大きくする 標準 小さくする

Staff Blog

<<前へ

3月17日 卒部試合&2018年度納会

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/17(日) 12:51

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は2018年度最後の行事である卒部試合と納会が行われました。

天気はあいにくの雨ですが、どの学年も気合いが入っています!
 

まずは、4回生vs1回生、その次に4回生vs2回生の試合です

この2試合では両学年共にFWとBKが入れ替わって普段しないポジションでプレーをしたり、
学生スタッフも試合に参加します。




最後に4回生vs3回生です!

こちらは手加減なしの真剣勝負となりました!



試合終了後、集合写真を撮って卒部試合は終了です。

どの学年も試合中楽しそうにプレーをしていました。4回生の皆さん、本当にお疲れ様でした!


午後は2018年度納会が行われました。
最初は広野副部長が挨拶を努めます。

次に、岡田OB会長の挨拶がありました。
そして、立命館大学学部の川方学生部長からのお話もありました。
乾杯は佐久間副部長の音頭をとられました。


そして、しばしの歓談の後、OB会よりRookies of the yearと年間player's playerの表彰がありました。
Rookies of the yearとは、この1年間で素晴らしい活躍をした1回生に送られる賞のことです。
Rookies of the yearは木田でしたが、同じくAリーグに出ていた、藤井、百地、宮下、平尾も素晴らしい活躍をしていたということで、敢闘賞を受賞しました!
なお、納会の日には、木田、藤井、百地は不在の為、納会では宮下、平尾の表彰のみとなりました。


年間player's playerとは年間で行われる練習試合を含めた全ての試合の中で、プレーをしていた選手たちが、選ぶMVPのことです。
今年のplayer's  player4回生・山口匠です!


次に、中林監督、大西コーチ、松本さん、成田さんからの挨拶があり、
そして、最後に今年度をもって退任されることになった、S&Cコーチの斎藤秀さんからも挨拶がありました。

次のステージでも頑張って下さい!

次に、保護者会会長からの挨拶と記念品の贈呈がありました。
保護者会会長の挨拶は4回生・古川主将のお父さんにしていただきました!
その後、卒業生へのムービーを見た後、
今年度の副将・田中健登の挨拶


今年度の主将・古川聖人の挨拶


そして、来年度の主将・片岡に代わって副将・横井の挨拶がありました。
最後に新4回生・横井副将の発声で部歌を斉唱し、式を締めくくりました。


今日で4回生は卒部となります。
私たちは今年度の4回生を追い越せるように、新チームの目標である「BEST8」に向かって日々努力していこうと思います!



最後までブログをご覧いただきありがとうございました!

選手から学生スタッフへ

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/14(木) 16:17

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

2月18日に改めて新体制となった立命館大学ラグビー部ですが、
これを機に正式に選手からスタッフに転向したチームメイトが2人います。
 

1人目は新3回生・小藤大洋です。

選手ではFLを務めていました。そして、今年度より学生コーチとしてチームを支えることを決め、
2月22日よりコーチング留学としてWellightonに旅立ちました

このような決断をするのは大きな覚悟があったと思います。
学生コーチになろうと思ったきっかけ、そして今後の目標を聞きました。

「新三回生の小藤です。自分は今まで選手でしたが今年からコーチとなりました。高校三年時に大きな怪我をして、出し切れずに高校ラグビーが終わってしまい大学でも選手としてチャレンジしラグビーを続けたいと思い門を叩いたのが立命ラグビー部でした。最初の二年間は必死に練習に食らいついてトレーニングを重ねてきましたが、二回生が終わり上回生になるという時にコーチという道を考え始めました。自分の選手としての立ち位置もそうですが、自分の中で何かマインドを変えなきゃこのまま四年間が経ってしまうと思い、新しいチャレンジをしようと思いました。
今までだったら四回生で選手をやめる人が多かったですが、自分はNZに行きたいという思いもあってこの時期にコーチになろうと決めました。NZに留学することで中途半端な知識じゃなくて自分が生で体験した本場のコーチングや、ラグビーカルチャーの知識を得れて、それが自分の自信にもなるしチームにいいものを持ち帰れると思い留学したいと思いました。自分のチャレンジはまだ始まったばかりでどうなるかは正直分かりませんが、チームのためにも自分のためにも学ぶ意識を常に忘れずに頑張ります!」

 

小藤は、4月23日に帰ってきます。
この2ヶ月で本当に色々なことを学び、吸収し
この立命館大学体育会ラグビー部に戻ってくると思います。
一段とたくましくなった姿を見るのが楽しみです!!




