チームロゴ

RITSUMEIKAN UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB

立命館大学
体育会ラグビー部

10/10 京都産業大学Jr、Colts戦

2021/10/10

こんにちは!

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は京都産業大学Jr、Colts戦です!

昨日行われた関西大学ラグビーAリーグ第2節では京都産業大学に敗北しましたが、本日のJr、Colts戦ではAメンバーの悔しさを晴らすべく、試合に臨みます!

 

試合は12:00、京産大ボールでJr戦キックオフです!

4回生:中村壮

 

先制点を獲得したのは、京産大です。ゴール直前ラックより、そのまま持ち出しトライを取られます。

その後約10分後に追加トライを許し、点差を離されてしまいます。

立命館Jr 0-14 京産Jr

 

しかし、立命館も食らいつきます。

前半19分、ハーフライン付近より10山下真がハイパントを上げると、一度は地面にボールが落ちますが13北川がボールを拾い、そのままトライ!ゴールは不成功。

立命館Jr 5-14 京産Jr

3回生:北川大夢

もう1トライ返して同点に追い付きたい立命館でしたが、チャンスを活かせず、逆に相手に1トライ許し、

立命館Jr 5-21 京産Jr

で前半を終えます。

 

十分に逆転可能な点差で後半キックオフ。

 3回生:堀田雄志郎

後半の試合を動かしたのは立命館です。後半2分、相手のペナルティからラインアウトでモールを形成すると、勢いは止まらず2安部がトライ!ゴールは不成功。

立命館Jr 10-21 京産Jr

2回生:安部薫平

その後も立命館が流れに乗り、後半12分には再びラインアウトモールを形成すると、BKも一体となり12宮嵜がトライ!

ゴールも成功させ、点差を4点差まで縮めます。

立命館Jr 17-21 京産Jr

 

勢いそのまま逆転したい立命館でしたが、京産大も強気のアタックで攻め続け、連続で3トライを奪われます。

立命館Jr 17-42 京産Jr

3回生:宮嵜隼人

大きく点差が開きますが、三度ラインアウトよりモールを形成すると、16新井がトライ!

12宮嵜もゴールを決め、ここで試合終了です。

立命館Jr 24-42 京産Jr

 

続くcolts戦は13:15立命館ボールでキックオフです!

2回生:服部峻

試合開始すぐに相手のペナルティを誘いだし、ジリジリと敵陣に責め込みます。

前半7分、ゴール前左ラインアウトよりモールで押し込み、2新井トライ!

立命館Col 5-0 京産Col

 

その後拮抗した時間がしばらく続きますが、前半23分、25分と連続でトライを奪われ、

立命館Col 5-14 京産Col

となります。

3回生:西田昂生

ここで流れに乗りたい立命館。敵陣でのプレーも長く、ラインアウトモールから幾度となくトライを狙いに行きますが、

なかなかトライに結びつきません。

それでも前半38分、右ラインアウトよりモールを形成し、2新井が本日3本目のトライ!

4回生:高澤将司

 

10西田のゴールも成功し、

立命館Col 12-14 京産Colとなります。

 

ここで前半終了し、後半に続きます。

後半は2分、6分に連続トライを奪われリズム良くゲームを作る事が出来ません。

立命館はグラウンドを広く使ったアタックで攻め込みますが、要所要所でミスが目立つものの、

相手の攻撃に対しては、粘り強いDFで対抗し、両チーム譲らない展開となります。

1回生:高橋謙

 

締まったゲーム展開となりましたが、後半ロスタイムに相手に隙を突かれトライを奪われます。

そしてこのまま、立命館Col 12-35 京産Colでノーサイド。

 

2日間で全カテゴリー戦い、結果は悔しい3連敗となりました。

しかし、下を向いていても時間は待ってはくれません。来週にはAリーグ同志社戦が待ち控えています。今週の試合で得た課題や修正すべき点を調整して次戦に向けた準備をしたいと思います。

10月17日(日)のムロオ関西大学ラグビーAリーグ 同志社大学戦は有観客試合になっております。

春季リーグの王者に堂々と立ち向かい、「BATTLE」し続ける選手を、是非会場にて応援していただければ幸いです!

 

引き続き、立命館大学体育会ラグビー部の応援をよろしくお願い致します。

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました。