大きくする 標準 小さくする

Coach Blog

<<前へ

RTCIP Wellington 現地Report Vol.9

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/05/10(木) 08:42

おはようございます!もう忘れている方もおられるかもしれませんが、RTCIP Reportの続編です!

この日は6時半からのTommyのアカデミー練習を見届けて、次の目的地であるAucklandへ移動する日でした。


最初はスピードトレーニングから。Tommyの手前は女子のWellington代表選手。余裕でTommyよりデカいです。


続いてCory Janeのスキルセッション。CJは昨季まで東芝でプレーしていました。今年度からライオンズのアカデミーコーチに就任しています。All Blacks 53cap,Hurricanes123capのLegendです。




Tommyの手前二人は女子選手です。Tommyは最後までしっかり頑張っていました!

これでWellington視察は終了し、尾藤、小山の待つAuckllandへ!



Aucklandへ到着してすぐに2人とジムへ!Tommy同様にLes MillsというNZでも最大規模を誇る素晴らしいジムです!

まずはしばらく見ていなかった2人のウエイトを見ました。どれぐらいアップしてるのか測定からスタート。




測定してビックリ!2人とも下半身がめちゃくちゃ弱かったです。これは本当にこちらに来て、じっくり見たからこそ分かった発見でした。世界不思議発見です!


測定している2人の横では、テレビでラグビーの試合が流れていました。いい国です。鎌倉幕府ですね。


その後はカフェで説教です。心なしか不貞腐れているように見えますね。



夕方からはFree Fitと呼ばれる、公園などで有志によるフィットネストレーニングに参加。様々な競技の男女が集まるグループの中でしたが、2人(特に尾藤)はトップグループでした。これには安心。


フィットネス後には、現地の同年代の参加者と話していました。彼らはトンガ出身で、天理のマキシや東海のタタフらと一緒にプレーしていたそうです。


夕食はたまたまオークランドにラグビー留学していた女子日本代表の鈴木実沙紀ちゃんと一緒に食べました。2人と同じオークランドアカデミーで練習しているということで、8月ごろまでオークランドにいるそうです。実は彼女は私の大学(関東学院)の後輩ということで、これまた不思議な縁でした。

と、こんな感じでAuckland1日目は終わりました。

続きはまた次回!

 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.8

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/04/25(水) 16:06

1泊2日の旅行から帰って来た次の日から、早速アカデミートレーニングは再開。


朝の6時半からウエイトセッションが始まりました。


その後はRTCIP名物のMt.Victoriaランニングへ。




頂上まで走り、たそがれるTommyと南。


3人で記念撮影。後方にはWellington市内が広がります。




夕方にはTommyが練習するWellington Clubへ。だいぶ日が沈むのも早くなって来ました。


練習中にチームメイトと話すTommy


練習は9時近くまで続きました。


最近は更新スピードが遅くなっていますが、懲りずに見てくださいね。

ではこの辺で。


 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.7(オフ編)後編

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/04/19(木) 09:14

後編です。

ボクシング終了後、OBの南、ドコモレッドハリケーンズの久内と合流して目的地である、北島最大の湖、タウポへ。


タウポへは車で6時間弱かかるので、まずは途中でランチです。NZには日本のサービスエリアのような施設はありませんが、ほとんどどこの小さな店でも美味しい淹れたてのコーヒーが飲めます。


途中で食料の買い出しです。夕飯はもちろんバーベキュー!肉を選ぶ南と久内。二人は同い年です。


出発から5時間ほどのタウポの途中にあるOmoriという場所に今晩の宿はありました。
後ろに見えるのがタウポ湖です。綺麗ですね。



着いたらみんな腹ペコだったので夕食の用意です。私はもちろんバーベキュー担当です!


みんなで美味しく肉を堪能しました。Tommyはヒゲの力もあってか、かなりワイルドですね。


夜は火を囲んで色々な話をしました。これぞBoy`s Tripの醍醐味ですね。良い夜でした。


部屋はこんな感じの4人部屋。この部屋ではほぼ寝るだけでしたが、それでも楽しかったですね。


翌朝は湖をバックに食べました。最高です。


その後、ロッジを後にし、目的地のタウポへと向かう事、1時間半。ついに到着しました!
この時点では、天気がイマイチでした。


まずはビールで乾杯。Tommyはこの留学でたくさんビールを飲んだ事でしょう!これも経験です!



その後は天気も良くなって来たので川へ。と思いきや、これなんと天然の温泉です。川とつながっているのですが上流は温かいお湯です。なんとも不思議な光景です。


タウポの記念に4人で写真を撮りました。後ろの湖が本当に綺麗です。何処と無く琵琶湖に似ています。


長い帰り道の途中で。見事に溶け込んでいます。現地の方でしょうか?


そしてWellingtonに帰ってからは、私の友人のKOJIの実家にお呼ばれしてディナーを頂きました。
KOJI のお父さんが日本人なのですが、基本的に会話は全て英語です。Tommyも必死に話していました。こうやって英語は覚えていくのです。


素晴らしい手料理を頂きました。このような普段日本では味わえない経験ができるのが留学の魅力です。




というわけで、毎朝5時過ぎに起きて、6時半から練習していたTommyには良い息抜きになった2日間だったのではないでしょうか?Tommyはこの次の日からまた早起きの生活に戻っていきました。
今回の小旅行でNZの大自然を存分にとまではいかないですが、少しは堪能できたのではないかと思います。せっかくNZに来ているのだから、こういった経験もしないといけません。

海外で生活してると、ラグビー以外でも文化の違い、景色の違い、言葉の違い、など色々な違うことがあります。そういった事を何事も積極的に自ら経験して、感じてもらいたいです。そういった意味ではTommyは割と積極的に何事も取り組んでいるなとこの2日間一緒に過ごしてわかりました。


では今回はこの辺で。




 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.7(オフ編)前編

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/04/18(水) 08:49

4月最初の週末は、こちらではEaster(キリストの復活祭)で珍しく連休だったのと、日本にいる立命館大学ラグビー部の仲間も連休だった事もあり、1泊2日で小旅行に行くことにしました。

しかしその前に・・・・


朝7時にブログではおなじみの、私が以前働いていたレストラン「Bristol」に来ました。


これは何でしょう?私の友達の名前のKOJIと7AMと書かれています。そうです。
これはテーブルの予約です。朝7時に???


そうなんです。実はこの日はボクシングの世界戦が行われたんです。PARKERはサモア人ですがNZに住んでおり、 SBWらと親交が深いことでも知られています。場所がラグビーでも有名な、ウエールズのミレニアムスタジアムで開催されたので、時差の関係でNZでは朝に放送になったわけです。


NZだけではなく、世界中の人が待ち望んだ一戦です!


ラグビーの時と同じようにビッグスクリーンで放送されます。この時点で7時半ぐらい。
前座の試合が行われています。これが長い!


このように、こちらでは珍しく入場料(ひとり朝食付き20ドル)がかかります。


朝でもドアマンがいます。Bristolの名物ドアマン、Bill Cavubatiです。元FIJI代表、元ハリケーンズ。
公式では189センチ165キロとなっています。とにかくでかい!


2014 RTCIPメンバーとの写真ですが、どれぐらいデカいかわかると思います。


あっという間に人もいっぱいに。Tommyも到着しました。


キッチンでは私の友人であり、元同僚のルアスが忙しそうにしていました。
私もここでこのように働いてたので懐かしいです。


ようやくメインイベントです。この時点で10時過ぎ。長い!どんだけメインイベントまであるねん!って思いましたが、ボクシング興行はこれが普通のようです。


いつの間にか満員です。2階もあるのですが、この日は390人入ったそうです。すごいですよね。



Tommyもこちらの定番のBreakefastを食べて観戦していました。


このようにNZの人達は本当にスポーツ観戦が好きです。今回はボクシングでしたが、ラグビーはもちろん、テニス、アメフトなど様々なスポーツでもこのように観戦する文化がこの国にはあります。
この朝はコーヒーはもちろんですが、朝からビール飲んでる人達もたくさんいました(笑)
日本にいると、なかなか朝からレストランで朝食を食べながらスポーツ観戦、とはならないですよね?本当に羨ましい、良い文化だと私は思います。

そんな異文化を体験できるのも留学の醍醐味です。

では前編はこの辺で。





 

RTCIP Wellington 現地Report Vol.6

 written by 赤井 大介 [RTCIP] 投稿日時:2018/04/16(月) 10:54

ご無沙汰しております。最近更新が遅れてすいません。
9日に帰国しまして、それ以降バタバタとしていました。
これから徐々に残りの記録を更新していきます。


この日は朝からジャグジーでリカバリーをしに原口と行きました。
ここは私がよく利用した場所で、毎年RTCIPの選手を連れて来るとすごい喜びます。やはり日本人は湯船に浸からないと疲れが取れません!


その後は、原口と同じくWellingtonでラグビーをしているOB南の応援へ。
スローイングしているのが南です。


さて、ちょっとここで脱線して、なぜOBの南がWellingotnにいるのかご説明します。

南は2015年度卒OBのはずで、単位は十分でしたがどうしても上のレベルでラグビーがしたいという事で、1年間残って5回生として立命館大学ラグビー部でプレー。その間にフランカーではサイズが足らないので、現実的に上を目指せるHOに転向。最終的に転向して1年ほどで現ヤマハの江口を抑えてレギュラーになりました。

その後、トップリーグチームへ入る事は出来なかったものの、トップ九州リーグに所属するJR九州へ入社。

昨年1シーズンプレーするも、トップリーグでプレーする想いを捨てきれず退社して単身NZへ渡り、現在はクラブチームでプレーしています。

「なんでせっかく大学卒業してJRに入ったのに?」と思われる保護者の方々がほとんどだとは思います。ですが、やっぱり「自分でしたいことをする」と決断した南はNZでプレーして、こちらで結果を出し、トップリーグにチャレンジするという道を選びました。

私、個人的にはこの決断はとても感動しましたし、人生一回しかないので、この勇気ある決断を全力で応援してやりたいと思っています。


Wellingotnに着いたばかりの頃の南。この日の気持ちを忘れずにいてほしいです。


一昨年、チームは違いますがJR西日本でプレーしていた2014年度卒OB中村も同じように会社を辞め、NZヘ挑戦。
現在は見事に夢叶い、NTTドコモレッドハリケーンズでプレーしています。この写真は、そのNZでの活躍が認められ、現地のサイトで報道された様子です。


話は戻って、試合はウェリントン名物のものすごい強風でした。ラインアウトも苦労していました。


スクラムでは、前半はなぜかフランカーの位置に。この適当さが海外ならではです(笑)


この日は3回ほどビッグゲインをした南。MOMに選ばれたそうですが、まだまだ課題は多いです。


いい顔しています。まだまだNZのシーズンは続きます。頑張れ南!!!


先週末の試合では見事17番でプレミアデビューを果たした南。プレミアはトップリーグ以上のレベルがあるので、ぜひとも定着して頑張ってもらいたいですね!



その後、私と原口は毎年恒例となった私の友人KOJIが経営するTamashii Fitへ。




KOJIの息子のTomiがとてもキュートですね!いいトレーニングができました!


長くなりましたが、今回はこの辺で!







 
«前へ