2人目は新2回生・稲西輝紀です。


選手としては小藤と同じ、FLを務めていました。
稲西は今年度より、学生レフリー兼アナライザー兼学生コーチという3つの役職につきます。
1年間選手としてやってきた稲西ですが、稲西にもこの決断をしたきっかけ、今後の目標を聞きました。

「いつも立命館大学体育会ラグビー部を応援していただきありがとうごさきます。新2回生の稲西輝紀です。
この度、レフリー、分析、学生コーチを務める事になりました。1年間選手をやってきて、選手のために活動しているスタッフに憧れてスタッフになる事を決断しました。選手を1年間経験した事で選手としての目も持つことができました。選手をやったからわかることも多くあると思います。それを少しでも多くスタッフとしてチームに還元していけたらと思います。これまでと違う形ではありますが、チームの勝利のために活動していきます。これからも立命館大学体育会ラグビー部をよろしくお願いします。」


今現在学生レフリーを務めているのは新4回生・斎野翔の1人ですが、稲西が学生レフリーを志願してくれたことで、今後の立命館大学体育会ラグビー部の練習の質はさらに上がることと思います。



この2人の選手のように、立命館大学体育会ラグビー部に入部した選手のなかでも学生スタッフとしてチームに貢献したいと思って転向を決める選手もいます。
そしてこの2人の決断は、確実に立命館大学体育会ラグビー部の力になります。
この2人を加えた14人の学生スタッフで、これからも立命館大学体育会ラグビー部をサポートしていきます。
今後とも応援の程よろしくお願い致します!

本日は最後までブログをご覧いただきありがとうございました!

立命館大学ラグビー部の魅力

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/14(木) 10:36

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日投稿した新入生スタッフ募集のブログの続きになります。
今回は、立命館大学ラグビー部の魅力についてご紹介していきたいと思います。

私達立命館大学ラグビー部は、関西大学Aリーグに所属しています。
過去の戦歴としましては、昨年度は関西Aリーグ準優勝、一昨年は3位と成績を残し、
今年度は全国大学選手権ベスト8を目標に日々練習に取り組んでいます。

立命館大学ラグビー部の魅力とは、、

 ①先輩後輩関係はありつつも、とても仲良しです。
  1番多くの人が回答した立命館大学ラグビー部の魅力は、「仲良し!」でした。
  多すぎず少なすぎずの部員数で、縦の繋がりがとても良好です。
  部署は分かれていますが、スタッフ間もとても仲が良く合宿中のオフではみんなで遊びに行ったり、
  練習後、先輩がご飯に連れていってくれたり、練習中も楽しく和気藹々と過ごしています。





 ②チームビルディングといった行事ごとが充実しています。(年に2、3回)
  選手、スタッフ間だけでなく監督・コーチ陣とも絆が深まります。
  チームビルディングでは、BBQやチーム戦での面白おかしで愉快なレクリエーションが準備されていたり
  運動会を開催したりと企画運営し、みんな楽しみにしている恒例行事の一つとなっております。





 ③部活以外にも学校行事や地域活動に積極的に参加しています。
  また、ジュニアラグビーアカデミーであったり、クリニックを開いたりと様々な方々と交流しています。
  立命館大学の体育会体育祭や他部活動の応援に行ったりしています。
  地域活動では、南草津周辺のゴミ拾い活動であったり、ボランティア活動を行っております。
  毎週月曜日には、選手を主体としたアカデミーを行い、小中学生にラグビーを教えたり
  ラグビースクールと一緒にクリニックを催したりしています。






