に帰るまでは少しでも喋れるように努力したいです。

日本と食文化の違う所は、炭水化物(米、パスタ、パンなど)は、必ずは食卓に出てこないと言うことです。

これはつい最近の晩御飯です。白いプレートにはラム肉、ブロッコリー、じゃがいも、さつまいもがあります。食文化の違いで、炭水化物は出て来ませんでした。※イモ類は炭水化物が含まれています
私は炭水化物を取らないと痩せてしまうタイプの人間です。なので、左には自分が日本から持ってきたサトウのご飯で炭水化物を補ったりして体重を維持するのを、自分なりに考えて頑張っています。

ラグビーでは、やはり体重はあってなんぼの競技なので、外人に対抗できるよう食から気を使っていきたいと思います。みなさんの応援、支えがあってこその私がここにいます。どうか残り1ヶ月、応援よろしくお願いします。


 
«前へ

コメント一覧

フランクミュラー スーパーコピー 見分け方 tシャツ/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/21 05:43)
シュプリーム 激安 サイト/2015シーズン開幕!(07/10 14:21)
エルメス激安/2014 SUPER 15 FINAL 見所ポイント②(09/07 15:34)
ブランドコピーブランド激安通販専門店/TUFF 通信 vol.3とTeam Building(10/12 09:23)
ちかりん/2015 Rits Summer Camp Team Building(08/24 06:05)