まだまだ立命館大学ラグビー部の魅力を全てお伝えしきれていないですが、大きくまとめてこんな感じになります。
わたくし新3回生マネージャーの奥がお送りさせていただきましたが、
私も実際に立命館大学ラグビー部のマネージャーとして所属していますが、日々多くの刺激を受けています。
OBの方々や企業や学校・協会の方々など多くの人と関わったり、行事ごとの企画・運営をしたりと、
他大学との相違点でもある、学生の間ではできない貴重な経験を積んでいると心底感じていますし、
日々の練習を積み重ね、忍耐力には負けない自信もつきました。
そして、試合に勝った時の感動は、観客として見ているより人一倍大きく、
チームに携わっていて良かったなといつも思います。
また、尊敬できる先輩や仲の良い同期・後輩にも恵まれて、
ラグビー部にしかないこのチームの良い雰囲気のおかげもあって充実した大学生活を送っています。
楽しいときも辛いときもありますが、全てチームのためであり自分のためであります。
体育会で今やってることは将来に必ず繋がると思っておりますし、
中途半端な大学生活より何かを真剣に取り組んだり、何かに一生懸命になったり・・
そんな大学生活も悪くはありません。少しでも新入生の方々にラグビー部の良さを感じていただけたら幸いです。


少しでもラグビー部に興味を持ってくださった方、
まずは、メール相談、電話、見学・体験なんなりとお問い合わせ下さい。
E-mail: rits.manager@gmail.com
Tel:077-567-1944

あなたの選択が私たちの勝利に関わるかもしれません。
一緒に勝利を目指しましょう!!

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。
  

新入生スタッフ募集しています!

 written by 子谷 知瑛 投稿日時:2019/03/14(木) 10:03

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今年度、立命館大学へ入学される皆様、
ご入学おめでとうございます。

大学生活どう過ごそうかな~と考えているそこのあなた!
このHPをご覧してくださったということはラグビー部に少しでも興味があるということですね!?
.......そう願います(笑)

そんなあなたに立命館大学ラグビー部ならではの魅力についてご紹介していきたいと思います。
あなた自身の選択に少しでも1歩を踏み出して下されば、光栄です。

ラグビー部では、選手だけではなく学生スタッフも勝利に貢献するために活躍しています。
学生スタッフとはどのようなことをしているのか、
簡単な説明を含めて現役選手にインタビューしてみました。

~MG編~
マネージャーは現在4名と選手兼マネージャー1名で活動しています。
マネージャーの主な活動内容は以下の通りです。
・会計業務
・スケジュール管理
・大学内、協会や企業、他大学との窓口
・広報活動
・キッズスクールやその他イベントの企画、運営


新3回生・城戸にMGとはどのようなことをしているのか、
インタビューしてみました。

城戸「マネージャーはいつもチームのために、ラグビー部の運営や協会や学校との連絡などたくさんのことをしてくれています。また、選手が帰った後にも遅くまで仕事をしてくれていています。このように、マネージャーなしではチームは成り立ちません。」

~TR編~
トレーナーは現在4名で活動しています。
トレーナーの主な活動内容は、
・練習、試合での水分補給の準備
・テーピング
・選手のコンディショニングケア
・リハビリのサポート
・ケガが発生した時の応急処置
などを行います。


トレーナーは、新2回生・徳谷にインタビューしてみました。

徳谷「選手から見たトレーナーとは、怪我をした場合にリハビリを考えてくれたり、体に痛いところがあるとケアをしてくれ、また試合や練習の時にテーピングを巻いてくれたりして選手が常に万全の状態でプレイをできるようにしてくれます。そのため選手達は日頃からトレーナーに感謝しています。

~AZ編~
アナライザーは現在1名とレフリーと兼任で活動している2名のスタッフで活動しています。
アナライザーの活動内容は
・練習、試合の撮影
・データ分析
・ミーティングの準備
・プロモーションムービーの作成
などがあります。



向仲「日頃からトップリーグやスーパーラグビーやテストマッチなどの試合の紹介をしてくれたりしています。また、試合期には相手のチームの弱点や特徴を分析して僕たちに還元して、チームの勝利に貢献してくれています。毎日遅くまで残ってこのようなことをしてくれているアナライザーに対して選手たちは日頃から感謝しています。」

~S&C編~
ストレングス&コンディショニングは選手の身体を鍛えるトレーナーです。
現在ストレングスは1名で活動しています。
活動内容は
・リハビリのメニュー考案、指導
・ウエイト、フィットネストレーニングの指導




小榑「ストレングスは、ウエイトメニューの作成や、アジリティなど選手の体つくりの面を指導してもらっています。選手の疲労度によってメニューを組み替えていただいたり、選手各々の体にあったメニューを教えてくれ、個人的にも指導してくれます。秀さん(コーチ)やせいしろうさん(新4回生)は選手と歳が近いこともあり、身近に接し、厳しく指導してくれます。個人的にも今年一年で体が大きくなったと実感しています。」

~学生レフリー~
学生レフリーはアナライザーと兼任で活動している1名で活動しています。
活動内容は、
・試合レフリー
・チーム内でのルール講習




村上和「学生レフリーは普段の試合形式で笛を吹いてくれたり、ルールが変わった時などに例を使って細かく解説してくれます。練習で笛を吹いてくれることによって試合に近いリアリテイのある練習ができる事や、ルールの変化に素早く対応できるなど試合の勝利に貢献してくれています。」

~学生コーチ~
100人を超える選手のスキルアップのために活動している学生コーチは、
現在1名で活動を行っています。
活動内容は、
・練習内容考案
・指導



庄司「学生コーチは僕達と同年代で距離が近くて言いづらいこともあるかもしれないですが、コーチとして接してくれているおかげで自分に足りないところやいいところを指摘してくれ、よりより関係を築けていると思います。より多くの時間をかけて僕達選手のため考えてくれていてとても感謝しています。」

現在学生スタッフは12名で活動を行っていますが、
100名近くいる部員をサポートするにはもっと多くの学生スタッフ、
そして、春から立命館大学に入学する新入生の皆さんの力が必要です!
少しでも興味を持ってくださった方、
お気軽にお問い合わせください。お待ちしております!
E-MAIL: rits.manager@gmail.com
TEL: 077-567-1944

最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。



 

3月13日 龍谷大学合同練習

 written by 赤井 大介 投稿日時:2019/03/13(水) 12:08

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

本日はBKCグリーンフィールドにて、龍谷大学との合同練習です!

4月末から春季トーナメントを控えた最中、春のトレーニング期間でこのように実践的な練習をする機会は滅多にないので選手たちも気合が入っています!

ウォームアップののち、まずは2チームに分かれてAT &DF形式の練習が始まります。



続いてゲーム形式です。



ATではラインアウトからモールを作りそのままBKに繋ぎ綺麗にトライを取るプレーもありました。

しかし、相手のBKに間を抜かれる場面もあり、今後の春季大会、公式戦に向けて強化していく部分も多く見れた練習となりました。
 

その後、FWとBKに分かれてユニット練習です。

BKでは、龍谷大学のコーチの方が龍谷大学で行なっている練習をBKCで行ってくださいました。

新鮮な練習内容で選手たちもいきいきしています!

FWでは各校2チーム作りスクラムを組みます。

3月7日より立命の練習に指導をしに来てくださっている、立命OBであり現在はパナソニックワイルドナイツに所属しておられる宇佐美さんがスクラムを見てくださっています。

宇佐美さんは日本代表経験もあり、さらにトップリーグでも経験豊富な選手の1人なので、そのようなOBの方にGFに帰って来て頂いて、後輩の為に教えていただけるこのような貴重な機会は本当に有難く思います。
宇佐美さん、本当にありがとうございます!


他校の方とこのように合同練習をしたり交流を深める機会もあまりないので、
今回このような充実した時間を頂き、龍谷大学の皆様本当にありがとうございました。
今後とも立命館大学体育会ラグビー部を宜しくお願い致します!
 

本日はブログを最後までご覧いただきありがとうございました。

«前へ